« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月25日 (火)

LIVE ALIVE

S.R.V.(DVD付) Music S.R.V.(DVD付)

アーティスト:スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル
販売元:ソニー・ミュージックダイレクト
発売日:2007/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 好きなギタリストが何人かいるのですが、今日はS.R.Vです。やはりギタリストの本領はライヴでのプレイに尽きると思うのですが、ソリッドでパワフルなストラトの音が好きな私としては、レイ・ヴォーンとジミ・ヘンのプレイ、サウンドには興奮します。ヘビメタ系のギタリストにありがちな、妙に金属的なソリッドな音作りには感じるものがありませんが、血の通った野太い音とでも表現すればいいのでしょうか、アナログ感がいいのです。しかし、どうしてこう天才達というのは早く死ぬのでしょうか・・・? 二人とも天国に行ってしまってますが、そう言えばロイ・ブキャナンも逝っちゃったし・・・。ジェフ・ベックとクラプトンには長生きしてもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ムチョ・ムチョ・ラティーノ

NHK 趣味悠々 初めての社交ダンス ラテン編 DVD NHK 趣味悠々 初めての社交ダンス ラテン編

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2005/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 久々に社交ダンスのレッスンを始めて、筋肉痛やら何やらで老いを感じるこの頃です。昨日はアマチュアのミクスドコンペがあったので、サークルの仲間の応援に出かけました。今回は練習不足もあったので出場しませんでしたが、やはり競技会というものは見ていると自分も出て踊りたくなるものですね。プロの先生方がご自分の生徒さんを上手にリードされている姿を見て、その身のこなし、ステップ等、見るだけでも随分と勉強になりました。ラテン種目が好きなので、特に積極的にテクニックを盗もうと、右脳を全開にして脳裏に焼き付けるようにして見ていました。あー、踊りたかったな・・・。その前に体重を落とさないと、身体が重いぞ。やはりお腹が出ていると、それだけでカッコ悪いものですね。改めてダイエットを誓った一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月 9日 (日)

ダンス ダンス ダンス

DVDで覚えるシンプル社交ダンス Book DVDで覚えるシンプル社交ダンス

著者:桧山 浩治
販売元:新星出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

社交ダンスを再び始めてみました。7年前に始めたのですが、仕事が忙しかったりして中々レッスンに行けず、ここ3年は全くと言っていいほど練習していませんでした。運動不足解消やストレス発散にはちょうどいいのですが、見た目よりかなり運動量があるので、運動不足により体力の落ちた中年オジサンには、かなりキツイです。映画「シャル・ウィ・ダンス」やウリ・ナリのお蔭で、社交ダンスもスポーツの一面を持った競技であることが一般にも認識されてきたかとは思いますが、シロウトレベルでは、やはりまず楽しむ、ということが大事ではないかな、と思います。

 日本人が普通にダンスと発音すると、英米人には dunce と聴こえてしまうみたいです。この単語は「のろま、バカ」という意味なので、踊る方のダンスを意味したいなら dance なので、aの発音はアとエの中間の発音を意識してデェンスに近い感じの発音でいけばOKみたいです。

 社交ダンスにはラテンとスタンダードに大別できますが、個人的にはラテンダンスが好きなので、どちらかというとそちらに偏っています。現ラテンチャンピオンのブライアン・ワトソン&カルメン組のデモンストレーションを見たことがあるのですが、競技会とは違う、どちらかというとショウ的要素の強いパフォーマンスでしたが、その圧倒的スピード、正確さ、パワフルさ、そして魅せる表現力にただただ感動しました。やはり何でも世界最高レベルは違うな、と改めて認識しました。本当に凄かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

英国の薔薇に捧ぐ

そして薔薇は散った―ダイアナ妃事故3年目の真実 Book そして薔薇は散った―ダイアナ妃事故3年目の真実

著者:トレバー リース・ジョーンズ
販売元:ショパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日はテレビでダイアナ妃の死の真相を検証する、という番組をやっていました。もう10年も経つのかぁ・・・とその月日の流れの速さと、いまだにMI6によるダイアナ妃暗殺説があることに驚きを感じました。暗殺説を否定はしませんが、というよりおそらくそうであろうとさえ思いますが、例え明白な証拠が100揃っても、必ず暗殺説は忙殺されるでしょう。それが世界の政治力というか、政治力など超えた闇の裏世界パワーを感じます。今日紹介しているトレバーリース・ジョーンズ氏の著書は番組内でも紹介されていた本ですが、氏自身は一切事故の真相は記憶にない、ということで通しているとのことです。事故の唯一の生存者であり、何かしらの重要な真実を知っているかもしれない氏は、沈黙を守ることで自身の命の保障を得ているのではないかな、という気がします。

 ダイアナ妃生前最後のBBCによる独占インタビューが番組内でも一部使われましたが、私は十数年前そのインタビューがNHKで全編放送された際に録画しました。彼女の英語はとても分かりやすく、いわゆるオクスフォード・アクセントと言われる英国上流階級やインテリ階層の独特な話し方です。でも慎重に言葉を選びながら、破綻した結婚生活等を英国民に誠実に伝えようとしているかのようです。頭のいい彼女のこと、そのインタビューが女王をはじめ王室関係者も見ることも承知の上で、赤裸々に答えることで国民の心を掴んだのではないでしょうか。国民の心の王妃になりたい、と最後に語った彼女は美しく気高かった。プリンセス・オブ・ウェールズの称号よりも遥かに高貴な称号だったのでしょう。

 20年程前ロンドンに暮らしていたことがあるのですが、その頃イギリス人にダイアナ妃が好きです、と言うとそれを聞いた彼らは必ずまずこう答えました。「Thank you,・・・」。遠いアジアの島国から来た東洋人に、我らのプリンセスが褒められたことに対する感謝の言葉でした。いかにダイアナ妃が英国民にとって親しみのある近しい存在だったかを物語っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

HYPERだぞカオルコ

桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク (角川文庫 ひ 8-14) Book 桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク (角川文庫 ひ 8-14)

著者:姫野 カオルコ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 姫野カオルコの「桃」を本日読了しました。これで文庫化された彼女の作品は全作品読了したことになりますが、「ツ・イ・ラ・ク」の後日談的内容の本書は、DVDで言えば同一シーンを別アングルのカメラで捉えた映像特典付き、みたいなもので、やはりセットで読むべき作品ですね。作品ごとに文体や語り口を変える彼女ですが、この2作品は彼女の文体の中ではごく普通の、ある意味恋愛小説を書くにはうってつけの文体で書かれています。この恋愛小説がヒメノ式、あるいはハイパー小説等と形容される彼女らしさは、この物語が小学生の頃から始まっているところでしょう。彼女の言葉を借りれば、この世に少女というものは存在しない。女は小学生の頃でさえ女である、と・・・。大人の恋愛小説は掃いて捨てるほどありますが、この物語の数多くの登場人物がすべてリアルに生きいきと描かれているところに、彼女の小説家としての力量と物語への彼女自身の感情移入の強さが感じられます。そういった意味で本当にHYPERな小説です。それにしても「ツ・イ・ラ・ク」は直木賞候補作だったのに、どうして受賞しなかったのですかね? 彼女には自由奔放に創作活動を続けて欲しいので、直木賞作家として括られない方がいいかもしれない。HYPERだぞカオルコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

easy money

太陽と戦慄(紙ジャケット仕様) Music 太陽と戦慄(紙ジャケット仕様)

アーティスト:キング・クリムゾン
販売元:WHDエンタテインメント
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 最近トヨタのistのCMで流れているEASY MONEYを聴いて「おー!」と思った40代のプログレファンの皆様仲良くなれそうです。高校生の頃はキング・クリムゾン、ELP、ピンク・フロイドとプログレを聴きまくったものです。昨日のタロットの記事でちょっと紹介したH・R・ギーガーがジャケットをデザインしたELPの「恐怖の頭脳改革」・・・(しかし何でこんな邦題が付くんですかね?)、ピンク・フロイドの「狂気」、「炎」・・・(またまた何でこんな邦題?)、そしてキング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」etc・・・。凄いぞ70年代!と言える程、完成度の高いアルバムを出すバンドが結構いた。レッチリは好きだか、どうも最近のヒップ・ホップやラップミュージックにはついていけず、若いモンの感性を理解できないオヤジであることに甘んじていたが、CMでEASY MONEYを聴いて思った。「やっぱ、いいじゃん、プログレ!」35年も前とは思えないこのサウンドの斬新さ・・・。長い長い間忘れていたあの頃の興奮が甦り、車的には嫌いだったistさえ何かカッコいいと思った程だ。

 さてそのEASY MONEY(太陽と戦慄に収録)は一般に「あぶく銭」「悪銭」と訳されますが、悪銭身につかずはEasy come, easy go. ですね。ピーター・フォンダで有名な、当時アメリカン・ニューシネマと呼ばれた「イージー・ライダー」はヒモ(女に働かせて遊んで暮らす男)という意味だし、easy mark と言えばカモ・・・カモがネギしょってのカモの意味です。「易しい、簡単」という意味だけ知っていても、ネイティヴと会話が出来ないのはここら辺りに原因がありそうなんですけど、文部科学省の英語教育担当のエライさんは何にも分かってないのでしょうね。何度でも言います。英語は学問ではありません。日々変化している生きた言語です。教科書なんか捨てて、英語の時間は洋画か洋楽を楽しむ時間にすれば、楽しく学んで皆英語が好きになるのにな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

ダ・ヴィンチのタロット

ダ・ヴィンチ・タロット Book ダ・ヴィンチ・タロット

著者:ケイトリン・マシューズ
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨年末以来、ダ・ヴィンチ・コードの話題性と共に各書店にダ・ヴィンチ関連本が溢れましたが、これは暗号解読本の中でも異彩を放っていました。趣味でタロット占いもかれこれ20年以上やっている私にとってこのタロットセットは、相性の関係で占い用としては不向きだな、と判断しましたが、レオナルド(欧米ではダ・ヴィンチのことをこう呼びます)の万能の天才の更なる一面を知る上での貴重な資料にもなる、という意味ではお買い得なカードセットです。
 タロットカードというのは占う人の感性とカードから発するオーラのイメージの波長が合わないと何も読み取れないので、未来であれ過去であれリーディングするのは無理です。幸いタロットカードは多種多様のものがありますので、それぞれ占い師の好みに合ったものを見つける事は難しくありません。私も何種類かフィーリングが変わるたび買い換えました。でもこのレオナルドのタロットのように実際は使わないが、絵柄が好きなのでコレクションしたいと思うものもあります。例えばH・Rギーガーのタロットカードなどはカード自体が大判ということもありますが、その絵柄が余りに個性的で美しくエロティツクなので、やはり鑑賞用ですね。  以前ネット上でダリがデザインしたタロットカードセットが売りに出てたのですが、私には高価だったので諦めました。また探してみたいと思いますが、ダリのことなのでおそらくギーガー以上に個性的だと思います。しかし、ダ・ヴィンチ・コードの映画自体は前評判ほどじゃなかったですね。先に小説で読んでいたせいも多分にあるとは思いますが、やはり活字は読者に想像力を喚起させるという点で、イメージを固定してしまう映像を凌駕してしまうのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

秋の夜長はブラックモア

ヴィレッジ・ランターン Music ヴィレッジ・ランターン

アーティスト:ブラックモアズ・ナイト
販売元:アール・アンド・シー
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 秋の夜長というには残暑がまだまだ厳しく早すぎますが、中高生の頃にはパワフルでスピード感溢れるパープルやレインボーの曲をガンガンと聴きまくっていた少年も、リッチー共々年老いたのか、このようなアコースティックなメロウな世界に安らぎを感じるようになりました。しかしサウンドこそ違えど、やはり、リッチー・ブラックモアの世界に変わりはありません。昔からこの人の潜在意識には少女趣味的ロマンチシズムを感じていました。様式美と言われるジャンルをハードロックにおいて確立したのも、ブラックモアの功績でしょうし、ルネサンス音楽や吟遊詩人といったフィルターを通して、彼のロマンチシズムはキャンディス・ナイトとユニットを組むことで具現化したのではないかな、と思います。彼らは97年のデビュー以来、パープルやレインボーの曲もカバーしていますが、何の違和感もなく新たな作品として聴けるのはリッチー・ブラックモアの感性が高次元で不変だからではないでしょうか。パープルもレインボーも全アルバムを持っているわけではないのですが、ブラックモアズ・ナイトだけはデビュー以来すべてのアルバムを買っていますし、海賊版のライブアルバムや中野サンプラザでの最初のライブビデオ(海賊版)まで買ってしまうという熱の入れようは、自分でもビックリです。10月にはパリでのライブDVDが発売されるということで、楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

英語は語源だ!

自分の好きなアーティストのCDを聴きながら生きた英語の勉強をする、という一石二鳥的勉強法の有効性は自らの体験上お勧めできます。英語は学問ではなく、所詮は言語なので、小難しく考えるものではないと思います。頭脳の優劣など何の関係もなく、誰にでも外国語は話せるようになるはずです。ただ学び始めるのが早ければ早いほど良い、というのも事実だし、何よりも好きこそモノの上手なれ、という事が継続して学んでいくという意欲にも繋がると思いますので、やはり勉強方法というのは大事ですね。高校時代の受験勉強のような英語学習では、一生やっても話せるようにはならないでしょう。まずもって内容がつまらないし、話せるようになる、というのが主たる目的ではない教育のありかたでは、やはりダメでしょう。

好きな洋楽を聴いて勉強する場合、まずもって歌詞カードを見ずに、必死で歌詞を聞き取る訓練をしました。必死といってもゲーム感覚でしたから楽しみながらできましたけど、どうしても判らないフレーズだけ歌詞カードを見ました。判らなかった分、印象深いので忘れないという利点もあります。昨日の記事で紹介した「ヘルプ」を買った頃のレコードには、今みたいに日本語の訳詞など付いていなかったので、逆に英語を無理して日本語に訳そうとも思わず、英語を英語のまま覚えるという、英語学習の本来の有様で勉強できたのも良かったように思います。歌詞の意味など後から何となく分かってくるものです。それよりも好きな歌のフレーズをそっくりな発音でマネをする、そしてそれが出来るようになると、すごく嬉しい、というだけで毎日聴いていました。あと、洋楽同様、洋書も自分の好きなアーティストの自叙伝等を飛ばし読みで良いので、分からない単語は無視して一度は最後まで力ずくで読破するというやり方をやっていました。2度目に読み返す時に、未知の単語だけ単語帳に書き留めるという事をやり、その時には辞書は引かず日本語の意味を確認しないという読み方で読了する。そして時間のある時にその未知の単語を辞書で調べるという方法で読んでいました。辞書を引きながら洋書を読むというのはかなり面倒で、根気のいる作業なので出来る人には力は付きますが、私を含め多くの人は途中で挫折するのではないでしょうか・・・。英単語をたくさん知っていれば、苦労はしないのでしょうが、受験勉強のようなやり方でただヤミクモに単語を丸暗記するのには限界があると思います。そこで英単語力を飛躍的に伸ばす方法は英単語の語源を勉強する事です。そうすると未知の単語も不思議と意味が類推できるようになります。英語はラテン語、ギリシャ語をルーツに持つものが多く、後はゲール語やその他の外国語からのいわゆる外来語ですね。英単語もむやみにアルファベットが並んでいるわけではないので、この語源勉強法が一番実用的で楽なような気がします。良かったら一度語源でも調べてみてはいかがですか・・・。

改訂版 英単語スーパー“語源”記憶術 (宝島社文庫) Book 改訂版 英単語スーパー“語源”記憶術 (宝島社文庫)

著者:小池 直己
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

long

昨日の記事でイーグルスの話を書いたら、たまたまその日の夜のニュースで彼らの話題がトピックスで紹介されていました。ライヴでは何年か前に再結成を果たしている彼らも、スタジオテイクのオリジナルアルバムをリリースするのは28年ぶりだということです。ちなみにニュースでは 「HOW LONG」 という新曲のクリップが流れていました。「どれくらいぶりなんだろうね?」という、おそらく久しぶりにスタジオに全員そろったメンバーが口にした言葉からインスパイアされた曲かな? などと思いましたが、歌詞の詳細が分からないので何とも言えません。

long という単語が出てきたので今日はこの long をネタに少し書きたいと思います。    「久しぶり」というのは、long time no see というような言い方を会話ではしますが、文法的にも変だし、日本人が言いそうな日本語英語のような表現ですよね。でもこれが本当の生きている英語ですね。簡潔でカッコいい。もちろんタメ口が許される関係で使われるのでしょうが、 I haven't seen you for a long time. とか言うよりはカジュアルで好きです。long といえば「長い」という意味で条件反射的に思いがちですが、意外と忘れられているのが動詞として使う場合の「~強く願う、~思いこがれる、~熱望する」といった意味です。30数年前、中学生の時に初めて買ったレコードがビートルズの「ヘルプ」というアルバムでした。当時クラスでビートルズを好きな娘が何人かいて、彼女らの影響で聴き始めてハマりました。この頃から英語は洋楽で勉強するというスタイルが始まりました。後に洋楽に洋画も加わりましたが、勉強方法としてはベストだと思います。なぜ「ヘルプ」を選んだかというと、収録曲に「イエスタデイ」が入っていたからです。今更説明の必要はないくらいの名曲ですね。やっと long の話に戻れそうですが、「イエスタデイ」の歌詞の一部に Now I long for yesterday というところがあって当時初めて long に「~恋しい」という意味があることを知りました。
ビートルズは今でもたまに聴きますが、なんか懐かしいので何十年かぶりで「ヘルプ」をアルバムとして通しで聴きたいと思います。尚、今後もビートルズの曲からの引用は何度も出てくると思います。英語は彼らから学んだようなものなので・・・。

     では SO LONG! (じゃあ、また)

HELP! - 4人はアイドル Music HELP! - 4人はアイドル

アーティスト:ザ・ビートルズ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:1998/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »