« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

She said she said

アメリカ滞在中のパーティで映画Easy Rider で有名なピーター・フォンダがジョンの耳元で「俺は死ぬことがどういうことか知っている・・・」と繰り返し囁いた、という話が基になっている曲として有名ですが、マリファナやLSDの強い影響がうかがえるアシッド・ソングです。ジョンはその時、ピーター・フォンダのことをよく知らず、恐ろしかったと述懐していますが、Easy Rider 以前の話なので無理もないですね。ギターがすごくイイです。

note彼女が言ったんだ。「私は死ぬのがどんな感じか知ってるわ。悲しみがどういうものか知ってるわ」ってさ。彼女は僕を生まれてこなかったような気分にさせるんだ。

僕は言ったんだ。「誰がそんなこと君に吹き込んだんだい?それじゃまるで僕が狂っているみたいじゃないか」ってさ。彼女は僕を生まれてこなかったような気分にさせるんだ。

彼女が言った。「私の言ったことが分かってないのね」

それで僕はこう言ったのさ。「違う、違う、違うよ、君は間違っている。僕が子供の頃は何もかもうまくいっていた。何もかもうまくいっていた」

僕は言ったんだ。「君は君で分かってるつもりなんだろうけど、もう僕は出て行くよ。だって君は僕を生まれてこなかったような気分にさせるから・・・」

彼女が言った。「私の言ったことが分かってないのね」

それで僕はこう言ったのさ。「違う、違う、違うよ、君は間違っている。僕が子供の頃は何もかもうまくいっていた。何もかもうまくいっていた」

僕は言ったんだ。「君は君で分かってるつもりなんだろうけど、もう僕は出て行くよ。だって君は僕を生まれてこなかったような気分にさせるから・・・」

彼女が言ったんだ。「私は死ぬのがどんな感じか知ってるわ。悲しみがどういうものか知ってるわ。私は死ぬのがどんな感じか知ってるわ」note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

Yellow submarine

ポールが子供たち向けに書いた曲で、リンゴがリードボーカルを取っています。後にアニメーション化されタイトルソングを冠しています。アニメーション自体はビートルズはほとんど関与していませんが、実にアーティスティックな仕上がりで素晴らしいですね。でも何度見ても途中で寝てしまいます(笑う)。happy01

note僕が生まれた街に船乗りの男が住んでいた。彼は僕らに潜水艦の国での暮らしの話を聞かせてくれたんだ。それで僕らも緑の海を目指して、太陽に向かって出航したんだ。それから波の下で暮らしたのさ。黄色い潜水艦の中でね。

僕らはみんな黄色い潜水艦で暮らしている。Yellow Submarine, Yellow Submarinewave

友だちもみんな乗艦しているし、もっと多くの友だちが隣に住んでるよ。さあ音楽隊の演奏が始まった。

僕らはみんな黄色い潜水艦で暮らしている。Yellow Submarine, Yellow Submarinewave

お気楽な人生さ。必要なものは全部ある。青い空、緑の海。僕らは黄色い潜水艦の中。

僕らはみんな黄色い潜水艦で暮らしている。Yellow Submarine, Yellow Submarinenote

イエロー・サブマリン航海記 ビートルズ・アニメーション全記録 Inside The Yellow Submarine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

Here there and everywhere

またまたポールの傑作スタンダード曲です。本当に天才メロディメーカーですね。ジョンもお気に入りの一曲です。

noteより良い人生を送るために、愛する人にここにいて欲しい。

ここで、日々を過ごしながら、彼女が手をひと振りするだけで僕の人生は変わってしまう。そこに何かがあることは誰も否定できない。

そこで、彼女の髪に手を滑らせながら、二人ともどんなに素敵だろうと考えている。誰かが話しているけれど、彼女はそれに気づきもしない。

どこでも彼女が欲しい。僕のそばにいてさえくれれば、何の心配もしなくていい。彼女を愛するということは、どこにいても彼女が必要だっていうこと。愛は二人で分かち合うものだと知り、お互いが愛は決して消えてなくならないと信じ、彼女の瞳を見つめながら、いつもそこに僕が映っていることを願う。

どこでも彼女が欲しい。僕のそばにいてさえくれれば、何の心配もしなくていい。彼女を愛するということは、どこにいても彼女が必要だっていうこと。愛は二人で分かち合うものだと知り、お互いが愛は決して消えてなくならないと信じ、彼女の瞳を見つめながら、いつもそこに僕が映っていることを願う。

僕はそこにいるよ。あらゆるところにね。

ここで、そこでも、そして、あらゆるところに・・・note

Paul McCartney Unplugged 1991

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

Love you to

ジョージのインド音楽への傾倒がひとつの形を成した曲です。歌詞の面でもジョージのシニカルさに加え精神のピュアの部分に踏み込み始めています。これも東洋思想の影響でしょうか、ジョージ独特の世界を構築し始めるきっかけでもあり、他の3人のメンバーにも大きな影響を与え始めます。

note毎日が飛ぶように過ぎて行く。振り返ると、もう過去になっている。君は僕の首に印をかける時間もない。できるうちに愛しておくれ・・・僕が死んだような老人になる前にね。

人生はとても短い。新たな人生を買えるはずもない。君の心と体が僕には大いなる意味を持つんだよ。一日中愛し合おう。歌を歌いながら愛し合おう。一日中愛し合おう。歌を歌いながら愛し合おう。

君の周りで待ち構えているやつらがいる。とことん君から搾り取るつもりさ。自分たちの罪をすべて君になすりつけるつもりさ。いいかい。僕は君を愛してあげるよ、君が僕にそう望むならねnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

I'm only sleeping

アシッド・ソングとも解釈できるし、そんなにあくせく働いてどうするのさ、と上流階級を揶揄する社会風刺、労働者階級の英雄の面目躍如と取るか、解釈は自由でいいと思いますが、リードギターの録音テープを逆回転させたりして、夢うつつの状態を表現したりと、相変わらずスタジオ実験は続きますが、ジョンの気だるい感じのボーカルが秀逸です。アンソロジー2で聴けるリハーサルテイクを聴くと曲自体が素材として優れていることがよくわかります。

note朝早く起きるとき、頭を持ち上げてみても、僕はまだあくびが出る。まだ夢の最中にいるとき、まだベッドにもぐりこんだまま、上流に漂っていくのさ。

どうか僕を起こさないで。お願いだよ、揺すらないでよ。そのまま放っておいてよ。ただ眠っているだけなんだから。

みんな僕のことを怠け者だと思っている。僕は気にしないよ。おかしいのはそっちだろう。そんなスピードであっちこっち走り回って・・・。そんな必要はなかったって気づくまでそうするんだよ。

どうか僕の一日を台無しにしないで。僕はずっと遠くにいるんだし、結局はただ眠っているだけなんだから。

窓越しに世の中の動きをじっと見つめてるんだよ。のんびりとね・・・。横になって天井を見つめ、睡魔が襲ってくるのを待ってるんだよ。

どうか僕の一日を台無しにしないで。僕はずっと遠くにいるんだし、結局はただ眠っているだけなんだから。

窓越しに世の中の動きをじっと見つめてるんだよ。のんびりとね・・・。

朝早く起きるとき、頭を持ち上げてみても、僕はまだあくびが出る。まだ夢の最中にいるとき、まだベッドにもぐりこんだまま、上流に漂っていくのさ。

どうか僕を起こさないで。お願いだよ、揺すらないでよ。そのまま放っておいてよ。ただ眠っているだけなんだからnote

Anthology Version

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

Eleanor Rigby

典型的なポールの曲ですが、歌詞の大半はジョンが書いたということです。Yesterday に続きジョージ・マーチンのスコアによるストリングスのアレンジが曲の魅力を最大限に引き出していますね。夢の住人であるこの二人の登場人物は、現実を直視していないので、自分では孤独をまったく感じていないのかもしれませんね。何だか深く考察したくなる歌詞です。

noteああ、見よ、あの孤独な人々を・・・。ああ、見よ、あの孤独な人々を・・・。

エリナー・リグビーは結婚式が執り行われたばかりの教会で米を拾う。夢の中で暮らし、ドアの傍のビンにしまってある顔をまといながら窓辺で待っている。それは誰のため?

あの孤独な人々はどこから来るのだろう? あの孤独な人々はどこに帰るのだろう?

マッケンジー神父は、誰も聞くことのない説教の原稿を書いている。誰も近寄って来ない。仕事中の彼を見てごらん。誰もいない夜中に靴下を繕っている。何を気にしているのだろう?

あの孤独な人々はどこから来るのだろう? あの孤独な人々はどこに帰るのだろう?

ああ、見よ、あの孤独な人々を・・・。ああ、見よ、あの孤独な人々を・・・。

エリナー・リグビーはその教会で亡くなり、その名と共に埋葬された。誰も来なかった。マッケンジー神父は両手の泥を掃いながら、墓から歩いて戻って来る。誰も救われなかった。

あの孤独な人々はどこから来るのだろう? あの孤独な人々はどこに帰るのだろう?note

Paul McCartney Live in Kiev 2008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

Taxman

さて今日からアルバム「リボルバー」の収録曲です。ジョージの曲が一曲目を飾るのは後にも先にもこのアルバムのみです。ポールがリードギターを弾いていますが、インド音楽っぽいフレーズがカッコいいですね。歌詞はジョージらしくシニカルです。

noteどんなふうになるか教えてあげましょう。あなたが1で、わたしが19という取り分です。なぜならわたしは税務官。そう、わたしは税務官なのです。

5%では少なすぎると思われるのなら、わたしに全部取られるよりはいいと感謝すべきですよ。なぜならわたしは税務官。そう、わたしは税務官なのです。

車を運転するなら、道路に税金をかけます。座ろうとするなら、椅子に税金をかけます。寒すぎると感じるなら、暖房に税金をかけます。散歩をするなら、あなたの足に税金をかけます。

税務官!

なぜならわたしは税務官。そう、わたしは税務官なのです。

なんのためにわたしがそうするのかなんてお尋ねにならないで下さい。(Ha ha, Mr.Wilson)

もしこれ以上支払いたくないのなら・・・(Ha ha, Mr.Heath)

なぜならわたしは税務官。そう、わたしは税務官なのです。

さて、お亡くなりになる方々にアドバイスですが、目の上の小銭の申告もお忘れなく。なぜならわたしは税務官。そう、わたしは税務官なのです。

あなたは他ならぬわたしのために働いているのです・・・note

George Harrison Live in Japan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

Rain

Paperback Writer のB面に収められていますが、アシッド・ソングの先駆けでもあり、アルバム「リボルバー」への序章的曲です。歌詞もサウンドもすでに初期のビートルズに別れを告げています。テープ速度を変えたり逆回転させたりと、スタジオでの実験もこれから加速していき、ビートルズはスタジオ・バンドへと変遷していきます。

note雨が降り出すと、みんな頭を隠して走り出す。まるで死んでるみたい。雨が降り出すと、雨が降り出すと・・・。

太陽が照りつけると、みんな日陰にすっと身を隠す。そしてレモネードをすする。太陽が照りつけると、太陽が照りつけると・・・。

雨・・・、僕は気にしない。日差し、いい天気じゃないか。

雨が降り出しても、すべては同じだってことを教えてあげるよ。教えてあげるよ、教えてあげるよ・・・。

雨・・・、僕は気にしない。日差し、いい天気じゃないか。

聞こえるかい? 雨が降り出しても、太陽が照りつけようと、それはただ心の持ちようなんだ。聞こえるかい? 聞こえるかい?note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

Paperback writer

1966年最初のシングル曲です。プロモが2種類あって、アビーロード・スタジオで撮った方は、ポールが前日にバイク事故を起こし、前歯が欠けています。東京公演ではポールのマイクが勝手に回転するので、ポールが少し苛立っています。いずれも面白いですね。曲の方はビートルズは職業を扱った曲を書かない、という下世話な声に応えて書いたそうです。

noteペイパーバック・ライター

親愛なる編集者様、私の本を読んでいただけませんか?数年かかって書いたものです。ちょっと見ていただけませんか?リアという男が書いた小説をベースにしています。仕事が欲しいのです。ペイパーバック・ライターになりたいのです。ペイパーバック・ライター

それはいやらしい男のいやらしい話です。奥さんは頼るばかりで理解がありません。息子はデイリー・メイルで働いています。堅実な仕事ですがペイパーバック・ライターになりたがっています。ペイパーバック・ライター

ペイパーバック・ライター

1000ページかそこらありますが、1,2週間あればもっと書けます。スタイルが気に入っていただけたなら、もっと長くもできます。書き直しだってできます。ペイパーバック・ライターになりたいのです。ペイパーバック・ライター

本当に気に入っていただけたら、著作権も差し上げます。一晩で大金を手に出来るかもしれません。もしご返送される場合は、こちらにお送りください。でもチャンスが欲しいんです。ペイパーバック・ライターになりたいのです。

ペイパーバック・ライター~note

Live in Tokyo 1966

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

Run for your life

ラバーソウル最後の曲は、ジョンがその全キャリアの中で一番嫌いな曲として名高い"浮気娘"です。数年後ゲットバック・セッションでやる気のない、ダレまくりのボーカルを聴かせてくれます。

note他の男と一緒にいるところを見るくらいなら、死んでくれた方がマシだぜ。冷静に判断しな。俺は見境がなくなるからな。出来るもんなら命がけで逃げた方がいいぜ。頭隠して尻隠さずにならないようにしな。他の男といるところを見つかったら、それで一巻の終わりだぜ。

俺がたちの悪い男だってことは知ってるだろ。生まれつき嫉妬深いのさ。お前を俺の言いなりにさせるのに、一生をかける気はないんだ。出来るもんなら命がけで逃げた方がいいぜ。頭隠して尻隠さずにならないようにしな。他の男といるところを見つかったら、それで一巻の終わりだぜ。

これは説教だと思いな。俺の言ってることは全て本気だぜ。ベイビー、決めたんだ。死んでくれた方がましなのさ。出来るもんなら命がけで逃げた方がいいぜ。頭隠して尻隠さずにならないようにしな。他の男といるところを見つかったら、それで一巻の終わりだぜ。

他の男と一緒にいるところを見るくらいなら、死んでくれた方がマシだぜ。冷静に判断しな。俺は見境がなくなるからな。出来るもんなら命がけで逃げた方がいいぜ。頭隠して尻隠さずにならないようにしな。他の男といるところを見つかったら、それで一巻の終わりだぜnote

On Get Back Sessions 1969

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

If I needed someone

前作「HELP!」で大きな成長の跡を見せたジョージが、さらに良い曲をこのラバーソウルでも聴かせています。三人のコーラスハーモニーが秀逸です。邦題は"恋をするなら"となっています。

noteもし誰か愛する人が欲しいなって思ったら、思い浮かべるのは君のことだよ。もし誰か欲しいって思ったらね・・・。もしもっと自由な時間があったら、君と一緒に過ごしたいと思うだろうね。もし誰か欲しいって思ったらね・・・。

もし君とめぐり会ったのが別の日だったら、こんな感じじゃなかったかもしれないけど、でも見ての通り、今の僕はすっかり君に夢中さ。

君の電話番号を部屋の壁に刻んでおくよ。そしたらいつか僕からの電話が君にあるかもね。もし誰か欲しいって思ったらね・・・。もしもっと自由な時間があったら、君と一緒に過ごしたいと思うだろうね。もし誰か欲しいって思ったらね・・・。

もし君とめぐり会ったのが別の日だったら、こんな感じじゃなかったかもしれないけど、でも見ての通り、今の僕はすっかり君に夢中さ。

君の電話番号を部屋の壁に刻んでおくよ。そしたらいつか僕からの電話が君にあるかもね。もし誰か欲しいって思ったらね・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

Wait

アルバム「HELP!」のレコーディングセッションの時に一度レコーディングされていた曲です。ラバーソウルのセッションで再録されたみたいですね。よく聴くときれいなメロディーを持っている佳曲です。

noteずいぶん久しぶりだけど、今やっと家に帰れるよ。ずっと遠くに離れていたね。なんて寂しかったことか・・・。君のそばに帰ってくるまで待ってて。僕らが流した涙も忘れよう。

でももし心が傷ついたのなら、僕のこと待ってくれなくてもいいよ、背を向けてもいい。でも気丈に待ってられるのなら、もう少しの我慢だ。遅れないよ。君のそばに帰ってくるまで待ってて。僕らが流した涙も忘れよう。

君にぜひ知っていてもらいたいって思ってるんだけど、僕はできるだけ頑張って君に尽くしてきた。もし君もそうなら、僕は君を信じる。僕の帰りをずっと待っててくれてるんだよね。

ずいぶん久しぶりだけど、今やっと家に帰れるよ。ずっと遠くに離れていたね。なんて寂しかったことか・・・。君のそばに帰ってくるまで待ってて。僕らが流した涙も忘れよう。

君にぜひ知っていてもらいたいって思ってるんだけど、僕はできるだけ頑張って君に尽くしてきた。もし君もそうなら、僕は君を信じる。僕の帰りをずっと待っててくれてるんだよね。

でももし心が傷ついたのなら、僕のこと待ってくれなくてもいいよ、背を向けてもいい。でも気丈に待ってられるのなら、もう少しの我慢だ。遅れないよ。君のそばに帰ってくれまで待ってて。僕らが流した涙も忘れよう。

ずいぶん久しぶりだけど、今やっと家に帰れるよ。ずっと遠くに離れていたね。なんて寂しかったことか・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

In my life

とにかく歌詞が素晴らしいです。ジョンにとって転機となった作品ですが、当時25歳にして、人生を振り返って真摯に自分の気持ちを見つめ直せたジョンは、やはり凡人の倍のスピードで人生を駆け抜けたのでしょうね。わずか40年の人生でしたが、人の80年分のエネルギーは使い果たしたのかもしれません。間奏でジョージ・マーチンがバッハの2声のインヴェンションのような素敵なピアノを聴かせてくれます。曲自体がこれでさらに魅力的なものになっています。ちなみに蛇足ですが、この演奏も実際の演奏を倍のスピードで再生したものです。

note生涯を通していつまでも心に留まる場所がいくつかある。中には変わってしまった場所もあるけれど、永久に良くはならないような場所もあるし、なくなってしまった場所、昔のまま残っている場所もある。どの場所もそれぞれに思い出の時がある。今でも呼び起こせる恋人たちや友人たちとの思い出・・・。死んでしまった人たちもいるし、元気でいる人たちもいる。僕の人生の中で、そのすべての人たちを愛してきた。

でもそんな友人たちや恋人たちであっても、君と比べることはできない。愛を何か新しいものとして考えると、これらの思い出さえ意味を失ってしまう。去っていった人々や物への愛情が失せることは決してないことは分かっているけれど、何度もふとそれらについて思いをめぐらせるだろう。でも僕の人生の中では、それ以上に君を愛する。

去っていった人々や物への愛情が失せることは決してないことは分かっているけれど、何度もふとそれらについて思いをめぐらせるだろう。でも僕の人生の中では、それ以上に君を愛する。

僕の人生の中で、誰よりも何よりも君を愛しているよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

I'm looking through you

ポールは歌詞の中で物語を紡ぎ出すのが上手いのですが、この曲では珍しく個人的な心情を曲にしたと言われています。当時の恋人のジェーン・アッシャーとケンカでもしたのかもしれませんね。邦題は"君はいずこへ"という時代を感じさせるタイトルです。アンソロジーで別テイクが聴けます。

note君のこと内面も外見も見てるんだよ。どこに行ったんだろうね。君のこと知っているつもりだったけど、君の何を知っていたんだろう?外見は変わらないけど、君は変わってしまった。君のこと全部見てるよ。君はもう以前の君じゃない。

君の唇は動いているけど、僕には聞こえない。君の声は僕を落ち着かせるけど、言葉ははっきりと聞き取れない。声に変わりはないけれど、それが恋のかけひきだってことは学んだよ。君のこと全部見てるよ。君はもう以前の君じゃない。

ねぇ、どうして? どうしてなんだよ、僕をぞんざいに扱うんだ? 愛は一晩で消え去るっていうタチの悪い癖があるのにさ・・・。

君は僕のこと以前と同じように考えてるけど、今までは君の方が上手だったけど、今日は違うよ。唯一の違いは、君は地に落ちたってこと。君のこと全部見てるよ。君はどこにもいない。

ねぇ、どうして? どうしてなんだよ、僕をぞんざいに扱うんだ? 愛は一晩で消え去るっていうタチの悪い癖があるのにさ・・・。

君のこと内面も外見も見てるんだよ。どこに行ったんだろうね。君のこと知っているつもりだったけど、君の何を知っていたんだろう?外見は変わらないけど、君は変わってしまった。君のこと全部見てるよ。君はもう以前の君じゃない。

君は変わってしまった。君のこと全部見てるよ。君は変わってしまった~note

Antology Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

Girl

理想の女の子について書いた曲らしいですが、結局それはヨーコだったとジョンは後に述懐しています。ジョンのキリスト教に関する発言が物議を醸した事件はもう少し後のことですが、この曲の歌詞でもキリスト教への疑問、カトリック的価値観に対する懐疑的な姿勢が少し感じられます。

note誰か僕の話を聞いてくれないか?居ついてしまった女の子の話なんだ。君だって欲しいと思うような女の子さ。後悔しそうなくらいにね、でも一日だって後悔することはない。

Ah, girl, girl, girl

何とか彼女と別れようと努力していた頃の事を思い出すと、彼女は僕の方に向き直して泣き始める。そして到底実現できそうもないことを約束する。僕はそれを信じてしまう。後になって考えても、何故だか分からない。

Ah, girl, girl, girl

彼女は周りに友だちがいると、君をわざとへこませるような女の子。君はバカみたいな気分にさせられる。彼女に素敵だよって言っても、そんなの当たり前じゃないって言いたげな態度を取る。彼女はクール。

Ah, girl, girl, girl

彼女は幼い頃、苦しみの果てに喜びがあるということを教わったのだろうか?彼女にはその意味が理解できたのだろうか?男が身を削って働いて、やっと自分の時間を手に入れると聞かされて、その男が死んでも、まだ彼女は信じているのだろうか?

Ah, girl, girl, girlnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

What goes on

リンゴの名前が初めてコンポーザーとしてジョンとポールと共にクレジットされた曲です。"消えた恋"という邦題が付いたリンゴ好みのカントリータッチの曲です。

note君の心の中はどうなってるの?君の頭の中はどうなってるの?君は僕をぞんざいに扱ってズタズタに引き裂く。君の頭の中はどうなってるの?

この前いつだったか通りを歩いている時、君を見かけたよ。でも男と一緒だと分かると、将来が塞がれたような気がしたよ。君みたいな女の子にとっちゃ嘘をつくなんて簡単なことなんだね。理由を知りたいよ。

君の心の中はどうなってるの?君の頭の中はどうなってるの?君は僕をぞんざいに扱ってズタズタに引き裂く。君の頭の中はどうなってるの?

潮時を探りながら今朝君に会った。もう今は流れも変わって、愛は盲目状態だった自分に気づいたんだ。君みたいな女の子にとっちゃ嘘をつくなんて簡単なことなんだね。理由を知りたいよ。君の心の中はどうなってるの?

君の事だけを考えていたのに、君は相変わらずだった。名前ぐらいは知ってるって男ほどにも思ってくれなかった。僕の気持ちを傷つけて、死ぬとこでも見るつもりだったのかい?理由を知りたいよ。

君の心の中はどうなってるの?君の頭の中はどうなってるの?君は僕をぞんざいに扱ってズタズタに引き裂く。君の頭の中はどうなってるの?note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

Mitchelle

ポールのイエスタデイに次ぐスタンダード曲です。クラシカルなメロディを作らせたらやっぱりポールは天才ですね。同一コードでベース音が半音ずつ下降するクリシェという奏法が印象的です。

noteミッシェル、ma belle 、響きのいい言葉の並び。僕のミッシェル。

ミッシェル、ma belle, Sont des mots qui vont tres bien ensemble, Tres bien ensemble

愛してる、愛してる、愛してる。僕が言いたいのはこれだけ。他に方法が見つかるまで、君に伝わる僕が唯一知っている言葉をくりかえすよ。

ミッシェル、ma belle, Sont des mots qui vont tres bien ensemble, Tres bien ensemble

どうか、どうか、どうか、分かって欲しいんだ。君がどれだけ僕にとって大きな存在かを・・・。僕の気持が君に伝わるまで、希望を持ち続けるよ。

愛してる

君が欲しい、君が欲しい、君が欲しい。もう分かってくれたよね。何としても君を僕のものにしたい。その時まで僕は言い続けるよ。きっと分かってくれるよね。

ミッシェル、ma belle, Sont des mots qui vont tres bien ensemble, Tres bien ensemble

君に伝わる僕が唯一知っている言葉をくりかえすよ。僕のミッシェルnote

Paul McCartney Live

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

The word

ビートルズの歌の上手さ、ハーモニーの素晴らしさを堪能できる歌です。タイトルはThe Word(愛のことば)とシンプルですが、愛による自由への讃歌、メッセージソングになっています。ドラッグ体験がベースにあることは明らかですが、自己の解放、愛と自由というビートルズ普遍のテーマですね。すごく好きな曲です。

noteその言葉を言ってごらん。自由になれるから。その言葉を言ってごらん。僕のようになれるから。僕が思っている言葉を言ってごらん。聞いたことがあるかな?その言葉は"愛"だよ。とても素晴らしい。太陽の光のような・・・。その言葉は"愛"。最初の頃、僕は誤解していた。でも今は分かったんだ。その言葉の素晴らしさが・・・。

その言葉を広めてごらん。自由になれるから。その言葉を広めてごらん。僕のようになれるから。僕が思っている言葉を広めてごらん。聞いたことがあるかな?その言葉は"愛"だよ。とても素晴らしい。太陽の光のような・・・。その言葉は"愛"。行った先々でその言葉を耳にする。良書でも悪書でも目にしたことのある言葉。

その言葉を言ってごらん。自由になれるから。その言葉を言ってごらん。僕のようになれるから。僕が思っている言葉を言ってごらん。聞いたことがあるかな?その言葉は"愛"だよ。とても素晴らしい。太陽の光のような・・・。その言葉は"愛"。僕が感じていることが正しいと分かった今、みんなにその光を見せてあげたいんだ。

その言葉こそが道なのだと言うチャンスをその言葉に与えよう。僕が思っているその言葉。そのたったひとつの言葉は"愛"。とても素晴らしい。太陽の光のような・・・。その言葉は"愛"。

その言葉を言ってごらん。"愛"。その言葉を言ってごらん。"愛"~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

Think for yourself

シニカルなジョージの歌詞が秀逸です。哲学的でさえあります。ジョージはアルバム1枚に大体2曲発表するようになりますが、ジョンやポールとはアプローチの違う歌詞、どちらかと言えばジョンに近い視点で歌詞を書くライターでもあります。軽くディストーションをかけたサウンドが曲の内容によくマッチしていますね。ちなみに邦題は"嘘つき女"です。

note君がやる事に関してひとつふたつ言わせてもらうよ。僕らが目を閉じれば手に入る素敵な事に関して嘘ばかりついているね。やりたいことをやればいいさ。行きたい所に行けばいい。自分で考えなよ。だって僕は君と一緒にはもういないから。

君の心の中にあった人生の残骸の遥か彼方に僕は君を置き去りにした。君はまだ分かっていないみたいだけど、君の気持が決まっていることは分かっているよ。もっとみじめな思いをさせようとするんだろ?やりたいことをやればいいさ。行きたい所に行けばいい。自分で考えなよ。だって僕は君と一緒にはもういないから。

君の心は理解しがたいけど、例え自分本位だとしても、もっと考えようとしなきゃ。まだ未来は明るいよ。なすべきことをやり直すには十分な時間がある。やりたいことをやればいいさ。行きたい所に行けばいい。自分で考えなよ。だって僕は君と一緒にはもういないから。

やりたいことをやればいいさ。行きたい所に行けばいい。自分で考えなよ。だって僕は君と一緒にはもういないから。自分で考えなよ。だって僕は君と一緒にはもういないからnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

Nowhere man

このアルバム「Rubber Soul」に収録されている曲は邦題が付けられている曲が多いのですが(8/14) 、これも"ひとりぼっちのあいつ" という上手な訳が当てられています。曲を作ろうとして6時間頑張った後、曲と詞が完全な形でポッと浮かんだ、とはジョンのコメントですが、名曲誕生の瞬間とはそんなものなのでしょうね。

noteあいつは本当に居場所のない男。実体のない自分の国に腰を下ろし、誰のためでもなく拠り所もない計画ばかり立てている。

これといった意見も持たず、自分の進む方向も分からない。僕や君にどこかちょっと似ていないかい?

居場所のない男よ、聞いておくれ。お前は自分が見過ごしてきたものが分かっていないんだよ。居場所のない男よ、世界はお前の思うがままなんだよ。

あいつは本当に見えてないんだ。自分が見たいものしか見ないから。居場所のない男よ、僕のことは少しでも見えるのかい?

居場所のない男よ、心配はいらない。自分のペースでゆっくりやればいい。誰かがお前に手を貸してくれるまで、すべて放り出しておけばいいさ。

これといった意見も持たず、自分の進む方向も分からない。僕や君にどこかちょっと似ていないかい?

居場所のない男よ、聞いておくれ。お前は自分が見過ごしてきたものが分かっていないんだよ。居場所のない男よ、世界はお前の思うがままなんだよ。

あいつは本当に居場所のない男。実体のない自分の国に腰を下ろし、誰のためでもなく拠り所もない計画ばかり立てている。誰のためでもなく拠り所もない計画ばかり立てている。誰のためでもなく拠り所もない計画ばかり立てているnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

You won't see me

ポールの作品です。地味な印象ですが、ミドル部分のメロディやコーラスにポールらしさが出ている佳曲です。ポール自身ライブで演奏しています。

note君に電話をしても話し中。もううんざりだよ。いつまでも子供っぽい事するなよ。やっとの思いで見つけた時間を僕らは無駄にしてしまったんだよ。気が変になりそうだよ。もし君が会ってくれないと、このまま僕に会おうとしないとね・・・。

分からないな、どうして君が逃げ回りたいのか。僕は手をこまねくしかないんだ。ずっといるつもりはないし、言いたいこともそんなにない。でも完全に背を向けることはできないよ。なのに君は僕に会ってくれない。僕に会おうともしないね・・・。

何度トライしても、君は話を聞こうとさえしないね。僕に足りないのは何かさえ分かれば、気にすることもないんだけどさ。

まだ何日も経っていないけど、毎日涙にくれてるよ。君を失ってから、何年も過ぎたような気分だよ。うん、随分長く感じるよ、君がいなくなってからね。もう本当にやっていけないよ。もし君が会ってくれないと、このまま会おうとしないとね・・・。

何度トライしても、君は話を聞こうとさえしないね。僕に足りないのは何かさえ分かれば、気にすることもないんだけどさ。

まだ何日も経っていないけど、毎日涙にくれてるよ。君を失ってから、何年も過ぎたような気分だよ。うん、随分長く感じるよ、君がいなくなってからね。もう本当にやっていけないよ。もし君が会ってくれないと、このまま会おうとしないとね・・・up

Paul McCartney Live in Madrid 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

Norwegian wood (This bird has flown)

ある程度ジョンの実生活を歌にしたものと考えていい曲です。当時の妻シンシアに分からないように架空の話っぽく書いてありますが、その頃多くの情事にかかわっていたことはジョン自身が認めています。サウンドに北欧っぽい雰囲気を出さずに、インドの民族楽器であるシタールを使用するところがビートルズの音作りに関するセンスの良さを感じさせるところです。

note僕にはかつて女がいた。正確には僕は単に彼女のものだった、と言うべきかな。彼女は僕に部屋を見せてくれた。いい感じじゃないか、ノルウェーの森。

彼女は僕に泊っていくように言い、そこいら適当に座ってよと言った。それで辺りを見回すと、椅子ひとつなかった。

僕は敷物の上に座り、彼女のワインを飲みながら時間をつぶした。2時までおしゃべりして、彼女が言った。「寝る時間だわ・・・」

朝から仕事があると彼女が言い、笑い始めた。僕は仕事はないからと言って、浴室まで這って行ってそこで寝た。

そして目を覚ますと僕は独りだった。僕の可愛い娘ちゃんは去ったあと。だから火を起こした。いい感じじゃないか、ノルウェーの森note

邦題が "ノルウェーの森" となっているため、訳詞の中でもそのまま使用しましたが、違和感は残ります。僕自身はノルウェー風の木彫家具をイメージしています。ジョンはこの曲に関するインタビューで、なぜ Norwegian Wood なのか分からないと答えていますが、イメージの世界の話なのと、ジョンが意図的に事実を隠したいという気持ちがあったせいかもしれませんね。ジョンが堂々とヨーコと浮気をするのはもう少し後の事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

Drive my car

さて今日からアルバム「Rubber Soul」の収録曲です。このアルバムからビートルズがアーティストへと変貌して行き始めますね。すでに前作「HELP!」でも変化の兆しはありましたが、「Rubber Soul」 からはさらにサウンド、特に歌詞の面で単なるラブソングからの脱却が多く見られます。このDrive My Car はポールの作品ですが、性的な洒落というか含みを持たせた歌詞が意味深です。Drive My Car とは文字通り「私の車を運転して・・・」という意味ですが、ビートルズはディランの影響で言葉遊びの楽しさを覚えて、聴く者の様々な解釈、反応を見て楽しんでいたようです。ここでは「私の体を好きにしていいのよ」という意味で使っていると思われます。それを踏まえてこの曲を聴くと、また違った楽しみ方が出来るかもしれませんね。ライブ向けの曲だと思っていましたが、ポールがソロで演ってくれました。

note女の子に訊いたんだ、何になりたいのってさ。その娘はこう言った。「ベイビー、分かんないの? 有名になりたいわ。映画スターよ。でもそうなる前に、あんたにも出来ることがあるわよ」

「ベイビー、私の車を運転させてあげるわ。そうよ、私はスターになるの。私の車を運転させてあげるわ。そしたらあんたを愛するかも・・・」

俺、その娘に言ったんだ、俺の将来もかなりいいはずだぜってさ。そしたらその娘はこう言った。「ベイビー、そんな事はわかってるわ。あくせく働くのも結構だけど、でも私ならもっといい目を見せてあげられるわよ」

「ベイビー、私の車を運転させてあげるわ。そうよ、私はスターになるの。私の車を運転させてあげるわ。そしたらあんたを愛するかも・・・」

Beep, beep, beep, beep, Yeah !

「ベイビー、私の車を運転させてあげるわ。そうよ、私はスターになるの。私の車を運転させてあげるわ。そしたらあんたを愛するかも・・・」

だから俺、その娘に言ったんだ、すぐにでも始められるぜってさ。そしたらその娘はこう言った。「ねぇ、聞いて。話したい事があるの。私、まだ車を持ってないの。がっかりなんだけどさ。でもドライバーは見つかったみたいだから、始められるわよ」

「ベイビー、私の車を運転させてあげるわ。そうよ、私はスターになるの。私の車を運転させてあげるわ。そしたらあんたを愛するかも・・・」

Beep, beep, beep, beep, Yeah ! note

Paul McCartney Live in Quebec 2008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

We can work it out

前回の"デイ・トリッパー"とのカップリング曲で"恋を抱きしめよう"という邦題が付けられています。ジョンとポールのそれぞれの未完成曲をつなげ合わせた曲と言われています。楽観的なポールの歌詞、悲観的なジョンの歌詞、などとよく言われますが、そんな単純なことで、ひと括りにできない深さが彼ら二人ともにあります。二人の純粋な共作というのは意外なほど少ないのですが、サビの部分での二人のハーモニーを聴いていると、なぜこれほどまでにビートルズが偉大な存在に成りえたのか、という疑問にあっさり答えてくれるほどの魅力に溢れています。

note僕の立場にたって見てごらん。もうこれ以上無理ってとこまで、しゃべり続けなけりゃいけないのかい?自分の立場ばかり見ている間は、僕らの愛が消えることになるというリスクを冒すことになるよ。でも僕らなら何とかやり遂げられる。僕らなら何とかできるよ。

自分の言っていることを考えてごらんよ。君は間違いに気づいても、まだそれで大丈夫だって思っているんだね。僕が言っていることを考えてごらんよ。二人で協力してはっきりさせるか、おやすみを言うかのどっちかだね。でも僕らなら何とかやり遂げられる。僕らなら何とかできるよ。

人生はとても短い。だから言い争い、喧嘩してる暇などないんだよ。いつも思っていたことだけど、そんなの恥ずべき行為だよ。だからもう一度君に頼むんだ。

僕の立場にたって見てごらん。僕が正しいか間違っているかは時間だけが決めてくれるよ。自分の立場ばかり見ている間に、僕らがじきに離れ離れになってしまうことになるかもしれないよ。でも僕らなら何とかやり遂げられる。僕らなら何とかできるよ。

人生はとても短い。だから言い争い、喧嘩してる暇などないんだよ。いつも思っていたことだけど、そんなの恥ずべき行為だよ。だからもう一度君に頼むんだ。

僕の立場にたって見てごらん。僕が正しいか間違っているかは時間だけが決めてくれるよ。自分の立場ばかり見ている間に、僕らがじきに離れ離れになってしまうことになるかもしれないよ。でも僕らなら何とかやり遂げられる。僕らなら何とかできるよnote

Paul McCartney Live 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

Day tripper

65年末に発売された両A面扱いのシングル曲です。ギターのリフが格好いいですね。ジミヘンもカバーしています。Day tripper という意味はSunday driver と同義語で歌詞の中で使用されていますが、日帰り旅行者でも、休みの日にだけ運転する危なっかしいドライバーでもなく、"昼間トリップ(麻薬でラリる)するやつ" 、"週末のヒッピー" という意味です。

note安易な逃げ道を選んだのには、いい理由があったからなんだ。楽な逃げ道を選んだのにはさ、もっともな理由があったからなんだ。彼女は昼間っからぶっ飛んでる女。行ったっきりさ。理解するのに随分と手間取ったけど、やっと分かったんだ。

彼女はかなりの思わせぶりな女。半分まで本気にさせてお預けさ。彼女は相当な思わせぶりな女。半分まで本気にさせてじらすんだ。彼女は昼間っからぶっ飛んでる女。行ったっきりさ。理解するのに随分と手間取ったけど、やっと分かったんだ。

何とか彼女を悦ばせようとやってみたんだ。しかし所詮彼女はひと夜限りの立ちんぼ稼業。何とか彼女を悦ばせようとやってみたんだ。しかし所詮彼女はひと夜限りの立ちんぼ稼業。彼女は昼間っからぶっ飛んでる女。週末のヒッピーさ。理解するのに随分と手間取ったけど、やっと分かったんだ。

Day tripper, Day tripper, Yeah・・・note

Jimi Hendrix Cover Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

Dizzy Miss Lizzy

"マギー・メイ"のようなお遊びのトラディショナル・ソングを別にすれば、ビートルズ最後のカバー曲です。オリジナルはラリー・ウイリアムズです。69年のトロントでのプラスティック・オノ・バンド・・・実質ジョンのソロ活動でのライブでも演奏していましたね。ハンブルグ時代からのジョンお気に入りの一曲です。

noteミス・リジー、お前は俺をクラクラさせる。ロックンロールの踊り方なんか見てるとね。お前とブラブラ歩くだけでも、お前は俺をクラクラさせるよ。さぁ、ミス・リジー、俺が老けこんじまう前に愛しておくれ。

さぁ、俺を熱くしてくれ。その可愛い手を俺に握らせてくれ。ミス・リジー、お前は俺をクラクラさせる。最高にイカすルックス、腰を振ったり揺すったり、お前が本当に俺のものだったらいいのにな。

ミス・リジー、お前は俺をクラクラさせる。お前に名前を呼ばれたりすると、俺は気も狂わんばかりさ。なぁ、お願いだ、頼むよ、ベイビー、お前の彼氏になりたいんだ。

ひとっ走りして、お前のママに言いたいよ。お前を俺の嫁さんにしたいんだ。お前の兄弟にも言いたいね。ベイビー、逃げ隠れしないでくれよ。ミス・リジー、お前は俺をクラクラさせる。お前と結婚したいんだ。

さぁ、俺を熱くしてくれ。その可愛い手を俺に握らせてくれ。ミス・リジー、お前は俺をクラクラさせる。最高にイカすルックス、腰を振ったり揺すったり、お前が本当に俺のものだったらいいのになnote

John Live in Toronto 1969

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

Yesterday

言わずと知れたビートルズのというか、ポール・マッカートニーの一世一代の傑作"Yesterday"です。誕生秘話も有名ですが、"Scrambled Egg" という仮題が付けられていました。解散後しばらくビートルズ時代の作品を封印していたポールも、この40年近くのソロキャリアの中でのライブでは欠かせない曲となっています。

note昨日、悩みなんて僕には縁遠いものだと思っていた。しかし今ではすっかりここに居ついてしまったようだ。ああ、僕は昨日を信じる。

突然、僕はいつもの自分の半分もない男になってしまった。影が僕を被いつくしている。ああ、突然すべてが過去になってしまった。

なぜ彼女は去って行ったのか、僕には分からない。彼女は話そうともしなかった。何か悪いことを言ったのだろうか・・・今はただ昨日に思い焦がれる。

昨日、愛は気軽なゲームだった。今は隠れ場所が必要だ。ああ、僕は昨日を信じる。

なぜ彼女は去って行ったのか、僕には分からない。彼女は話そうともしなかった。何か悪いことを言ったのだろうか・・・今はただ昨日に思い焦がれる。

昨日、愛は気軽なゲームだった。今は隠れ場所が必要だ。ああ、僕は昨日を信じるnote

Wings Live in 1975

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

I've just seen a face

ポールが書いたカントリータッチのアップテンポの佳曲です。70年代のウイングスのコンサートでも演奏してましたね。「スキッフルを演ろう!」と演奏前にコメントするのがお決まりでした。邦題は"夢の人"です。

note忘れられない顔ってあるよね。会った時間や場所も忘れられないんだ。彼女はまさに僕のための女の子さ。世界中に僕らの出会いを分かって欲しいな。

もしそれが別の日だったら、違う方向を見てたかもしれないし、気付かないままだったかもしれないね。でも現実に今夜彼女の夢を見るんだ。

おちていく、そうさ僕は恋におちていく。そして彼女は繰り返し僕を呼び戻し続ける。

こんな感じは初めてなんだ。僕はずっと孤独だったし、チャンスを逃してばっかりだったし、何でも避けてきたところがある。それは他の女の子たちが、ぜんぜんこんな感じじゃなかったからなんだ。

おちていく、そうさ僕は恋におちていく。そして彼女は繰り返し僕を呼び戻し続ける。

忘れられない顔ってあるよね。会った時間や場所も忘れられないんだ。彼女はまさに僕のための女の子さ。世界中に僕らの出会いを分かって欲しいな。

おちていく、そうさ僕は恋におちていく。そして彼女は繰り返し僕を呼び戻し続ける~note

Wings Live in 1975

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »