« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

I am the walrus

ジョンのナンセンス・ソングの傑作です。ジョンが子供の頃に夢中だったルイス・キャロルの「鏡の国のアリス」の中の「セイウチと大工」にインスパイアされた事はジョン本人が認めています。Egg Man はハンプティ・ダンプティを連想させます。再びルーシーが歌詞に登場したり、お巡りさんを茶化したり、ハレ・クリシュナをコケにしたりと盛りだくさんです。ポール死亡説のヒントがこの曲にも盛り込まれています。"ストロベリー・フィールズ"のエンディングでジョンが"I buried Paul"(ポールを埋葬した)と呟いてますが、ジョンはクランベリー・ソースって言ってると弁明してます。今回この曲のエンディングでは"Paul is dead"と聞こえる箇所があります。エンディングはいろんな音が混在しているので、聴きとりにくいのですが、これも含めてビートルズのお遊びなので素直に付き合いましょう。この曲の歌詞は文法的におかしいものや、ジョンの造語もちりばめられているので、訳詞が難しいですが、それだけ楽しみも多いです。

note僕は彼、君は彼で、君は僕だから僕らはみな一緒。銃から逃げ惑う豚ども。すっ飛んでくぜ。見てみなよ。泣けるぜ。コーンフレークに座ってバンが来るのを待っている。企業のTシャツ、間抜けなひどい火曜日。君はいけない子だね。さえない顔しちゃってさ。

僕はエッグマン、あいつらもエッグマン、僕はセイウチ、goo goo g'joob

街のお巡りさんが座っている。ちっちゃくて可愛いお巡りさんが一列になって・・・。見てみなよ、空の上のルーシーみたいに飛んで行く。見てみなよ、あいつらの走りっぷりもさ。泣けるぜ、泣けてくるぜ、泣けるぜ、まったく泣けてくるぜ。

黄色い膿のカスタード、死んだ犬の目から滴り落ちる。カニのロッカー、魚売りの女、ポルノっぽい尼さん、君はいけない娘だね、下着を下ろしちゃってさ。

僕はエッグマン、あいつらもエッグマン、僕はセイウチ、goo goo g'joob

英国風の庭に座って太陽が出てくるのを待っている。もし太陽が出て来なかったら、英国風の雨の中にたたずんで、日焼けをするさ。

僕はエッグマン、あいつらもエッグマン、僕はセイウチ、goo goo g'joob g'goo goo g'joob

物書きの達人、息が詰まりそうな愛煙家、ジョーカーに笑われているって思わないのかい?見てみなよ、あいつらの笑いっぷり。まるで豚小屋の豚みたい。見てみなよ、あいつらの皮肉たっぷりの薄笑い。泣けるぜ。

セモリナ粉のイワシがエッフェル塔を登っていく。初歩的なペンギンがハレ・クリシュナを歌っている。あいつらがエドガー・アランポーを蹴飛ばすところは見ておくべきだったね。

僕はエッグマン、あいつらもエッグマン、僕はセイウチ、goo goo g'joob g'goo goo g'joobnote

Cover-Version by Oasis

Cover-Version by Jim Carrey

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

Your mother should know

TV映画「マジカル・ミステリー・ツアー」のエンディング・シーンで使用された曲です。これもポールならではの曲調です。ポールだけが白い燕尾服の胸に黒いバラを付けているため、これもポール死亡説云々のネタになっていました。

noteさあ、みなさん、立ち上がって、あなたのお母さんが生まれる前にヒットしていた曲に合わせて踊りましょう。お母さんが生まれたのは随分昔のことですが、あなたのお母さんならご存知のはずです。きっとご存知のはずですよ。

さあ、もう一度歌いましょう。

さあ、みなさん、立ち上がって、あなたのお母さんが生まれる前にヒットしていた曲に合わせて踊りましょう。お母さんが生まれたのは随分昔のことですが、あなたのお母さんならご存知のはずです。きっとご存知のはずですよ。

心軽やかに私に歌って聞かせてください。お母さんが生まれる前にヒットしていたあの曲を・・・。お母さんが生まれたのは随分昔のことですが、あなたのお母さんならご存知のはずです。きっとご存知のはずですよ。

さあ、もう一度歌いましょう。

お母さんが生まれたのは随分昔のことですが、あなたのお母さんならご存知のはずです。きっとご存知のはずですよ。

Your mother should know. Your mother should know.

Your mother should know. Your mother should know.note

Anthology-Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

Blue Jay Way

ジョージの曲ですが、えらく幻想的な雰囲気を感じさせます。ロサンジェルスのBlue Jay Way という通りに借りていた自宅で、ビートルズの広報担当のデレク・テイラーが遊びに来るのを待っていたジョージは、なかなかやって来ない彼に業を煮やして?この曲を書いたというエピソードは有名ですが、歌詞は別としてジョンの曲のようなアレンジがされています。この頃のビートルズはそうですが、チェロを効果的に使用している曲が多いです。

noteロサンジェルスに霧が立ち込めている。友だちは道に迷ってしまった。「すぐに着くよ」って言っていたのに・・・。今では代わりに彼ら自身を見失っている。

長く待たせないでよ。お願いだからこれ以上長く待たせないでよ。長く待たせないでよ。さもなきゃ寝てしまうよ・・・。

思っていた通りの展開になったね。それで僕は何処に行けばいいか彼らに教えてあげた。通りにいる警察官に訊けばいい。そこらじゅうに立ってるはずさ。

長く待たせないでよ。お願いだからこれ以上長く待たせないでよ。長く待たせないでよ。さもなきゃ寝てしまうよ・・・。

もうとっくに寝る時間は過ぎてしまった。本当にもう寝たいよ。ここブルー・ジェイ・ウェイで座っている間に、もうすぐ夜が明けてしまう。

長く待たせないでよ。お願いだからこれ以上長く待たせないでよ。長く待たせないでよ。さもなきゃ寝てしまうよ・・・。

長く待たせないでよ。お願いだからこれ以上長く待たせないでよ。長く待たせないでよ~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

Flying

ビートルズの最初で最後のインストゥルメンタル・ナンバーであり、4人の名前がクレジットされているのも初めてです。映画では様々な風景をカラフルなフィルターを通してサイケデリックな演出がなされているシーンで使われています。元々は10分近い曲ですが、2分程度に編集されています。ジョンの弾くメロトロンが時代を感じさせると共に怪しい効果を醸し出しています。フルバージョンも載せておきますので、催眠にかかったように眠りたい人、不眠でお困りの方は是非ご覧下さい。寝むれますよconfident

Full Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

The Fool on the hill

ポールが書いた歌詞の中でも最高のもののひとつではないでしょうか。素晴らしい歌詞です。もちろん曲も良いし、リコーダーやバスハーモニカのアレンジがレコード制作におけるセンスの良さを改めて示しています。

note来る日も来る日も丘の上にひとり。薄ら笑みを浮かべている男はたたずむのみ。誰も彼に声さえかけない。彼をただの愚か者だと思っているから。彼も答えようとはしない。しかし、丘の上の愚か者は沈みゆく太陽を見ている。彼の真理の目は世界が回っていることを知っている。

道の途中で雲から頭を出す。千の声を持つ男がこれ以上ないほどの大声で話している。しかし誰の耳にも届かない。彼が発している音さえも誰にも聞こえない。男はそのことに気づいていないみたい。しかし、丘の上の愚か者は沈みゆく太陽を見ている。彼の真理の目は世界が回っていることを知っている。

みんな彼が嫌いみたいだ。彼がしたいことが分かっているから。彼は決して心を開かない。しかし、丘の上の愚か者は沈みゆく太陽を見ている。彼の真理の目は世界が回っていることを知っている。

彼は決してみんなの言うことに耳を貸さない。愚か者はみんなの方さ、と思っているから。みんなに嫌われていることも分かっている。しかし、丘の上の愚か者は沈みゆく太陽を見ている。彼の真理の目は世界が回っていることを知っているnote

Solo-Version from "Put It There"DVD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

Magical mystery tour

アルバム「サージェント・ペパー」に続き、ポール主導で進められたテレビ映画プロジェクトのタイトル・ソングです。今でいうプロモーション・ビデオの先駆け的作品ですが、当時は映画といえばストーリー性を求めるのが当たり前のような時代であったせいか、67年のクリスマスに放映されたこの作品は、ビートルズ初の失敗作として酷評されました。今見るとVCとして何の違和感もなく、サイケデリックないい作品です。

note寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだよ!

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだよ!

さぁさぁ、お誘いしてるんです。さぁさぁ、予約を入れて下さい。ミステリー・ツアーの始まりだよ!

マジカル・ミステリー・ツアーがあなたをお連れするためにお待ちしています。あなたをお連れするために待っているのです。

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだよ!

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだよ!

さぁさぁ、欲しいものは何でもありますよ。ミステリー・ツアーの始まりだよ!

さぁさぁ、満足すること請け合いです。ミステリー・ツアーの始まりだよ!

マジカル・ミステリー・ツアーはあなたをお連れしたいと願っています。あなたをお連れしたいと願っているのです。

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだよ!

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだよ!

さぁさぁ、お誘いしてるんです。さぁさぁ、予約を入れて下さい。ミステリー・ツアーの始まりだよ!

マジカル・ミステリー・ツアーがあなたをお連れしにやってきます。あなたをお連れしにやってきます。

マジカル・ミステリー・ツアーは是非ともあなたをお連れしたくてたまらないのです。あなたをお連れしたくてたまらないのです。あなたを今日・・・note

Paul McCartney Live in TOKYO DOME, 1993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

Baby you're rich man

シングル”愛こそはすべての”のB面に収録された曲で、ジョンとポールのそれぞれの未完成曲をつなげて仕上げたと言われています。

noteビューティフルな人々の一員になれてどんな気分? 自分がどういう人間か分かった今、君は何になりたいの? かなり遠くまで旅してきたの? 目の届く限り遠くまで?

ビューティフルな人々の一員になれてどんな気分?そこには何回くらい行ったことがあるの? 分かるくらいの回数? そこにいるとき何を見たの? 見えないものはない。

ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君も金持ちだ。君は持ち金ぜんぶを大きな茶色のバッグにいれて動物園の中に隠している。何てことをするんだ! ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君も金持ちだ。

ビューティフルな人々の一員になれてどんな気分? ナチュラルEにチューニングして、そのやり方で満足。別のキーを見つけてしまった今、何をプレイするつもり?

ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君も金持ちだ。君は持ち金ぜんぶを大きな茶色のバッグにいれて動物園の中に隠している。何てことをするんだ! ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君も金持ちだ。

ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君は金持ちだ。ベイビー、君も金持ちだnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

All you need is love

世界初の衛星中継放送を記念した番組「OUR WORLD」のイギリス代表として、新曲のレコーディング風景を全世界に生中継するという企画でした。当時は白黒放送だったみたいですが、後にデジタル処理でカラーになっています。子供の頃、両親がこの番組を夜中に見ていて、たまたま目が覚めて起きて行って一緒に見た記憶があります。ビートルズを知らなかった頃の話です。愛こそはすべて、という60年代のフラワー・チルドレンのアンセム・ソングです。

noteLove, Love, Love, Love, Love, Love, Love, Love, Love

できるはずもないことをやろうたって無理さ。歌えるはずもないことを歌おうったって無理。何も言えなくても、ゲームのやり方なら覚えられるさ。簡単だよ。

作れるはずもないものを作ろうたって無理さ。救えるはずもない人を救おうたって無理。何もできなくても、いつかは自分自身になる方法を学べるはずさ。簡単だよ。

必要なのは愛さ、愛があればいい。必要なのは愛、愛なんだ。愛こそはすべて。

必要なのは愛さ、愛があればいい。必要なのは愛、愛なんだ。愛こそはすべて。

知られていないことを知ろうとしても無理さ。見れないものを見ようとしても無理。何処にもいられないとしても、元々そこは君がいるべき場所じゃないのさ。簡単だよ。

必要なのは愛さ、愛があればいい。必要なのは愛、愛なんだ。愛こそはすべてnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

A day in the life

ジョンの傑作のひとつですが、ジョンが辛口の評価をしていたアルバム「サージェント・ペパー」も、この曲のおかげでさらに評価を高めたという事実があります。二度にわたるオーケストレーションによる高揚感、あるいはケイオスの表現が麻薬による影響を連想させる、とか I'd love to turn you on という表現も性的な興奮や麻薬による恍惚感を連想させる、とかいうくだらない理由でBBCで放送禁止になっていますが、文化先進国のイギリスにおいてさえ、当時まだ保守的で時代がビートルズに追いついていなかったということなのでしょう。

note今日新聞で読んだよ、なんともはや、成功した運のいい男の記事さ。どちらかというと悲しいニュースだったけど、笑わずにはいられなかったね。写真を見たんだ。彼は車の中で気が変になっちゃって、信号が変わったことに気付かなかったんだ。野次馬がたくさん集まって遠巻きに見つめていたんだけど、見覚えのある顔だった。でも誰も彼が上院議員かどうかは確信できなかった。

今日映画を見たんだ、なんともはや、英国陸軍が勝利を収めた映画さ。多くの観客はそっぽを向いたけど、僕は見ずにはいられなかった。本で読んだことがあったのさ。

君をしびれさせたいな・・・。

目が覚めて、ベッドから転がり落ちる。櫛で引きずるように髪をとかし、何とか階下に降りてお茶を一杯飲んだ。時計を見上げると、遅刻は明らか。コートを見つけて帽子をつかみ、ぎりぎりでバスに間に合った。二階に上がって一服した。誰かがしゃべっているけど、僕は夢の中・・・。

今日新聞で読んだよ、なんともはや、ランカシャーのブラックバーンの4000個もの穴。穴はどちらかいうと小さかったけど、全部数えなければならなかった。今じゃアルバート・ホールをいっぱいにするのにいくつの穴がいるか分かっている。

君をしびれさせたいな・・・note

Paul McCartney Live in Liverpool, 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

Sgt. Pepper's lonely hearts club band (Reprise)

ペパーバンドのエンディング曲ということで、オープニング曲のリプリーズですが、ポールらしいアイデアです。アルバム「サージェント・ペパー」がコンセプト・アルバムと呼ばれた所以かもしれません。ジャケットを含めたトータル・パッケージとして歌詞をアルバムの裏面に印刷するなど、過去誰もやらなかったことを初めてやり遂げたビートルズの創造力はやはり突出しています。

noteサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。ショウを楽しんでいただけましたでしょうか? サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。残念ながらお別れの時間です。

Sergeant Peppers' Lonely  Sergeant Peppers' Lonley 

Sergeant Peppers' Lonely  Sergeant Peppers' Lonely 

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。もう一度御礼申し上げます。唯一無二のサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。もう少しでお別れです。

Sergeant Peppers' Lonely 

Sergeant Peppers' Lonely

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

Good morning, good morning

ケロッグ・コーンフレークのCMを見て思いついた、とジョンは述べていますが、捨て曲だとも言っています。基本的にアルバム「サージェント・ペパー~」には手厳しい評価をしているジョンですが、自分の曲もあっさりと切り捨てる公平さは彼らしいです。ポールのギター・ソロが素晴らしいです。ビートルズのベスト・ギタリストはポールかもしれませんね。

noteGood morning, good morninig, good morning・・・

彼の命を救う手立てはない。奥さんを呼んでくれ。「なんてこった! 息子はどうしてる?」これしか言うことはないね。できることは何もない。すべては君次第さ。本当に言うことは何もない。ただ「大丈夫さ」って言うこと以外にはね。

Good morning, good morninig, good morning・・・

出勤途中、行きたくない、気持が滅入る。帰宅途中君はぶらぶらし始める。そのうち君は街の中。

やることが何もないことはみんな知ってる。どこも閉まっていて、まるで廃墟みたい。見かける人はみんな半分眠っている。君は独りきりで通りにいる。

しばらくすると君は微笑み始め、今はクールな気分。それから懐かしい学校のそばを散歩することにする。何も変わっていない。相変わらず同じまま。本当に言うことは何もない。ただ「大丈夫さ」って言うこと以外にはね。

Good morning, good morning, good morning・・・

人々が走りまわる。5時だ。街のどこもかしこも暗くなり、見かける人はみんな生命感に溢れ、お茶と”ミート・ザ・ワイフ”の時間だ。

誰かが時間を知りたがっている。ここにいて良かったよ。スカートを見ていると、君は不埒な気分になってきて、今はもうやる気満々。ショウに行く。彼女も来てくれることを望む。本当に言うことは何もない。ただ「大丈夫さ」って言うこと以外にはね。

Good morning, good morning, good morning・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

Lovely Rita

交通課の婦警さんの歌です。ポールらしい着想の曲ですが、ジョンは嫌っていたみたいです。「俺は自分のことを書きたい。交通婦警のことなんて何にも知っちゃいないから・・・」とはジョンの弁ですが、ジョージ・マーチンのピアノソロはいい感じです。

note可愛いリタは駐車違反を取り締まる女性係官。Lovely Rita, meter maid.

可愛いリタは駐車違反を取り締まる女性係官。僕らを邪魔するものは何もない。暗くなったら君のハートをさらっていくよ。リタをちらっと見かけた時、あの娘はパーキング・メーターのそばに立っていた。小さな白い冊子の違反切符に書き込んでいるところだった。帽子を被っていると老けて見えた。バッグをたすき掛けにしていたせいで軍人さんみたいに見えた。

可愛いリタは駐車違反を取り締まる女性係官。ちょっとお尋ねしてもよろしいですか?一緒にお茶でもって思っているのですが、いつがお暇でしょう?

彼女を連れ出して、ハートをつかもうと頑張った。ディナーを食べながら笑って、ぜひもう一度会いたいって伝えたんだ。勘定書が来てリタが払ってくれて、彼女を家まで送って、ひょっとしたらイケるかもって思ったら、ソファに妹がひとりふたり座ってた。

可愛いリタは駐車違反を取り締まる女性係官。君なしではどうにもらないよ。ウインクしてよ、そしたら君のことずっと思っているよ。

可愛いリタは駐車違反を取り締まる女性係官。Lovely Rita, meter maid~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

When I'm sixty-four

ポールらしい曲です。ジョンの言葉を借りれば「俺なら夢の中でも絶対に書かないような曲さ」ということです。

note僕がもっと歳をとって、今から何年も先に髪の毛が薄くなっても、まだヴァレンタインを送ってくれるかな? 誕生日にはワインをひとビン贈ってくれるかな?

夜中の2時45分になっても僕が帰らなかったなら、ドアに鍵を掛けられるのかな?まだ僕を必要にしてくれるかな? まだ僕を食べさせてくれるかな?僕が64歳になっても・・・。

君だって歳をとるんだよ。もし君があの言葉を言ってくれたら、君と一緒にいられるはずさ。

電気が切れたら、ヒューズも直せるし、僕は便利だよ。君は暖炉のそばでセーターを編んで、日曜日の朝にはドライブに行こう。庭いじりをして、雑草を抜き、誰がこれ以上望むだろうか?まだ僕を必要にしてくれるかな? まだ僕を食べさせてくれるかな?僕が64歳になっても・・・。

毎年夏にはワイト島で別荘を借りよう。まぁあんまり高くなければの話だけど・・・。節約してお金をためよう。君は孫たちを膝に乗せている。ヴェラにチャックにデイブさ。

はがきを送って、ご一報下さい。あなたの意見を忘れずに・・・。簡潔に意味が分かるようにお願いします。敬具なんて無用だよ。

返事待ってるよ。書式に全部書いて・・・これから先ずっと僕のものだと・・・。まだ僕を食べさせてくれるかな?僕が64歳になっても・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

Within you without you

ジョージの最高傑作のひとつではないでしょうか? 特に歌詞が素晴らしいです。若い頃、部屋で香を焚いて、この曲をへッドフォンで大音量で聴きながら瞑想するというのをよくやっていました。何も変わりませんでしたが、チョッとだけいい気持ちになることがありました。何をやっていたのでしょうね、今思うと自分の行動が不思議です。

note僕らは僕たちみんなの間に存在する空間について話していたんだ。そして幻想の壁の陰に隠れてしまう人々についても話していたんだ。真実をチラリと見ることさえせず、死ぬ時になってそうしても、もはや手遅れさ。

僕らは僕たちで分かち合える愛について話していたんだ。それが見つかれば、僕らの愛でそこに包み込むために最善の努力をしよう。そのことにさえ気づいたら、僕らの愛で世界を救えるはずさ。

それはすべてあなたの心の内にあることを何とか悟って欲しい。あなた自身以外、誰もあなたを変えることはできない。そしてあなたは本当に取るに足らない小さな存在であることを認識して欲しい。そして人生はあなたの内側と外側で流れているということを・・・。

僕らは冷めきった愛について話していたんだ。そして世界を手に入れて魂を失った人々についても話していたんだ。彼らは分からない。彼らには見えない。あなたもその中のひとりかな?

自分自身のすべてを理解できたなら、そこに心の安寧が待っていることを悟るかもしれない。そして僕らはひとつであり、人生はあなたの内側と外側で流れていることが分かる時がいつか訪れるだろうnote

Cover Version by Oasis

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

Being for the benefit of Mr. Kite !

ジョンが骨董屋で見つけたヴィクトリア朝時代のサーカスのポスターからインスパイアされて書いた曲らしいです。イギリスでは昔から移動遊園地とかサーカスがあって、現在はどうか知りませんが、僕が滞在していた1988年当時は移動遊園地がありました。住んでいた所の近くの公園にある日突然、遊園地が出現した時は驚きましたが、大丈夫かなって心配になるくらい簡単に、人が乗れるアトラクションが設置されました。何だか日本の遊園地とは趣が違う、とてもノスタルジックな雰囲気で、当時この曲をすぐに思い出しました。ジョンはこの曲を頭数合わせの1曲くらいにしか思っていなかったようですが、僕は好きです。特にアレンジが良いですよね、サーカスの雰囲気が良く出ています。

noteカイト氏のために、今宵トランポリンの上でショウが行われます。最近までパブロ・ファンクス・フェアに出演していたヘンダーソン一家が総出演します。何という見物でしょう!人や馬を飛び越え、大きな輪やゴムベルトをくぐり、最後には本当の火のついた大樽をくぐり抜けます。このようにしてカイト氏は世界に挑戦するのです!

有名セレブのK氏は土曜日に、ビショップスゲートでその離れ技を披露します。ヘンダーソン一家が歌い踊り、カイト氏は輪を飛び抜けます。お見逃しなく!KおよびH諸氏は皆様に彼らの演しものが誰にもひけをとらない事を保証いたします。もちろん、馬のヘンリーがワルツを踊りますhorsenotes

バンドは6時10分前に演奏を始め、K氏は音もなくトリックを披露します。そしてH氏は固い地面の上で連続10回のとんぼ返りを披露します。準備に数日を要したこの演しもの、皆様に最高のひと時を保証いたします。そして今宵トリを務めますのはカイト氏です!note

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

She's leaving home

ポール得意の物語風の曲ですが、アレンジが少し凝りすぎているため何だかミュージカル曲みたいで、好き嫌いの別れるところです。歌詞が社会風刺になっているというか、物質的な豊かさを与えられるだけでは人は幸せになれないということですね。これがラブソングだったらジョンは絶対にこの曲のサージェント・ペパーへの収録に断固反対したでしょうね。歌詞で救われています。

note水曜日の朝5時、一日の始まりに静かに寝室のドアを閉め、もう少し書き足したいと思いながら書置きを残して、階下のキッチンに降りて行く。手にはハンカチを握りしめて・・・。静かに裏口の鍵を回し、外に踏み出すと彼女は自由。

She (あの娘には私たちの人生のほとんどを捧げてきた)

is leaving (人生のほとんどを犠牲にしてきたのに)

home (おカネで買えるものは何でも買い与えたのに)

彼女は家を出て行く、何年もずっと独りで生きてきたこの家を・・・(バイ・バイ)

父親はいびきをかいて寝ている。それで母親がガウンをはおり、そこにあった書置きを手に取り、階段の一番上で独り立ちつくす。彼女は夫の足元に泣き崩れた。あなた、あの娘がいなくなっちゃったわ・・・。なぜこんな思いやりのないことが私たちにできるの? よくもこんな真似が私たちにできるわね・・・。

She (これまで自分たちのことは考えもしなかった)

is leaving (自分たちのためを思ったこともなかった)

home (なんとかやり繰りするために一生懸命に頑張ってきたのに)

彼女は家を出て行く、何年もずっと独りで生きてきたこの家を・・・(バイ・バイ)

金曜日の朝9時、彼女はもう遠いところ。約束した相手と落ち合うために待っている。車の商取引をしている男と会うのだ。

She (私たちは何を間違ったのかしら)

is having (それが間違いだったとは知りもしなかった)

Fun (楽しみだけはおカネで買えないのね)

心に秘めた思いは何年も、いつだって否定され続けてきたから・・・(バイ・バイ)

彼女は家を出て行く(バイ・バイ)note

Paul McCartney Live in 2002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

Fixing a hole

4人の中で最もドラッグに手を出すのが遅かったポールは、いち早くLSDの使用を認めるコメントを記者にしたことで物議を醸しましたが、そのポールがLSD体験から書いたと思われる曲です。素晴らしい曲ですが、この歌詞で何を言いたいのかよく分かりません。ある種のドラッグを使用すると、物事を達観し俯瞰する傾向にあるようです。ビートルズが一段と高い精神世界への旅に出て行ったのは、ドラッグの影響抜きには語れないのも事実です。

note雨が入って来る穴を修理しているんだ。心が赴くままに彷徨うのを妨げているから。ドアの向こうまであいたひび割れを埋めているんだ。心が赴くままに彷徨うのを妨げていたから。

僕が間違っていたとしても、。ぜんぜん大した問題じゃない。僕がいるところが正しいんだ。いるべきところにいるってことさ。あそこに立っている人たちを見てごらん。反対しかしない、負け組の人たち、僕のドアから入り込めないのを不思議に思っている。

僕は部屋をカラフルに塗っているとろなんだ。心が彷徨えば、僕も一緒にそこに行く。

僕が間違っていたとしても、。ぜんぜん大した問題じゃない。僕がいるところが正しいんだ。いるべきところにいるってことさ。愚かな人たちが走り回っている。彼らは僕を悩ませるけど、どうして僕のドアを通って来られないかは決して訊かない。

僕はたくさんのことをゆっくり時間をかけてやっているんだ。昨日は重要じゃなかったことでも、僕は依然として赴くままに行くんだ。

雨が入って来る穴を修理しているんだ。心が赴くままに彷徨うのを妨げているから。心が赴くままに・・・。

雨が入って来る穴を修理しているんだ。心が赴くままに彷徨うのを妨げているからnote

Paul McCartney Live in 1992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

Getting better

Wings の曲と言っていいほど、見事なまでのポール節というか、ポール以外誰も書かないような曲です。ただ面白いのは歌詞の中で「昔の僕は女性に冷淡だった。殴りつけていたし、彼女が好きなものから遠ざけさせていた・・・」という部分がありますが、この部分はジョンが書いたということです。確かに若い頃のジョンそのものですが・・・。曲自体はタイトル通り、楽観的なポップソングです。

noteいつだってだんだん良くなるものさ。昔は学校では怒れる生徒だったんだ(いや、文句は言えないな)。教えを授ける先生たちはみんな分かってなかったよ(いや、文句は言えない)。僕を押さえつけ、小突きまわして自分たちの規則で締め付けた(バカげた規則さ)。

確かに良くなってるね、認めるよ(Better)。いつも少しずつだけどね良くなってるよ(これ以上悪くはならないさ)。確かにだんだん良くなっている(Better)。君が僕のものになって以来だんだん良くなってきてるよ。

かつて僕は怒れる若者だった。現実から目をそらしていたんだ。君の言葉でやっと聞く耳を持ったんだ。今は精いっぱいのことをやっているよ。

確かに良くなってるね、認めるよ(Better)。いつも少しずつだけどね良くなってるよ(これ以上悪くはならないさ)。確かにだんだん良くなっている(Better)。君が僕のものになって以来だんだん良くなってきてるよ。

いつだってだんだん良くなるのさ。良くなるんだよ。Better, better, better. だんだん良くなるのさ。Better, better, better.

かつての僕は女性に冷淡だった。殴りつけたり、彼女が愛しているものから遠ざけようとしていた。僕はさもしい男だったんだ。でも今はそんな自分を変えようとしている。精いっぱいのことをやっているよ

確かに良くなってるね、認めるよ(Better)。いつも少しずつだけどね良くなってるよ(これ以上悪くはならないさ)。確かにだんだん良くなっている(Better)。君が僕のものになって以来だんだん良くなってきてるよ。

いつだってだんだん良くなるのさ。良くなるんだよ。Better, better, better. だんだん良くなるのさ。Better, better, better.

いつだってだんだん良くなるのさnote

Paul McCartney Live in 2002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

Lucy in the sky with diamonds

この曲もLSDがらみ云々が語られていますが、ジョン自身が生前何度も否定してきているので、ジュリアンが子供の頃に書いた絵のタイトルという事でいいと思います。むしろジョンが子供の頃に夢中だったルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」がモチーフになっているのではないでしょうか、ジョンもそんなことを言ってたような記憶もありますが、定かではありません。歌詞はサイケデリックでファンタジックで素晴らしいです。

note川に浮かべたボートに乗っている自分を思い描いてごらん。そばにはタンジェリンの木々、そしてマーマレードの空。誰かが君を呼ぶ、君はすごくゆっくりと答える。万華鏡の目をした女の子だ。

黄色や緑色のセロファンの花々が君の頭上高くそびえている。瞳に太陽が輝く女の子を探してごらん。ほらもういないよ。

ルーシーはダイヤを持って空の上。Lucy in the sky with diamondsshine Lucy in the sky with diamondsshine

彼女を追いかけて泉のそばの橋まで行ってごらん。揺り木馬に乗った人たちがマシュマロ・パイを食べている。花々の間を縫うように過ぎる君を見て、みんなが笑っている。信じられないくらい高く伸びた花々。

新聞のタクシーが岸辺に現われ、君を連れ去ろうと待ち構えている。頭を雲の中に入れて、後ろによじ登ってごらん。ほら君はもういない。

ルーシーはダイヤを持って空の上。Lucy in the sky with diamondsshine Lucy in the sky with diamondsshine

駅に停車している列車に乗っている自分を思い描いてごらん。姿見のネクタイをした粘土細工のポーター達も一緒。突然誰かが回転式の改札口に現われる。万華鏡の目をした女の子だ。

ルーシーはダイヤを持って空の上。Lucy in the sky with diamondsshine Lucy in the sky with diamondsshinenote

Elton John Live in 1974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

With a little help from my friends

My Friends とはドラッグの事だとか何とかいう話もありましたが、歌いやすい曲ですし、かけ合いコーラスでも楽しんで一緒に歌うのがよろしいかとsmile

noteもし僕が調子っぱずれに歌ったら、君はどう思うかな?立ち上がって出て行っちゃうかな?一曲歌うからちょっと聞いて欲しいんだ。キーを外さないように頑張って歌うからさ。

友だちにちょっと手伝ってもらって何とかするよ。友だちにちょっと手伝ってもらってハイになる。友だちにちょっと手伝ってもらって、やってみるつもりさ。

恋人が去っていったら、どうしたらいいんだろう?(独りになるのを心配しているのかい?) 一日の終わりにはどんな気分になるんだろう?(自分の寂しさが悲しいのかい?)

いや、友だちにちょっと手伝ってもらって何とかするよ。友だちにちょっと手伝ってもらってハイになる。友だちにちょっと手伝ってもらって、やってみるつもりさ。

(誰かが必要かい?) うん、愛する人が欲しいよ。(誰でもいいのかい?) 誰か愛する人が欲しい。

(一目惚れって信じるかい?) うん、確かにそれだったらしょっちゅうあることだよ。(灯りを消したとき、何が見えるかな?) 言えないけど、僕のものだって事は分かるよ。

友だちにちょっと手伝ってもらって何とかするよ。友だちにちょっと手伝ってもらってハイになる。友だちにちょっと手伝ってもらって、やってみるつもりさ。

(誰かが必要かい?) うん、愛する人が欲しいよ。(誰でもいいのかい?) 誰か愛する人が欲しい。

友だちにちょっと手伝ってもらって何とかするよ。友だちにちょっと手伝ってもらってハイになる。友だちにちょっと手伝ってもらって、やってみるつもりさ。

そう、友だちにちょっと手伝ってもらって何とかするよ。

友だちにちょっと手伝ってもらってねnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

Sgt. Pepper's lonely hearts club band

今日からポップ・ミュージックの金字塔、ビートルズ最高傑作として名高いアルバム「SGT. PEPPER'S~」の収録曲です。確かに素晴らしいアルバムです。が、ポール主導で製作が進められたこともあってか、ジョンは最後までこのアルバムには否定的でした。ポール死亡説はビートルズが仕掛けたお遊びですが、このアルバムにもたくさんそのコンセプトが仕込まれています。いずれにしろ名盤です。

note20年前の今日のことだったんです。ペパー軍曹がバンドに演奏を教えたのです。それ以来、流行りすたりはありましたが、思わず微笑んでしまうのは受け合います。それではご紹介しましょう。もうすっかり皆様にはお馴染みの、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。ショウをお楽しみ戴ければ幸いです。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。今宵ゆっくりとおくつろぎいただきたく存じます。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。ここに出演できて幸せです。本当にドキドキします。本当に素晴らしいお客様。一緒に自宅に連れて帰りたいくらいです。家までお連れしたいです。

ショウを中断したくはないのですが、皆様にお知らせしておいた方がいいと思いまして。それはこれから歌手が一曲歌いますが、彼は皆様にもご一緒に歌って戴きたいそうです。それではご紹介いたしましょう。唯一にして無二のビリー・シアーズです。そしてサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドですnote

Jimi Hendrix Live in 1967

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

Penny Lane

Strawberry Fields とのカップリングで両A面最強シングル曲ですが、2曲とも故郷リバプールにノスタルジックなモチーフを求めています。リバプールに行った際、ペニーレーン辺りを歩きながら、床屋さんがあった所で記念写真を撮ったり、この歌を口ずさみながら散策したりしました。ジョンがシンシアと最初に暮らしていたフラット、バスのロータリー等、リバプールはロンドンよりビートルズを身近に感じます。

noteペニー・レーンには床屋さんがあって、彼が今までに刈ったお客さんの頭の写真を全部自慢げに飾っている。通りを行き交う人たちは立ち止まってハローと言う。

角には車のそばに銀行員がいる。小さな子どもたちが彼の後ろで笑っている。銀行員は土砂降りの時でも絶対にレインコートを着ない。とても不思議。

ペニー・レーンは僕の耳と目の中にある。郊外のあの青い空の下、腰を下ろしあの頃に思いを馳せる。

ペニー・レーンに砂時計を持った消防士がいる。ポケットの中には女王陛下の肖像写真。彼は消防車をきれいにしておくのが好き。だから消防車はピカピカ。

ペニー・レーンは僕の耳と目の中にある。夏には四個入りのフィッシュ&フィンガー・パイをひとつ。そんなあの頃に思いを馳せる。

ロータリーの真中にある待合所の後ろで、可愛い看護婦さんがトレーにのせたケシの花を売っている。彼女は劇の中にいるような気分だけど、どのみちそうだ。

ペニー・レーンの床屋さんが別のお客さんの髭を剃っている。銀行員が座って散髪の順番を待っているのが見える。そうしたら消防士が土砂降りの雨の中から駆け込んでくる。とても不思議。

ペニー・レーンは僕の耳と目の中にある。郊外のあの青い空の下、腰を下ろしあの頃に思いを馳せる。

ペニー・レーンは僕の耳と目の中にある。郊外のあの青い空の下、腰を下ろしあの頃に思いを馳せる

ペニー・レーンnote

flairフィンガー・パイはリバプールでのスラングでフィンガー・ペッティングの意味flairフィッシュ&チップス(イギリスの伝統的なファストフード)との造語でしょうか?ポールのお遊びでしょうflair

Paul McCartney Live in Kiev 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

Strawberry fields forever

公式テイク曲が二つのキーもテンポも違うバージョンを巧みな編集作業で繋げて仕上げた話は有名ですが、ビートルズの全作品の中で個人的には最も好きな曲です。イントロからエンディングまで、これほどまでに聴く者の想像力をかきたて、また逆に静寂と呼べる安寧に導く曲はありません。ジョンの、ビートルズの、ポップ・ミュージック史上のマスター・ピースです。だからこそ67年発売当時、イギリスのシングルチャートで1位になれなかったのでしょう。時代の遥か先を行く傑作だったからです。大衆に迎合することなく、自己表現に妥協を許さないアートの域にポップ・ミュージックが到達した瞬間だったのでしょう。曲のタイトル通り、フォーエバーな曲です。

note連れていってあげよう、僕も行くところだから、ストロベリー・フィールズへ。現実などなにもなく、こだわることも何もない。ストロベリー・フィールズよ永遠に

目を閉じていれば生きることは容易い。見るものすべてを誤解して、ひとかどの人間になるのは段々難しくなっていくが、何とかなるものさ。僕にとってはどうでもいいことさ。

連れていってあげよう、僕も行くところだから、ストロベリー・フィールズへ。現実などなにもなく、こだわることも何もない。ストロベリー・フィールズよ永遠に

僕の木には誰もいないみたいだ。高いか低いかに違いないと言いたいのさ。つまり君とは調子が合わないということだけど、それでいいんだ。つまり、そんなに悪くないって思っているんだ。

連れていってあげよう、僕も行くところだから、ストロベリー・フィールズへ。現実などなにもなく、こだわることも何もない。ストロベリー・フィールズよ永遠に

いつも、いや時々それが僕だと思って欲しい。でもいいかい、それが夢である時は僕も知っている。僕自身分かっていると思う、つまり「イエス」さ、でも全部間違っている。つまり僕は賛成していないってことさ。

連れていってあげよう、僕も行くところだから、ストロベリー・フィールズへ。現実などなにもなく、こだわることも何もない。ストロベリー・フィールズよ永遠に

ストロベリー・フィールズよ永遠に

ストロベリー・フィールズよ永遠にnote

Another Version

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 7日 (土)

Tomorrow never knows

ジョンのサイケデリック作品の傑作です。サウンドも実験的ですが、何と言っても東洋思想に影響を受けた歌詞が秀逸です。ジョンの言葉を借りれば「僕のチベット死者の書の時代の曲」ということですが、死は終わりではなく始まりである、という輪廻転生思想に言及しています。

note心を止めて、リラックスして下流へと漂ってゆけ。それは死ではない、それは死ではない。

全ての思考を止めて、虚無に身を任せよ。それは光明、それは光明。

それが内なる意味を理解することかもしれない。それが存在、それが存在。

愛がすべて、愛はすべての人。それは知ること、それは知ること。

無知と憎悪が死者を悼むとき、それが信じること、それが信じること。

しかし自分の夢の色に耳を傾けよ。それは生きることではない、それは生きることではない。

さもなきゃ、存在というゲームを始まりの終わりまでやり続けよ

始まりの終わりまで・・・

始まりの終わりまで・・・

始まりの終わりまで・・・note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

Got to get you into my life

ポールは本当に器用な作曲家というか、どんな曲を作らせても上手いですね。ブラスセクションのアレンジが素晴らしいのですが、ベースラインがリードラインになっているので、やはりこれもポールのアイデアなのでしょうね、凄い人です。歌詞がいま一つのポールですが、この曲はジョンも珍しく褒めちぎっていました。「ポールのベストソングのひとつだね。特に歌詞がいい。彼も努力すれば、いい歌詞が書けるという見本がこれだ・・・」とジョンは80年のプレイボーイ・インタビューで答えています。ジョンはポールがLSD体験を歌にしたのだろう、と言っていますが、確かに「君」をLSDだと考えると興味深い歌詞になりますね。

note僕は孤独だった。車に乗って出かけたんだ。何が見つかるか知りもしなかったけど、別の道を行けば、もしかしたら違った心もようを見ることができるかもしれない。すると突然君と出会った。君が必要だって言ったっけ? 僕の人生の一日一日にね・・・。

君は逃げなかったし、嘘もつかなかった。君は僕がただ君を抱きしめたがっているのを分かっていたね。たとえ君が去って行っても、君はいずれ僕らが再会することを分かっていたし、だってこの僕がそう言ったからさ。君は僕のそばにいる運命だったんだよ。君に聞いて欲しいんだ。毎日僕らは一緒さ!

君を僕の人生に迎え入れなきゃ!

僕に何ができる? 僕は何になれる? 君と一緒にいる時は、ただそこにずっといたいだけ。もし僕の気持が本物なら、君のそばを離れることはないよ。もしそうしたとしても、君のもとへ帰る道は忘れない。すると突然君と出会った。君が必要だって言ったっけ? 僕の人生の一日一日にね・・・。

君を僕の人生に迎え入れなきゃ!君を僕の人生に迎え入れなきゃ!

僕は孤独だった。車に乗って出かけたんだ。何が見つかるか知りもしなかったけど、別の道を行けば、もしかしたら違った心もようを見ることができるかもしれない。すると突然君と出会った。君が必要だって言ったっけ? 僕の人生の一日一日にね・・・note

Paul McCartney & Wings Version

Earth Wind & Fire Version ミュージカル「サージェント・ペパー」のワンシーンだと思います。ビージーズやピーター・フランプトンの顔が見えますね。懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

I want to tell you

ジョージの曲が同一アルバムに3曲収録されるのは、これが最初で最後ですが(ダブルアルバムのホワイト・アルバムを除く)、ジョンとポールのコーラスが素晴らしく、エンディング辺りでたぶんポールと思われますが、インド音楽風のコーラスを聴かせてくれます。

note君に伝えたいことがあるんだ。僕の頭の中は君に言いたい事でいっぱいなんだ。でも君がここにいると、言葉がみんな零れ落ちてしまうようだよ。

君のそばに行くと、恋の駆け引きがだらだらとした感じになり始める。まぁいいさ、この次あたりで君をものにしてみせるさ。

でも僕が優しくないように見えたとしたら、それは確かに僕だけど、心とは裏腹なんだ。この辺りががややこしいんだけどね。

君に伝えたいことがあるんだ。でも何故だか分からないけど、身動き出来ない感じだよ。気にしないさ。永遠にだって待てるよ。時間はたっぷりあるしさ。

時々、君のこともっと深く知りたいなって思うけど、そうすれば心の裡を話せて、君に想いを伝えられるはずさ。たぶん君も分かってくれるかも。

君に伝えたいことがあるんだ。でも何故だか分からないけど、身動き出来ない感じだよ。気にしないさ。永遠にだって待てるよ。時間はたっぷりあるしさ。

時間はたっぷりあるしさ・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

Doctor Robert

ロンドンのロックスターのドラッグ調達人である"Doctor Robtert" を歌にした曲です。典型的なアシッド・ソングです。

note電話をしろって言ったろ? ドクター・ロバートにさ。昼でも夜でもいつでも、ドクター・ロバートはいるから。ドクター・ロバートにさ・・・。君は生まれ変わって気分も良くなる。いろんな事を理解する上で彼は役立つんだ。彼は出来ることは何でもしてくれる。ドクター・ロバート。

気分が落ち込んでいる時は、ドクター・ロバートはやる気を起こさせてくれる。ドクター・ロバートの特別なカップに入った飲み物を飲めばいい。ドクター・ロバートは信じるべき男だよ。助けを必要としている人を助けてくれる。誰もドクター・ロバートのようには上手くできない。

ほらほら、どうだい? 気分が良くなってきただろ? ほらね、ドクター・ロバートが君をそんな気分にしてくれるんだよ。

僕の友だちは国営医療機関で働いている。ドクター・ロバートに会うだけだったら、おカネは払わなくていい。ドクター・ロバートにね。君は生まれ変わって気分も良くなる。いろんな事を理解する上で彼は役立つんだ。彼は出来ることは何でもしてくれる。ドクター・ロバート。

ほらほら、どうだい? 気分が良くなってきただろ? ほらね、ドクター・ロバートが君をそんな気分にしてくれるんだよ。

電話をしろって言ったろ? ドクター・ロバートにさ~ドクター・ロバートにさ・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

For no one

またまたポールのスタンダード曲、バラードの名曲です。フレンチホルンの音もメロディも素晴らしいです。ポールはソロになって映画「ヤァ・ブロード・ストリート」でセルフカバーしていますね。

note君の一日が明ける、君の心は痛む。彼女の優しい言葉が辺りに漂うように残っている。なのに彼女はもう君を必要としていない。

彼女は目覚め、化粧をする。ゆっくりと時間を取って、急ぐ必要も感じていない。彼女はもう君を必要としていない。

彼女の瞳には何も映っていない。誰のためともなく流した涙の向こうに愛のかけらも見えない。何年も続くはずだった愛のなのに・・・。

君は彼女を求め、彼女を必要としている。彼女が私の愛は終わったわ、と言った言葉を君はまだ信じようとはしない。彼女が必要だとまだ思っている。

彼女の瞳には何も映っていない。誰のためともなく流した涙の向こうに愛のかけらも見えない。何年も続くはずだった愛のなのに・・・。

君は家に居て、彼女は出かけていく。彼女が言う、随分前に知っていた人がいたけど、彼はもういない。彼女はその男を必要としていない。

君の一日が明ける、君の心は痛む。彼女が言った言葉で頭がいっぱいになる時がやがて訪れる。君は彼女が忘れられない。

彼女の瞳には何も映っていない。誰のためともなく流した涙の向こうに愛のかけらも見えない。何年も続くはずだった愛のなのに・・・note

From"Yeah ! Broad Street"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

And your bird can sing

全編に流れるように響くギターリフが心地いい曲ですが、作者のジョン自身は嫌ってたようです。歌詞も何だか何を言いたいのかよく分かりません。ジョンの言う通り、一種のホラーですね。Bird は何かの象徴なんでしょうが、ジョンにしか分からない世界かもしれません。歌詞の中に And your bird is green という箇所がありますが、bird にはスラングで女の子以外に、空を飛ぶ物の総称でも使うし、イギリス英語では刑務所の意味もあります。またgreenにはスラングで安物のマリファナの意味もあり、「君は安物のマリファナでブッ飛ぶ」と訳せなくもないです。「君の鳥は緑色」と訳しましたが、本当はドラッグがらみの内容でしょう。アンソロジーのテイクを聴くと、マリファナでもやってたんだろうな、と思うくらいみんなクスクス笑いが止まらない様子です。

note君は自分が欲しいものは何でも手に入れたって言う。しかも君の鳥は歌えると。でも君は僕をものにできない。僕を手に入れることはできないよ。

君は世界の七不思議を全部見てきたという。しかも君の鳥は緑色。でも君は僕が見えない。君には僕が見えない。

君の貴重な宝物が重荷になり始めたら、僕の方を見てごらん。僕がいるよ。僕がそばにいるから。

君の鳥がダメになったら、気分が落ち込むかな? 目覚めるかもしれないね?僕がいるよ。僕がそばにいるから。

君はあらゆる音を聴いたって言う。しかも君の鳥はスイングできる。でも君は僕の声が聞こえない。君には僕の声は聞こえないnote

Anthology Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

Good day sunshine

典型的なポールの曲です。アシッド・ソングやら哲学的な歌詞が多いアルバムの中で、この能天気なまでの明るさはある意味異質ですが、アルバムのアクセント、コントラスト効果という点ではなくてはならない曲です。最後のコーラス部分で転調していきますが、この辺りのセンスがやはりポールの天賦の才能なのでしょうね。

noteいい天気の陽射し、素敵な日の陽射し、Good Day Sunshine sun

笑いが欲しいね。太陽が顔をだすと、自然に笑みが浮かぶ気分さ。特別にいい気分。恋をしているし、いい天気だもの。

いい天気の陽射し、素敵な日の陽射し、Good Day Sunshine sun

二人で散歩する。降り注ぐ陽の光。地面に足が触れるとやけどしそう。

いい天気の陽射し、素敵な日の陽射し、Good Day Sunshine sun

それから木陰で横になる。僕は彼女を愛しているし、彼女も僕を愛している。彼女もいい気分。自分が素敵なのを分かっている。彼女が僕のものだと思うと鼻が高いよ。

いい天気の陽射し、素敵な日の陽射し、Good Day Sunshine sun

Good Day SunshinesunGood Day SunshinesunGood Day Sunshinenote

Live from The Space Within Us

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »