« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

Tell me what you see

再び電子ピアノを使用しています。地味ですがパーカッションの類も使用して、曲にアクセントをつけようと苦心しています。ポールらしさがメロディラインに現われていますね。

note僕に君のハートをくれたら、二人は決して離れることはないって証明してみせるよ。僕が君の一部になればね・・・。さぁ目を開けて、何が見えるか教えてくれる? もう驚くことはないよ。見えるのは僕さ。

雲がどれだけ厚く暗くても、時は流れて去っていく。僕を信じてくれるなら、君の毎日を明るく照らすよ。さぁこの目をよく見て。何が見えるか教えてくれる? まだわからないかな。見えるのは僕さ。何が見えるか教えてくれる?

もう一度僕の話を聞いてくれる? どうしたら分かってもらえるのかな? 君の心を捉えようとしている僕のこと分かってくれないかな? さぁ目を開けて、何が見えるか教えてくれる? もう驚くことはないよ。見えるのは僕さ。何が見えるか教えてくれる?note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

You like me too much

アルバム「HELP!」でのジョージのオリジナル2曲目、通算3曲目です。ジョージの才能も開花し始めたという感じでしょうか。ジョージ・マーチンとポールが奏でるピアノもいい感じのサポートをしています。

note君は今朝いなくなっちゃったけど、夜にはまた戻ってくるだろう。君の事ちゃんと扱わないのなら、もう次はないと僕に言いながら、君は決して僕を置いて去ってはいかないよ、そうだろう?だって君はどうしようもなく僕が好きだから。僕も君が好きだよ。

前にも去って行こうとしたことがあったけど、出て行って僕を一人ぼっちにするほどの図太さがなかったよね。そうされてもしょうがない僕だけどさ。君は決して僕を置いて去ってはいかないよ、そうだろう?だって君はどうしようもなく僕が好きだから。僕も君が好きだよ。

本当だよ。僕を信じてくれたらいいな。もし去って行くなら、後を追いかけて、君を元の場所に連れ帰るよ。だってそんなの耐えられないし、僕が悪かったって認めるよ。

君を離したりしないよ。だって本気なんだ。だって君はどうしようもなく僕が好きだから。僕も君が好きだよ。だって君はどうしようもなく僕が好きだから。僕も君が好きだよ。

本当だよ。僕を信じてくれたらいいな。もし去って行くなら、後を追いかけて、君を元の場所に連れ帰るよ。だってそんなの耐えられないし、僕が悪かったって認めるよ。

君を離したりしないよ。だって本気なんだ。だって君はどうしようもなく僕が好きだから。僕も君が好きだよ。だって君はどうしようもなく僕が好きだから。僕も君が好きだよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

It's only love

僕はこの曲、結構好きなんですが、ジョンは「とにかく歌詞がひどい・・・ずっと嫌いだった」とこの曲に関してボロクソのコメントを残しています。ジョンの本心とは関係なしに、素直ないい歌詞だと思うんですが・・・。

note君が通り過ぎるのを見ると、気持ちが高鳴る。君がため息をつくと、胃の辺りがしくしくするよ。君のそばにいると、どうしてこんなにシャイになるのかな?

それはただの愛、それだけのことさ。でもどうしてこんな気持ちになるんだろう?それはただの愛、それだけのことさ。でも君を愛するのは、とても辛い・・・。

毎晩君と僕がケンカをするなんて、おかしくないかい?君の姿を一目見るだけで、夜だって明るくなる。とっても明るくなる。僕には仲直りする権利もないのかい?

それはただの愛、それだけのことさ。でもどうしてこんな気持ちになるんだろう?それはただの愛、それだけのことさ。でも君を愛するのは、とても辛い・・・。

そうさ、君を愛するのは、とても辛い・・・note

Anthology Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

Act naturally

リンゴが歌うカントリーソングのカバー曲です。

note僕を映画に出してくれるらしい。そして大スターにしてくれるらしい。淋しくて孤独な男の映画を作るんだ。僕はただ自然に演じるだけでいいんだ。

まぁ、僕が大スターになるのは間違いないね。オスカーだって受賞できるかも。この映画で僕は大スターさ。だってこれは僕のはまり役だから。

君も映画を見に来て欲しいな。そうすりゃ君にもはっきり分かるはず。大ヒットを飛ばした大馬鹿野郎。僕はただ自然に演じるだけでいいんだ。

寂しくて孤独な男のシーンを撮影するんだ。ひざまずいてお願いしたりするシーン。その部分ならリハーサルはいらないよ。僕はただ自然に演じるだけでいいんだ。

まぁ、僕が大スターになるのは間違いないね。オスカーだって受賞できるかも。この映画で僕は大スターさ。だってこれは僕のはまり役だから。

君も映画を見に来て欲しいな。そうすりゃ君にもはっきり分かるはず。大ヒットを飛ばした大馬鹿野郎。僕はただ自然に演じるだけでいいんだnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

Ticket to ride

さて今日は"涙の乗車券"です。「ヘヴィメタル・レコードとしては最も早いもののひとつ」というのは、ジョンのこの曲に関する80年のインタビューでのコメントですが、ポールの弾くギターに音色は別として、それっぽい雰囲気のバッキング・ワークが感じられます。ホワイト・アルバムの頃の最も脂の乗りきった頃のビートルズに、もう一度ライブで演奏してもらいたいような曲ですよね。ディストーションの効いたギターでヘビィに演奏してくれたら、きっとカッコいい演奏になったんじゃないかなって思ったりします。

note寂しくなるんじゃないかな? 確か今日だったはずさ・・・僕を夢中にさせているあの娘が遠くに行ってしまうのは・・・。あの娘は乗車券を持っている。彼女は乗車券を手に入れた。あの娘は乗車券を買ったんだ。でも全く気にもしていない。

僕と暮らしていると、段々気分が落ち込むんだとあの娘は言ったんだ。僕がそばにいると自由にできないからだってさ。あの娘は乗車券を持っている。彼女は乗車券を手に入れた。あの娘は乗車券を買ったんだ。でも全く気にもしていない。

なんであの娘はあんなにお高くとまるんだろうね。もっとよく考えて、僕の事もちゃんと接してくれてもいいのにさ。サヨナラを言い出す前にさ、もっとよく考えて、僕の事もちゃんと接してくれてもいいのにさ。

寂しくなるんじゃないかな? 確か今日だったはずさ・・・僕を夢中にさせているあの娘が遠くに行ってしまうのは・・・。あの娘は乗車券を持っている。彼女は乗車券を手に入れた。あの娘は乗車券を買ったんだ。でも全く気にもしていない。

なんであの娘はあんなにお高くとまるんだろうね。もっとよく考えて、僕の事もちゃんと接してくれてもいいのにさ。サヨナラを言い出す前にさ、もっとよく考えて、僕の事もちゃんと接してくれてもいいのにさ。

僕と暮らしていると、段々気分が落ち込むんだとあの娘は言ったんだ。僕がそばにいると自由にできないからだってさ。あの娘は乗車券を持っている。彼女は乗車券を手に入れた。あの娘は乗車券を買ったんだ。でも全く気にもしていない。

あの娘は全く気にもしていない。彼女はへっちゃら。あの娘は全然平気そう・・・note

The Beatles NME-Live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

You're gonna lose that girl

"恋のアドバイス"という邦題が付いている通り、初期のビートルズの典型のような、かけ合いコーラスとハーモニーが特徴的な見事なポップソングです。中学生の頃レコードを聴きながらリードボーカルのパートを歌ったり、ポールとジョージのパートでコーラスを入れたりと歌い分けて楽しんでいた記憶があります。思わず歌いたくなる曲です。

note君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。

今夜彼女を連れ出さないと、あの娘は心変わりするよ(あの娘は心変わりするよ)。僕が今夜あの娘を連れ出して、優しく扱ってあげるんだ(優しく扱ってあげるんだ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。

なぁ友よ、君はあの娘をちゃんと扱ってあげないと、彼女は去って行くことになるよ(あの娘は去っていくよ)。だって僕はあの娘をちゃんと扱ってあげるし、そしたら君は淋しいひとりぼっちさ(男は君ひとりじゃないよ)。

君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)

僕は必ずあの娘を君から奪い取るよ(自分の行動には気をつけな!)君のあの娘の扱い方を見てると、そうせざるを得ないんだ。

君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)

僕は必ずあの娘を君から奪い取るよ(自分の行動には気をつけな!)君のあの娘の扱い方を見てると、そうせざるを得ないんだ。

今夜彼女を連れ出さないと、あの娘は心変わりするよ(あの娘は心変わりするよ)。僕が今夜あの娘を連れ出して、優しく扱ってあげるんだ(優しく扱ってあげるんだ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよ(そうさ、君はあの娘にふられるよ)。君はあの娘を失うよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

Another girl

この曲を聴くとポールが女の子をギター代わりに抱きかかえて演奏するシーンを思い出しますね。最初に映画館で観た時も、そのシーンが何だか印象的でした。女の子も可愛かったですね。

note他に彼女ができたんだ・・・別の女の子を見つけたんだ。君は僕に君しかいないって言わせようとしているけど、今日からはもう新しい相手を見つけたんだ。僕だって欲しくもないものに手を出すほどバカじゃないからさ。だって他に彼女ができたんだ。別の女の子を見つけたんだ。

今まで結構いろんな女の子に会ってきたけど、その中の誰よりも彼女は優しいんだ。世界中の誰もできないことが、彼女ならできるんだ。だからもうはっきり言うよ。今回はもうあきらめてくれ。だって他に彼女ができたんだ。別の女の子を見つけたんだ。

別の女の子は最後まで僕を愛し続けてくれるだろう。いい時も悪い時もいつだって彼女は僕の友だち。

君といても楽しくなかった、なんて言いたくはないけど、今日からはもう新しい相手を見つけたんだ。僕だって欲しくもないものに手を出すほどバカじゃないからさ。だって他に彼女ができたんだ。別の女の子を見つけたんだ。別の彼女、別の女の子・・・note

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月24日 (土)

I need you

ジョージのオリジナル曲としては"Don't Bother Me" 以来2曲目となります。アルバム「HELP!」にはもう1曲ジョージの作品が収録されているので、彼が作曲において大きく成長したのは確かです。自身の作品が2曲も取り上げられたので、ジョージとしては大満足のアルバムだったのでしょうが、2作品("Another Girl" , "涙の乗車券")でポールにリードギターの座を奪われています。またその2曲ともに、ポールがいいギタープレイを披露しています。

noteどんなに僕が君を必要としているか、君は分かってないんだね。いつだって君を愛しているし、君をすてたりしないよ。お願いだから帰ってきてくれないか。どうしようもなく寂しいんだ。君が必要なんだ。

僕に話したいことがあるって言ってたよね。うろたえなきゃいけない話だとは思いもしなかったよ。君の瞳を見つめたときでも、僕には分からなかった。君は言ったね。そうさ、君はこう言ったんだ。もう僕の愛は欲しくないって・・・。それを聞い時、傷ついたよ。こんな気持ちのままじゃ、もうやってられないよ。

僕の君への気持ちをどうか思い出して欲しい。本当に君なしでは生きていけないんだ。だから帰ってきて、僕への気持ちを確かめて欲しいんだ。君が必要なんだ。

でも君が僕にこう言ったとき・・・もう僕の愛は欲しくないって・・・。それを聞い時、傷ついたよ。こんな気持ちのままじゃ、もうやってられないよ。

僕の君への気持ちをどうか思い出して欲しい。本当に君なしでは生きていけないんだ。だから帰ってきて、僕への気持ちを確かめて欲しいんだ。君が必要なんだ。

君が必要なんだ。君が必要なんだnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

You've got to hide your love away

"悲しみはぶっとばせ" という邦題が付いているこの曲は、ジョンいわく「これは僕のディラン時代の曲」ということらしいですが、"I'm A Loser" 以来のボブ・ディラン風の曲です。再び心の内に目を向けて書いたと思われます。エンディングにフルートを使用するなど、サウンドに変化を求め始め、単なるヒット曲、ポップソングからの脱却を模索し始めた時期でもあります。

noteここで僕は頭を抱えて立ちすくみ、顔を壁に向けている。彼女が去って行ったら、もう僕はやっていけない。背が2フィートに縮こまったような気分。どこに行っても人の目が気になる。来る日も来る日もね。あいつら僕を笑いものにしてるんだ。こう言っているのが聴こえるよ

「よう、恋心はちゃんとしまっておけよ!なぁ、恋心はさ、ちゃんとしまっておきなよ!」

どうやってもやる気が起きない。勝てっこないし・・・。あいつらに言われるまま、手をこまねいて見ているだけさ。あの女よくも僕にこんな事が言えたな・・・「愛が道を示してくれるわ」なんてさ・・・。さあ、道化師諸君、集まってくれたまえ!さあ、いつもの言葉を聞かせてくれ!

「よう、恋心はちゃんとしまっておけよ!なぁ、恋心はさ、ちゃんとしまっておきなよ!」note

Anthology Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

The night before

アルバム「HELP!」からサウンドが変化し始めます。多くの曲でエレクトリック・ピアノを使用したり、フルートや弦楽四重奏といった試みをし始めました。この曲でもジョンがエレピを弾いています。曲はポールらしいキャッチーなメロディラインを持った佳曲です。

note互いに"じゃあね"と言ったね(昨日の夜)。そのとき君の瞳には愛があった(昨日の夜)。今日になったら君は心変わりをしていた。昨日の夜に君がしてくれたように優しくしてよ。

君は嘘をついていたの(昨日の夜)? 僕はそんなにバカだったのかな?そばに抱き寄せたときの君は、すごく誠実だった。昨日の夜に君がしてくれたように優しくしてよ。

思い出す君はいつでも昨日の夜の君なんだ。二人でやったことを思うと、泣けてきちゃうよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

Help!

ジョン自身の説明によると、HELP!を作った当時、マリファナにどっぷりだったらしいのですが、ドラッグの助けなしにはどうしようもないくらいの鬱状態だったらしいです。彼自身は"太ったエルビスの時代"だと呼んでいますが、ジョンはビートルズの方向性にすでに疑問を持ち始めて苦悩していたんですね。本当に助けを求めて叫んでいたらしいです。ジョンは70年のインタビューで「僕の作品の中で真実を語っているのは、ヘルプとストロベリー・フィールズだけだ」と語っていますが、ジョンの全キャリアの中でもこの曲が非常に重要な1曲であることは間違いありません。70年にジョンはHELP! をピアノの弾き語りでデモテープを録音しています。その一部が聴けます。ポールもジョンへのトリビュートとしてリバプールでのライブでこの曲も演奏しています。しかし歌詞の内容、ジョンの心模様を別にしても非常に良く出来たヒット曲です。映画の方はイングリッシュ・ジョーク満載のコメディですが、アイドルであることを自虐的に演じていたのかもしれませんね。邦題はご丁寧に"4人はアイドル"とつけられています。

note助けて! 誰かが必要。助けて! 誰でもいいってわけじゃないけど。助けて! 誰かの助けが必要なんだ。助けて!

今よりももっとずっと若かった頃、何をするにせよ人の助けなんて必要なかった。でも最近は違ってきた。自分自身、確信が持てなくなってきた。やっと気持ちが変わっている自分に気づいたんだ。心の扉を開放したんだ。できるなら助けて欲しいんだ。気分が落ち込んでるんだ。そばにいてくれたら恩に着るよ。しっかり地に足を着けられるように助けて欲しいんだ。だからお願いだよ。僕を助けて!

僕の人生はあらゆる面で変わってしまった。独立心も霧の中に消え入りそう。時々すごく不安になるんだ。だから今までにないくらい君が必要なんだ。できるなら助けて欲しいんだ。気分が落ち込んでるんだ。そばにいてくれたら恩に着るよ。しっかり地に足を着けられるように助けて欲しいんだ。だからお願いだよ。僕を助けて!

今よりももっとずっと若かった頃、何をするにせよ人の助けなんて必要なかった。でも最近は違ってきた。自分自身、確信が持てなくなってきた。やっと気持ちが変わっている自分に気づいたんだ。心の扉を開放したんだ。できるなら助けて欲しいんだ。気分が落ち込んでるんだ。そばにいてくれたら恩に着るよ。しっかり地に足を着けられるように助けて欲しいんだ。だからお願いだよ。僕を助けて!note

Piano-demo by John Lennon

Tribute to John by Paul McCartney

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

I'm down

シングル"HELP!"のB面に収録されている曲で、ポールが"Long Tall Sally"に匹敵する曲を作りたいと考えて書いたと言われています。確かにリトル・リチャードを意識したようなシャウトを聴かせてくれますが、自然に体をシェイクしてツイストを踊りたくなるようなノリは"Long Tall Sally"には及びません。しかし、66年辺りのライブではラストナンバーとして定着していたようです。

note僕にバレやしないと思って嘘をつくお前。泣いたりするなよ。心では笑っているくせに。まいったな(本当にへこむよ)。落ち込むよ(地べたにダウン)。まいったな(本当にへこむよ)。よくも笑っていられるな、こんなにも僕が落ち込んでいるっていうのにさ。(よくも笑っていられるな)、こんなにも僕が落ち込んでいるっていうのにさ。

男が指輪を買い与え、女はそれを投げ捨てる。毎日そんなことの繰り返し。まいったな(本当にへこむよ)。落ち込むよ(地べたにダウン)。まいったな(本当にへこむよ)。よくも笑っていられるな、こんなにも僕が落ち込んでいるっていうのにさ。(よくも笑っていられるな)、こんなにも僕が落ち込んでいるっていうのにさ。

僕たち二人きり、他には誰もいない。それでもまだ彼女は「手は出さないでね」とうるさそうに言う。まいったな(本当にへこむよ)。ベイビー、落ち込むよ(地べたにダウン)。まいったな(本当にへこむよ)。よくも笑っていられるな、こんなにも僕が落ち込んでいるっていうのにさ。(よくも笑っていられるな)、こんなにも僕が落ち込んでいるっていうのにさ~note

Aerosmith Cover Version-Live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

Bad boy

イギリスで発売された"Oldies"というベスト盤に収録されていた曲です。Silver Beatles の頃、完璧なTeddy Boys だった彼ら自身のことを歌っているような内容です。

note悪ガキが一人、うちの近所に越してきた。まともな事なんて出来やしない。オシャレばかり気にしてる。学校に行って読み書きの勉強する気はさらさらない。ただ家でブラブラしてる。一晩中ロックンロールをかけている。先生の椅子に画鋲を置いて、女の子の髪にガムをくっつける。おい、坊や、お行儀よくしなよ。

マガジンスタンドでロックンロールの雑誌を買いあさり、手に入れた10セント硬貨は全部ジュークボックス行き。夜まで心配のかけどおしで、女の先生はもうへとへと。ロックンロールとフラフープでグルグル回っている。あいつのロックンロールを止めなきゃ。あいつの頭は岩みたいな石頭。おい、坊や、お行儀よくしなよ。

お前のオフクロに言いつけるぞ。オフクロの言うことは聞くもんだよ。床屋に行ってその髪をきれいに刈ってもらえ。カナリアを撃ち落として近所の猫にやったり、コッカースパニエル犬をオフクロの洗濯機で洗ったり・・・。オフクロさん言ってたよ。もうやめさせないとってね。あいつの頭は岩みたいな石頭。おい、坊や、お行儀よくしなよnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

Yes it is

ジョンが作った美しいメロディを持ったバラードです。アルバム「HELP!」に収録される予定がキャンセルされ、結局シングル"涙の乗車券"のB面に収録されました。アルバム「HELP!」の中の"I Need You"でジョージはボリューム・ペダルを使用していますが、この曲でも使用し、柔らかな雰囲気を出しています。

noteもし今夜、君が赤い服を着るのなら、今夜僕が言ったことを忘れないで。赤は僕の恋人が着ていた色だから。本当さ、事実なんだ。本当のことなんだ。

深紅は彼女が着ていた色なんだ。みんなも知っていることさ。彼女と二人で思い描いた夢は忘れないだろう。分かって欲しい。事実なんだ。本当のことなんだ。

君がそばにいてくれたら幸せだろうね。彼女を忘れることができれば・・・。だけどそれは僕のプライド。そうなんだよ、本当にそうなんだ。

お願いだから今夜は赤い服は着ないで欲しい。これが僕が今夜言ったことさ。赤は僕をブルーな気分にさせる色だから。代わりに君がいても、そうなんだ。本当にそうなんだ。

君がそばにいてくれたら幸せだろうね。彼女を忘れることができれば・・・。だけどそれは僕のプライド。そうなんだよ、本当にそうなんだ。

お願いだから今夜は赤い服は着ないで欲しい。これが僕が今夜言ったことさ。赤は僕をブルーな気分にさせる色だから。代わりに君がいても、そうなんだ。本当にそうなんだ~note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

Everybody's trying to be my baby

再びジョージが好きなカール・パーキンスの曲のカバーです。今度はジョージ自身がリードボーカルをとっています。ソロになってから共演もしていますね。邦題は「みんないい娘」となっていますが、50人もの女の子が恋人になりたがっている、という内容の他愛もない歌です。

note木から蜜を取って、ドレスアップさせる。僕ってそんな存在さ。

みんな僕の恋人になりたがっている。みんなが僕の恋人にさ、なりたがってるのさ。

昨日は4時半に目が覚めた。50人もの女が玄関のドアをノックしていた。

みんな僕の恋人になりたがっている。みんなが僕の恋人にさ、なりたがってるのさ。

昨夜は外出したけど、早目に帰ってきた。帰るまでに19人とデートした。

みんな僕の恋人になりたがっている。みんなが僕の恋人にさ、なりたがってるのさ。

木から蜜を取って、ドレスアップさせる。僕ってそんな存在さ。

みんな僕の恋人になりたがっている。みんなが僕の恋人にさ、なりたがってるのさnote

George Harrison with Carl Perkins-Live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

What you're doing

このアルバム「BEATLES FOR SALE」はめずらしくポール色が薄いアルバムです。前述したとおり、I'll Follow The Sun はポールが10代の頃書いた曲ですし、新曲といえる曲はこの曲だけです。しかもポールの才能からすれば、可もなく不可もなくといった程度の曲です。ジョンの頑張りに気圧されたわけではないのでしょうが、多作なポールにしては寡作なこの時期でした。

noteねぇ君、自分のしていることを見てごらんよ。僕は気分が滅入って寂しいよ。無理なお願いかな?僕にどうしたいのさ?

僕を走り回らせて、そんなの楽しくなんかないよ。尋ねるくらいいいだろ?僕にどうしたいのさ?

ずっときみを待ってるんだよ。どうする気なんだろうって思いながらさ。真実の愛が欲しいんだろ? それは僕だよ。

もう嘘をつくのはやめてくれ。君は僕を泣かせる。尋ねるくらいいいだろ?僕にどうしたいのさ?~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

I don't want to spoil the party

「パーティはそのままに」という邦題が付いていますが、原題の意味はパーティを台無しにしたくない、という意味です。ジョンの作品でカントリーっぽい雰囲気の曲です。内容はお馴染みの物語で、女の子に冷たくされてもなお愛している、という男が再度登場します。

noteパーティを台無しにしたくないから、行くよ。がっかりしているところを見られたくないんだ。ここにいてもしょうがないし、だから消えるのさ。もし彼女が僕がいない間に現われたら、教えてくれないか。一、二杯は飲んでるけど、どうでもいい。彼女がいなけりゃ何をしても楽しくない。何が悪っかったんだろう。もう待ちくたびれた。その辺を散歩して彼女を探してくるよ。

今夜は彼女に悲しい目に合わされたけど、まだ彼女を愛してるんだ。彼女を見つけたら、やっぱり嬉しく思うだろう。まだ彼女を愛してるんだ~note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

Every little thing

ビートルズで隠れた名曲というのも変ですが、そういう表現が可能ならば、この曲は正にそうですね。実に素晴らしい曲です。後にあのYESがデビューアルバムでカバーしている事実を考えても、この曲の持つポテンシャルはやはり高いのでしょうね。ティンパニも初めて使用していますが、心にドーンと響くメロディです。

noteあの娘と並んで歩くと、みんなが僕に言うよ”お前は運がいい”ってね。そうさ、僕は運のいい男だよ。最初の頃、覚えてるよ。あの娘がいなくて寂しかったんだ。今はもうあの娘のことばかり考えている。

あの娘がやるどんなささいなことも、それは僕のため。いいかい、あの娘がやってくれることは、すべて僕のためなんだ。

あの娘と一緒にいると僕は幸せ。あの娘に愛されているって思うだけでさ、幸せだよ。そうさ、あの娘は今、僕を愛しているんだ。ひとつはっきり言えるのは、僕もあの娘を永遠に愛するってこと。だってさ、愛は決して消えはしないから。

あの娘がやるどんなささいなことも、それは僕のため。いいかい、あの娘がやってくれることは、すべて僕のためなんだ~note

Yes Cover Version-Live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

Honey Don't

間奏のギターソロの前にリンゴがジョージを紹介したり、後の方では同様に「ジョージがリンゴのためにノリノリで演ります」などと声をかけています。ライブテイクではありませんが、そんな雰囲気を作っていますね。この曲は元々64年までのステージではジョンの持ち歌でしたが、アルバム「BEATLES FOR SALE」収録の時点でリンゴがリードボーカルになりました。ジョージが特に好きだったカール・パーキンスのオリジナル曲のカバーです。

noteどうしてその気もないのに、ある、なんて言うのさ。やりもしないのに、やるって言ったり。ハニー、お前の気持ちを教えてくれよ。愛が本物かどうかさ・・・。でも・・・ハニー、ダメだよ、ダメだってばさ、いけないよ、ハニー、ダメだってばさ・・・、その気もないのに、ある、なんて言っちゃダメだよ・・・。

ベイビー、お前のことを愛しているから知っておいて欲しいんだけど、お前のファッションが凄く好き、お前のすべてが可愛くてしょうがない。お前は本心を明かさない。でも・・・ハニー、ダメだよ、ダメだってばさ、いけないよ、ハニー、ダメだってばさ・・・、その気もないのに、ある、なんて言っちゃダメだよ・・・。

時には土曜日の夜にお前を愛して、日曜日の朝にはお前の様子が変。夜中に街にくりだして遊びまわったんだな。でも・・・ハニー、ダメだよ、ダメだってばさ、いけないよ、ハニー、ダメだってばさ・・・、その気もないのに、ある、なんて言っちゃダメだよ~note

John Lennon Vocal Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

Words of love

彼らがアマチュア時代から好きだったバディ・ホリーの曲のカバーです。ギターのバッキングが心地よく耳に残りますね。ポールはソロになってからギターの弾き語りでのテイクを映像で残してくれています。

note僕を抱きよせて、どんな気持ちか教えておくれ。愛は本物だと言って・・・。Um,Um・・・。君がそっと優しく心から囁く愛の言葉、ダーリン、愛してる。Um,Um・・・。

僕がずっと聞きたかった言葉を聞かせておくれ。ダーリン、君がそばにいるときに・・・。Um,Um・・・。君がそっと優しく心から囁く愛の言葉、ダーリン、愛してる。Um,Um・・・note

Paul McCartney  Solo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

Eight days a week

A Hard Day's Night でフェードアウトの手法を知った彼らは、イントロでフェードインを使うという試みをしています。イギリスではシングルカットされていませんが、アメリカでは№1ヒットを記録しています。64年10月の時点で、ビートルズ2作目の主演映画の仮タイトルが「Eight Arms To Hold You」に決まっていて、タイトルソングを書こうとして誕生した曲だと言われています。映画HELP!も当初は、Eight Days A Week というタイトルになる予定でしたが変更されました。主演映画2作品ともにタイトルにDaysが入るのを嫌ったのではないでしょうか?彼らの斬新なセンスを考えると、何だかそんな気がします。

note君の愛が必要なんだよ。分かってると思うけど、本当さ。君も僕の愛が欲しいって思ってくれてるんだったらいいな。僕が君を必要なようにさ。僕を抱きしめて、愛して。抱きしめて、愛して。僕には愛しかないけどさ、週に8日分のね。

毎日君を愛するよ。いつも君のことを思ってる。ひとつだけ言えるのは、いつだって君を愛しているっていうこと。僕を抱きしめて、愛して。抱きしめて、愛して。僕には愛しかないけどさ、週に8日分のね。

週に8日、愛してるよ。週に8日じゃ気持ちを伝えるには不十分だよ~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

Medley/KansasCity~Hey,Hey,Hey,Hey

再び50年代のロックンロール・スタンダードのカバーです。リトル・リチャードがカバーしていたものを、さらにカバーしているそうです。確かにポールのボーカルもリトル・リチャードばりのシャウトですね。解散後もソロのライブで取り上げてましたね。カンサス・シティのお客さんは大喜びだったでしょうね。コール&レスポンスというか、お客さんとのかけ合いがこの曲のライブでの魅力ですよね。

noteAh カンサス・シティ、彼女を連れて帰るよ、yeah yeah カンサス・シティに行ってさ、彼女を連れて帰るんだ、yeah yeah あの娘が出て行ってからもうずいぶんになるよ。

Ah カンサス・シティ、元カノをつかまえるよ、yeah yeah カンサス・シティに行ってさ、元カノをつかまえるのさ、yeah yeah 1,2,3,4・・・5,6,7,8,9

Hey,Hey,Hey,Hey・・・Hey,baby Woo,now,girl  I said yeah,now pal.Now now now now  教えてくれよ、ベイビー、いったいどうしたって言うんだい?

Hey,Hey,Hey,Hey・・・Hey,baby Woo,now,girl  I said yeah,now pal.Now now now now  教えてくれよ、ベイビー、いったいどうしたって言うんだい?

じゃあ、あばよ!バイバイ・・・さよなら、お別れだよ・・・じゃあな、もう行くぜ、じゃあな、あばよ・・・note

Paul McCartney-Live Solo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

I'll follow the sun

ビートルズ以前にすでにポールによって書かれた曲です。おそらくポールがまだ10代の頃ではないでしょうか?やはり天性のメロディメーカーなんですね。すでにポールらしさが感じられます。まぁ歌詞は10代の少年が書いた素人臭いものですが・・・。ジョンがこの時期 I'm A Loser を発表しているため好対照ですが、作詞の面でポールがジョンに追い付くのは、もっと後になってからですね。rainsun

noteある日君は僕がいなくなった事に気づくだろうね。明日は雨かもしれない、だから僕は太陽を追っていくんだ。

ある日君は僕が唯一の男だったって事に気づくだろうね。でも明日は雨かもしれない、だから僕は太陽を追っていくんだ。

そして今その時が来た。だから愛する人よ、僕は行くよ・・・。僕は友だちをひとり失くすけど、最後には君もわかってくれるだろう。

ある日君は僕がもういないことに気づくだろうね。でも明日は雨かもしれない、だから僕は太陽を追っていくんだ。そうさ、明日は雨かもしれない、だから僕は太陽を追っていくんだ。

そして今その時が来た。だから愛する人よ、僕は行くよ・・・。僕は友だちをひとり失くすけど、最後には君もわかってくれるだろう。

ある日君は僕がもういないことに気づくだろうね。でも明日は雨かもしれない、だから僕は太陽を追っていくんだnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

Rock and roll music

チャック・ベリー作曲のロックンロールのスタンダードです。日本公演のオープニング曲でしたね。当時小学生だった僕はラジオで頻繁に流れるこの曲が好きで、ビートルズの曲だとも知らず、ラジオの前でこの曲が流れるのを楽しみにしていた記憶があります。後にビートルズのレコードを買うようになって、これはあの頃の・・・と懐かしく思い出しました。ジョンの声はやはりロックンロールには最高ですね。

noteロックンロール・ミュージックを聴かせてくれよ。馴染みのやり方で選んでいいからさ。外しようのないバック・ビート。どんな時に使っても、とにかくロックンロール・ミュージックさ。もし俺と踊りたいなら、もし俺と踊りたいならさ。

モダンジャズに反発する気はないよ、あんなに速く演奏しようとさえしなきゃね。そんなことするからメロディの美しさもなくなって、シンフォニーみたいに聞こえるのさ。

だから俺が欲しいのはロックンロール・ミュージック。馴染みのやり方で選んでいいからさ。外しようのないバック・ビート。どんな時に使っても、とにかくロックンロール・ミュージックさ。もし俺と踊りたいなら、もし俺と踊りたいならさ。

恋人を連れて線路を渡って裏町に行った。グッとくるサックスを吹く男を聞かせたくてさ。あいつらは本物のロックバンドだって認めなきゃな。ハリケーンのようにぶっ飛んでるんだ。

だから俺が欲しいのはロックンロール・ミュージック。馴染みのやり方で選んでいいからさ。外しようのないバック・ビート。どんな時に使っても、とにかくロックンロール・ミュージックさ。もし俺と踊りたいなら、もし俺と踊りたいならさ。

南部に行ってみたらお祭りをやってた。もうみんなでどんちゃん騒ぎさ。自家製の酒を木のカップで飲んで、踊ってる連中はみんな体を揺すってノリノリさ。

そこでロックンロール・ミュージックを演り始めた。馴染みのやり方で選んでいいからさ。外しようのないバック・ビート。どんな時に使っても、とにかくロックンロール・ミュージックさ。もし俺と踊りたいなら、もし俺と踊りたいならさ。

タンゴなんて聴かせて欲しくもないね。マンボって気分でもないし、コンゴにゃ早すぎる。だからあのピアノでロックし続けてくれよ。

だから俺が欲しいのはロックンロール・ミュージック。馴染みのやり方で選んでいいからさ。外しようのないバック・ビート。どんな時に使っても、とにかくロックンロール・ミュージックさ。もし俺と踊りたいなら、もし俺と踊りたいならさnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

Baby's in black

ワルツのリズムとジョンとポールのハーモニーが印象的な曲です。ポールの高音とジョンの低音のハモリは最高ですね。思わず「上手いな・・・」と呟いてしまいます。

noteあーなんてことだ、どうしたらいいんだ?あの娘は黒い服を着てるし、僕はブルーな気分。ねぇ教えてよ、どうすりゃいいんだ?

あの娘はあいつのことを思っている・・・だから黒い服を着てるんだ。あいつはもう二度と戻ってきやしないのに、彼女は黒い服を着ている。

あーなんてことだ、どうしたらいいんだ?あの娘は黒い服を着ているし、僕はブルーな気分。ねぇ教えてよ、どうすりゃいいんだ?

僕はあの娘のことをこんなに思っているのに、あの娘が思い続けるのはあいつだけ。ただの気まぐれかもしれないけど、あの娘は彼を思っている。

彼女が自分の間違いに気づくのにあとどれくらい時間がかかるのだろう?あーなんてことだ、どうしたらいいんだ?あの娘は黒い服を着ているし、僕はブルーな気分。ねぇ教えてよ、どうすりゃいいんだ?

あの娘はあいつのことを思っている・・・だから黒い服を着てるんだ。あいつはもう二度と戻ってきやしないのに、彼女は黒い服を着ている。

あーなんてことだ、どうしたらいいんだ?あの娘は黒い服を着ているし、僕はブルーな気分。ねぇ教えてよ、どうすりゃいいんだ?note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

I'm a loser

ある意味で画期的な曲です。ジョンはこの曲から自己の内面を深く洞察した内容の歌詞を書き始めます。ただのラブソング、ポップソングからの脱却を果たした一曲と言えるかもしれません。それが通説として語られるように、ボブ・デイランやドラッグの影響である事実は否めませんが、遅かれ早かれジョン自身の才能が、この自己洞察そして解放を自身の表現手段として、ロック・ミュージックをアートにまで高めていったことでしょう。この後書かれたHELP! も同じアプローチですね。

note僕は敗北者、僕は負け犬なんだ。見た目とは違うんだよ。いろんな愛を勝ち得たり、失ったりしてきたけど、決して手出しをしちゃいけなかった恋に落ちたんだ。聞いてくれ、彼女は百万人にひとりの女だったんだ。結局勝つのは彼女に決まってたんだ、分かっていたはずなのにね・・・。僕は敗北者。すぐそばにいた人に捨てられたのさ。僕は負け犬なんだ。見た目とは違うんだよ。

笑ったり、ピエロを演じたりしているけど、仮面の下ではしかめっ面してるのさ。涙が空から降る雨のように零れ落ちる。泣いているのは彼女のため?それとも僕自身のためかな?僕は敗北者。すぐそばにいた人に捨てられたのさ。僕は負け犬なんだ。見た目とは違うんだよ。

こんな運命にさらされるなんて、僕が一体何をしたっていうんだい?見切りをつけるのが遅すぎたという自覚はあるけど、おごれる者久しからず、というのはどうやら本当みたいだ。君も全てを失わないように、忠告してるまでだよ。僕は敗北者。すぐそばにいた人に捨てられたのさ。僕は負け犬なんだ。見た目とは違うんだよnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

No reply

さて今回からアルバム「BEATLES FOR SALE」の曲になります。再びカバー曲が増えますが(6/14) 、オリジナル曲に佳曲が多く、また歌詞の面でも新たな試みも見られ、ビートルズが確実に成長している過程を楽しめるアルバムだと思います。オープニングを飾るこの曲も、ジョンのインパクトのあるボーカル、曲構成、覚えやすいメロディ、どれを取っても一級の作品です。

note前にも同じことがあった。君の家まで行ったのに返事がない。家の人は人違いだって言ったけど、部屋の窓から覗き見してる君を見たんだ。灯りが見えた。灯りが見えたんだよ。君も僕を見たはずさ。だって見上げたら君の顔が見えたから。

電話をかけてみたんだ。そしたら君は家にいないって言われたけど、嘘だね。君がいるのは分かっている。だって家に入っていく君を見たんだから。死にそうだ。死にそうだよ。だって君は僕の代わりに他の男と手に手を取って歩いていたからさ。

僕が君なら、他の誰よりも君を愛しているのは僕だってことに気づくはずさ。そして前に返事がなかった時に聞かされた嘘も、全部許してあげるよ。

電話をかけてみたんだ。そしたら君は家にいないって言われたけど、嘘だね。君がいるのは分かっている。だって家に入っていく君を見たんだから。死にそうだ。死にそうだよ。だって君は僕の代わりに他の男と手に手を取って歩いていたからさ。

返事がない! 返事がない!note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

She's a woman

前回のI Feel Fine のB面のShe's A Woman です。この曲を聴くと大好きなギタリストだったジェフ・ベックが彼のアルバムBLOW BY BLOW でカバーしてくれたのを思い出します。ちなみにそのアルバムのプロデューサーはジョージ・マーチンでした。ジミ・ヘンのサージャント・ペパーなど、天才ギタリスト達もビートルズをカバーしてるのは嬉しいですね。エリック・クラプトンとビートルズの関係は言うまでもなく有名ですよね。

Jeff Beck  She's A Woman-Live

note僕の恋人はプレゼントなんてくれない。いなか臭くもないし、ただくれるものは愛、それも永遠の愛なんだ。僕の恋人はプレゼントはくれない。僕が寂しいときは彼女が元気づけてくれる。人はからかってるだけさ、なんて言うけど、そうじゃないね。

彼女は他の男たちには目もくれない。僕の泣き顔を見たくないからさ。決して離さないよって僕が言うのを聞くだけで彼女は幸せなのさ。彼女は他の男たちには目もくれない。僕にやきもちを妬かせるようなマネは絶対にしない。愛だけじゃなく、彼女の時間のすべてを僕にくれるんだ。何故だかは聞かないでくれ。

彼女はちゃんと分かっている女なんだ。彼女は自分の恋人を愛する女なんだ~彼女は女・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

I feel fine

64年の最後を飾るシングル曲です。イントロの前のフィードバック音が印象的ですね。ギターリフも格好良いし、ジョンのボーカルは歯切れが良いし、コーラスワークも上手いし、どこを取ってもビートルズの№1シングルヒット曲なんだな、という感じの佳曲です。

note彼女は僕にすごく良くしてくれるんだ。彼女はこの上もなく幸せらしい。だって本人がそう言ってるんだ。僕は彼女に恋をしている。いい気分だよ。彼女は僕のものだと言ってくれる。いつだってそう言ってくれる。本当にそう言ったんだ。僕は彼女に恋をしている。いい気分だよ。

彼女が僕の恋人だなんてすごい嬉しいよ。彼女も嬉しくて世間に言いふらしている。

彼って何でも買ってくれるの、ダイヤの指輪だって買ってくれるのよって彼女がそう言ってたんだ。彼女は僕に恋をしている。いい気分だよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

I'll be back

何とも哀愁感漂うメロディーラインが好きです。コード進行とかを見ると、ポールが書いたAnd I Love Her とこのジョンが書いたI'll Be Back はおそらく同時期に書かれた曲なのでしょうが、どちらかが一方にインスパイアされて書かれたのではないでしょうか?何の根拠もありませんが、そんな気がします。

noteいいかい、僕の心を傷つけたら僕は出て行くよ。でもまた戻ってくるけどね。だって前にも一度サヨナラ言ったけど、戻ってきただろう。すごく愛してるんだ。君を求めているのは僕だよ。そう、君を求めているのはこの僕さ、Oh,Oh 僕の心を傷つけるよりもっとましなことを探すべきだよ。今度ばかりは別れるふりして出て行くんじゃないってとこを見せたいんだ。

こんな気持ちを分かってもらえるだろうと思って・・・僕が離れていったら君も僕を求めるだろうと思ってたんだ。ところがどうだい、思惑とは全然違っていたよnote

ジョン得意の女の子に振り回される男がまた登場しますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

You can't do that

正月早々一曲目は、ギターのリフがめちゃ格好いいロックチューンです。ディストーションの効いたギターサウンドで演奏すれば、さらにラフで格好良かったかもしれませんね。凄く好きな曲です。

noteお前にとっちゃ耳の痛い話だろうけどさ、今度またあいつと話してるところを見つけたら、気分を滅入らせてやるよ、そしてそれっきりお終いさ。前にも言っただろ?そんなことするなよってさ。あいつと話してるところを見たのはこれで2度目だぜ。また俺に同じことを言わせるつもりかよ。そんなことは許されることじゃない。気分を滅入らせてやるよ、そしてそれっきりお終いさ。前にも言っただろ?そんなことするなよってさ。

みんな俺に妬いてるんだ。俺がお前の愛を勝ち取ったからさ。でもお前があんな風に男と話してるところをみんなに見られたら、俺は物笑いのタネさ。

だから俺の女でいたけりゃ言うこと聞きな。自分の気持ちを抑えられないんだ。気が狂いそうになる。気分を滅入らせてやるよ、そしてそれっきりお終いさ。前にも言っただろ?そんなことするなよってさnote

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »