« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

Everybody's got something to hide except me and my monkey

"俺と俺の猿以外はみんな隠し事を持っている" というタイトルが意味深ですが、歌詞も相反する言葉を羅列し、英語の文法も無視して愉快な内容です。言葉を含めた音の響きを重視した曲で、荒々しさと軽快なビートが魅力です。だから今回ばかりは歌詞の翻訳自体あまり意味がないような気がします。

noteCome on, come on, come on, come on

来いよ、は非常な悦び。来いよ、は大変な悦び。来いよ、はのんびりやろうぜ。来いよ、は気楽に行こうぜ。のんびりやろうぜ。気楽に行こうぜ。俺と俺の猿以外はみんな隠し事を持っている。

深くもぐればもぐる程、高く飛べるのさ。高く飛べば飛ぶ程、深くもぐれるのさ。だから来いよ。さあ来いよ。

来いよ、は非常な悦び。来いよ、は大変な悦び。来いよ、は難しく考えるな。来いよ、は気楽に行こうぜ。のんびりやろうぜ。気楽に行こうぜ。俺と俺の猿以外はみんな隠し事を持っている。

外側が内側になれば、内側が外側になる。内側が外側になれば外側が内側になる。だから来いよ。さあ来いよ。

来いよ、は非常な悦び。来いよ、は大変な悦び。来いよ、は難しく考えるな。来いよ、は気楽に行こうぜ。のんびりやろうぜ。気楽に行こうぜ。俺と俺の猿以外はみんな隠し事を持っている。

Come on, come on.....note

Demo Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

Mother nature's son

インド滞在中に作られたアコースティック・ギターによる弾き語り風の曲の中でも完成度の高い名曲です。残念ながらホワイト・アルバムには収録されませんでしたが、ポールの初ソロ・アルバムに収録された"Junk" と共にポールらしいメロディーラインとアレンジのセンスの良さが際立っています。

note貧しい田舎の少年として生まれた、母なる自然の子。日がな一日僕はみんなのためにここに座って歌を歌っている。

山のせせらぎのそばに座り、その水が溢れるのを見ている。流れが奏でる素敵な音楽に耳を澄ませている。

僕は草原の真ん中にいる、母なる自然の子。太陽の下で風にそよぐひな菊が気だるく歌う。

母なる自然の子note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

Yer blues

ジョンが英国におけるブルース・シーンを皮肉って書いたとされています。1969年のトロントでのライブ、ローリング・ストーンズのTVショウでも演奏しています。この時のロックンロール・サーカスでのメンバーはギターに当時クリームのエリック・クラプトン、ドラムスはジミ・ヘンドリックス&エクスピアリアンスのミッチ・ミッチェル、ベースはストーンズのキース・リチャードという豪華なメンバーです。

noteそうさ、淋しいんだ。死にそうだ。死にたいほど淋しいんだよ。それでも死んでいない理由がお前なら分かるはずだろう。

朝が来ると、死にたくなる。夜になっても死にたくなる。それでも死んでいない理由がお前なら分かるはずだろう。

おふくろは空から命を授かり。おやじは大地から、そして俺は宇宙の申し子さ。それがどんな価値があるか、分かるか?淋しいんだ。死にそうだ。それでも死んでいない理由がお前なら分かるはずだろう。

鷲が俺の目をついばみ、ウジ虫が俺の骨を舐めまわす。自殺したい気分だ。ちょうどディランの"ミスター・ジョーンズ" みたいにさ。淋しい。死にたくなる。それでも死んでいない理由がお前なら分かるはずだろう。

真っ黒い雲が俺の心をよぎる。青い霧が俺の魂に取り巻く。自殺したい気分さ。大好きなロックンロールさえ疎ましい。死にたい、そうさ、死にたいんだ。それでも死んでいない理由がお前なら分かるはずだろうnote

John Lennon Live Peace in Toront, 1969

Live from Rock'n' Roll Circus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

Birthday

ジョンとポールの本当の意味での共作はこれが最後です。コーラスにヨーコとリンダそして当時のジョージの妻パティが参加しています。スタジオで即興で作ったのでしょうね、ギターのリフを思いついた時点で出来上がったような曲です。

note今日は君の誕生日だそうだね。僕も今日、誕生日なんだ。みんな言ってるよ、今日は君の誕生日だって。一緒に楽しもうよ。今日が君の誕生日で嬉しいよ。誕生日おめでとう!

そうさ、パーティに行くんだ。そうさ、パーティに行くんだ。そうさ、パーティに行くのさ。

君に踊って欲しいな(Birthday)。チャンスはモノにしなきゃ(Birthday)。君に踊って欲しいな(Birthday)。Dance!

君に踊って欲しいな(Birthday)。チャンスはモノにしなきゃ(Birthday)。君に踊って欲しいな(Birthday)。Dance!

今日は君の誕生日だそうだね。僕も今日、誕生日なんだ。みんな言ってるよ、今日は君の誕生日だって。一緒に楽しもうよ。今日が君の誕生日で嬉しいよ。誕生日おめでとう!note

Paul McCartney Live in Kiev, 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

Julia

ジョンの実母ジュリアに捧げられた曲ではありますが、内容はヨーコへのラブソングです。ドノヴァンに教えてもらったスリーフィンガー奏法を早速試して作られている、とてもキレイな曲です。特にミドルの部分への展開はジョンらしく繊細な響きがあります。

note僕が話すことの半分は意味がない。それでも話をするのは君に届けたいから、ジュリア。ジュリア、ジュリア、大洋の子、僕を呼ぶ。だから僕は愛の歌を唄う、ジュリア。

ジュリア、貝殻の瞳、そよ風の微笑み、僕を呼ぶ。だから僕は愛の歌を唄う、ジュリア。

漂う空のような彼女の髪が、陽の光の中できらきらと揺らめいている。

ジュリア、ジュリア、朝の月、僕に触れて。だから僕は愛の歌を唄う、ジュリア。

心の裡を唄えないときは、ただ気持ちを言葉にするだけ、ジュリア。

ジュリア、眠っている砂、沈黙の雲、僕に触れて。だから僕は愛の歌を唄う、ジュリア。

僕を呼ぶ・・・。

だから僕は愛の歌を唄う、ジュリア、ジュリア、ジュリアnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

I will

素直に聴くと心温まる優しいラブソングですが、振り向いてもくれない女性を何年も愛し続けられるだろうか?という素直な疑問も生じます。無償の愛を人生をかけて貫徹することは崇高なことなのでしょうが、煩悩にまみれた私にはできそうにありません。でも君が望むなら僕はそうする(I will) という決意表明の歌です。君が望むなら・・・というところが案外ミソかもしれませんね。相手が望まないのなら、そうはしないのかもしれませんね。何れにしろメロディーラインが素晴らしいラブソングです。

note僕がどんなに長い間君を愛してきたかなんて誰も知らない。僕が今でも君を愛していることを君は知ってるよね。一生淋しく待ち続けるのかな? 君が望むのなら僕はそうするよ。

だって君を見かけたとき、僕は君の名前すら分からなかった。でもそんなことは本当に大したことじゃなかった。僕の気持は今も変わらないよ。

永遠にいつまでも君を愛するよ。ありったけの気持ちで君を愛するよ。一緒のときはいつでも君を愛するし、離れ離れのときも君を愛するよ。

そしてついに君を見つけたとき、君の歌が辺りを満たす。僕に聞こえるように大きな声で歌ってよ。君のそばに居やすくしてくれるかい?君のやることなすことが僕にはすべて愛しく映る。その日まで待ち続けるよ。そうするよnote

Paul McCartney Live from The Space Within Us

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

Why don't we do it in the road?

ジョンいわくポールの最高傑作のひとつらしいですが、確かに即興演奏風の作品ですし、歌詞も意味深で面白いです。ポールが多重録音を駆使して独りでレコーディングしています。

note道路でやろうじゃないか?

Why don't we do it in the road?  Why don't we do it in the road?

Why don't we do it in the road?  誰も見ちゃいないさ。

道路でやろうじゃないか?note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

Don't pass me by

リンゴ初の作詞作曲オリジナル作品です。彼が好きなカントリー・ウエスタン調に仕上がっています。歌詞が意外な展開になるところが面白いです。

note通りを上って来る君の足音に耳を澄ませている。君の足音に耳を澄ませているけど、足音は聞こえない。君がドアをノックするのを心待ちにしてるけど、僕の家の玄関のドアをさ、でも聞こえないよ。それって君はもう僕を愛していないってこと?

暖炉の上の時計のチクタクいう音が聞こえる。針が動くのが見える。でも僕は独り。今夜君は何処にいるんだろう?でもどうして僕は独りなんだろう?君に会えないよ。それって君はもう僕を愛していないってこと?

僕を避けないで、僕を泣かさないで、僕をブルーにさせないで。だってさ、いいかい。僕が愛しているのは君だけなんだよ。どんなに僕が傷ついているかは君には分からないし、君が出て行くのを見るのがどんなにイヤなことか、君には分からないさ。僕を無視しないで、僕を泣かさないで。

君を疑ったりしてごめんよ。僕はフェアじゃなかったね。君は自動車事故に遭って、髪の毛が抜けてしまったんだね。君が1,2時間遅れるって言うから、僕は言ったんだ、大丈夫だよ、ここで君を待ってるから、君からの連絡を待ってるからってさ。

僕を避けないで、僕を泣かさないで、僕をブルーにさせないで。だってさ、いいかい。僕が愛しているのは君だけなんだよ。どんなに僕が傷ついているかは君には分からないし、君が出て行くのを見るのがどんなにイヤなことか、君には分からないさ。僕を無視しないで、僕を泣かさないでnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

Rocky Raccoon

ポールらしいというか、ポール以外誰も書かないような曲です。短編小説のような物語を作る才能は彼の得意とするところでしょうが、この曲はタイトルからして再びアメリカを茶化す内容だと思われます。Rocky は言わずと知れたアメリカの大自然と雄大さの象徴であるロッキー山脈から取っているでしょうし、Raccoon はアライグマですが、本来ならグリズリーのような大きくて本当に強そうな動物を象徴に持ってきてもよさそうですが、アメリカは強がって見せているだけで、その実は口ほどにもない、という事を皮肉ってパロディにするためにアライグマになったのではないでしょうか?ポールに訊かないと分からないことですが・・・そんな気がします。主人公のロッキーは可愛い恋人を寝取られて、西部劇の主人公のように恋敵に決闘を挑みますが、あっさり返り撃ちに会ってしまいます。仕返しに銃や暴力を使う図式はアメリカ的でもあり、その辺りを皮肉っているのでしょうが、男と駆け落ちして逃げた女なんかに未練を感じる事自体が"ロッキー・グリズリー"になれない理由でしょう。

noteさて、ダコタの山深い所にロッキー・ラックーンという若者が住んでいた。ある日彼の女が男と駆け落ちした。若いロッキーは遠慮会釈もなくやられたことが許せなかった。「やってやる・・・」と言った彼は、ある日街に出かけ安酒場に宿をとった。

ロッキー・ラックーンが部屋に入ると、ギデオン聖書が一冊置いてあるだけの部屋だった。ロッキーは銃を携えて来ていた。恋仇の足を撃ち抜くためだった。大好きな女を寝取られて、彼の夢はそいつに打ち砕かれたようなものだった。彼女の名前はマギル、自称はジル、でもみんなにはナンシーと呼ばれていた。

さて彼女とダンという名の男が隣の部屋でいちゃついているところにロッキーが飛び込んで行き、薄笑いを浮かべながらこう言った「ダニー・ボーイ、けりをつけてやる!」。しかしダニーは見事だった。先に銃を抜いて撃った。ロッキーは部屋の隅に崩れ落ちた。

医者がジンの匂いをまき散らしながら入って来て、そのままテーブルに横になろうと向かった。「ロッキー、恋敵とやり合ったんだな」と医者が言うと、「先生、大したことないぜ、かすり傷さ、すぐに良くなる。すぐに良くなるよ、先生、時期に治るよ」とロッキーは答えた。

それからロッキー・ラックーンが部屋に戻ると、相変わらずギデオン聖書が置いてあるだけの部屋だった。ギデオンがチェックアウトする時に置いていったに違いない。善良なロッキーの復活に役立つように・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

Piggies

ジョージの作品ですが、彼らしくシュールな内容です。最後の一行は強烈な皮肉というか、社会風刺の極みです。ビートルズはスノッブ野郎が大嫌いなので、彼らをこき下ろすのは得意中の得意というわけでしょう。彼らは最後まで労働者階級の英雄でいたかったし、実際そうでした。太った上流階級の金持ち(肥大した資産家)は彼らの恰好のパロディの標的です。ちなみにハープシコードを弾いているのは、プロデューサーのジョージ・マーチンのアシスタントのクリス・トーマスです。

note泥の中の這いまわる子豚たちを見たことがあるかい?その子豚たちにとって、生活はどんどん悪くなっていくけど、遊びまわるのに必要な泥はいつも欠かさない。

糊の効いた白いシャツを着た大きな豚を見たことがあるかい?その大きな豚たちが泥を掻きまわして遊ぶのを目にするだろうけど、遊びまわるのにいつもきれいなシャツは欠かさない。

豚小屋ではいつも誰かが尻拭い。何が起ころうとお構いなしさ。あいつらの目には何かが欠けている。しこたま殴られる必要がありそうだ。

何処もかしこも豚だらけ。みんな豚の暮らしさ。見なよ、やつらが豚のような女房たちを連れて食事に出かけていくぜ。

ナイフとフォークをしっかり握って自分たちのベーコンを食べるのさnote

George Harrison Live in London, 1992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

Blackbird

ホワイト・アルバム収録曲にはインド滞在中に作曲された曲が多いせいか、アコースティック・ギターによる弾き語り風の佳曲が多く聴けます。その中でもこの曲がギターのバッキング・プレイを含めてベストではないでしょうか。ポールは現在でもライブで定番のように演奏していますし、かなり気に入っているみたいです。歌詞の内容はアメリカの人種差別撤廃、公民権運動を支持するため、あるいはキング牧師暗殺(1968年)に触発されて書いたのかもしれませんね。

note漆黒の闇の中で歌うブラックバード。この折れた翼で飛ぶことを学ぶんだ。生まれてからずっと、お前は飛び立つ瞬間をずっと待ちわびていた。

漆黒の闇の中で歌うブラックバード。この窪んだ目で見ることを学ぶんだ。生まれてからずっと、お前は自由になる瞬間をずっと待ちわびていた。

ブラックバードよ、飛ぶんだ。ブラックバードよ、飛ぶんだ。暗い闇夜の光の中へと・・・。

ブラックバードよ、飛ぶんだ。ブラックバードよ、飛ぶんだ。暗い闇夜の光の中へと・・・。

漆黒の闇の中で歌うブラックバード。この折れた翼で飛ぶことを学ぶんだ。生まれてからずっと、お前は飛び立つ瞬間をずっと待ちわびていた。

お前は飛び立つ瞬間をずっと待ちわびていた。

お前は飛び立つ瞬間をずっと待ちわびていたnote

Paul McCartney Live in Glastonbury, 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

I'm so tired

マハリシの講義を聞くために滞在していたインドで、ジョンはヨーコを同伴していなかったため、退屈したのか実際疲れ果てていたみたいです。ヨーコに向けて作られた一曲です。エンディングでジョンが何やらブツブツ言っていますが、あの部分だけテープに録って逆回転で再生させると、「死人よ、僕を目覚めさせてくれ、ポールが死んだ。彼がいなくて寂しい、彼がいなくて寂しい、彼がいなくて寂しい」と言っているということです。これもポール死亡説ネタのひとつですね。ポールが歌っているレアなヴァージョンがあったのでご紹介します。おふざけで歌っていますが、ジョンが作った曲はポールにはキーが合わない感じです。

noteすごく疲れたよ。一睡もしていないんだ。すごく疲れているんだ。気持も萎えちゃったよ。起きだして、何か飲み物でも作ろうかな、いや、ダメだ、ダメだ。

すごく疲れたよ。どうしていいか分からない。すごく疲れているんだ。心は君のことばかり。君に電話しようかとも思ったけど、君の返事は予想がつくよ。

君はきっと、からかってるんでしょ?って言うだろうね。でも冗談じゃないんだ。本当に辛いんだ。眠れないんだよ。脳の活動を止められないんだ。もう3週間だよ、気が変になりそうさ。ほんの少しでも安らげるのなら、持ってるものは何でも君にあげるよ。

すごく疲れたよ、気が動転している。すごく疲れているけど、もう一本タバコを吸おう。そしてウォルター・ローリー卿を呪ってやる。あいつは本当に間抜けなやつだった。

君はきっと、からかってるんでしょ?って言うだろうね。でも冗談じゃないんだ。本当に辛いんだ。眠れないんだよ。脳の活動を止められないんだ。もう3週間だよ、気が変になりそうさ。ほんの少しでも安らげるのなら、持ってるものは何でも君にあげるよ。

ほんの少しでも安らげるのなら、持ってるものは何でも君にあげるよ。

ほんの少しでも安らげるのなら、持ってるものは何でも君にあげるよnote

Sung by Paul McCartney

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

Martha my dear

ポールの愛犬のシープドッグ、マーサが曲名の由来です。印象的なピアノのイントロで、左手のベースラインが絶妙です。左利きのベーシストたる所以でしょうか、ピアノでも上手いです。

note愛しのマーサ、僕は毎日、世間話ばかりして過ごしているけど、どうか僕を覚えていて、愛しいマーサ、僕を忘れないで、愛しのマーサ。

顔をあげてごらん、まったくおバカさんだね、なんてことしたんだよ。にっちもさっちもいかないって感じたなら、少しは自分の周りにあるものに手を伸ばしてごらんよ、おバカさん。

よく周りを見てごらん、よく見てごらん、分かるはずだよ、僕とお前はお互い運命の出会いだったってね、おバカさん。

手を出して、おバカさん、なんてことしたんだよ。にっちもさっちもいかないって感じたなら、少しは自分の周りにあるものに手を伸ばしてごらんよ、おバカさん。

愛しのマーサ、お前はいつだって僕のインスピレーションだったね。どうか僕に優しくしておくれ、愛しいマーサ、僕を忘れないで、愛しのマーサnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

Happiness is a warm gun

歌詞も面白いし、曲構成も演奏も秀逸です。ただ結果的にジョンの非業の最期を思うとタイトルは皮肉です。全米ライフル協会への揶揄と抗議で付けられたこの曲のタイトルは、ガン雑誌の表紙を見てジョンが付けたということですが、現在のアメリカは変革を掲げていますが、永遠に銃規制は出来ないのではないでしょうか。病んだ国です。ホワイト・アルバム収録曲はアメリカを茶化した曲が多いのがひとつの特徴ですが、"Back in the U.S.S.R.","~Bungalow Bill" に続いて早くも3曲目です。

note彼女は大きく損をするような女じゃない。窓ガラスを這うトカゲのようなベルベットの手触りもよく知ってる。鋲打ちしたブーツに極彩色のミラーを付けた、群衆の中の男。目で嘘をつきながら、両手は超過勤務で忙しい。彼が食べてナショナル・トラストに寄贈した、彼の奥さんの石鹸の印象。

一発キメなきゃ、気が滅入る。アップタウンに置き去りにした破片になってしまう。一発キメなきゃ、なにせ気が滅入ってしょうがない。

女子修道院長、銃に飛びついてくれ。Mother Superior, jump the gun

女子修道院長、銃に飛びついてくれ。Mother Superior, jump the gun

女子修道院長、銃に飛びついてくれ。Mother Superior, jump the gun

幸せとは撃ったばかりの銃。幸せとは撃ったばかりの銃のことを言うのさ。お前をこの腕に抱きしめ、お前の引き金をこの指先に感じる時、誰も俺に危害を加えられないのさ。だって幸せとは撃ったばかりの銃、そうなんだ。幸せとは撃ったばかりの、そうさ、銃のことだよ。知らないのかい? 幸せとは撃ったばかりの銃のことなのさnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

While my guitar gently weeps

言わずと知れたジョージの名曲です。ジョージの作品でポールのベースプレイが特に素晴らしいとよく言われますが、この曲でもすごくハイテクニックなプレイでしぶいラインを刻んで印象深いプレイを聴かせてくれています。リードギターはジョージではなくエリック・クラプトンが弾いていますが、文字通り素晴らしい泣きのギターを聴かせてくれます。2002年に行われたエリザベス女王即位50周年記念コンサートでもポールをはじめ、スーパースターバンドで演奏しています。ジョージの追悼コンサートでもそうでしたね。やはりジョージの代表曲のひとつです。アコースティック・ギター1本で弾き語りを演っているデモ・ヴァージョンが色々ありますが、"LOVE" のバージョンはストリングスも美しくいい感じです。

noteどんな人の顔を見ても、愛がそこに眠っているのがわかる。僕のギターがそっと泣いているときも・・・。床を見ると、掃除が必要だなって思う。それでも僕のギターは穏やかに泣いている。

どうして誰も君に愛の包みを開ける方法を教えなかったのだろう? どうやって君は誰かにコントロールされていたのだろう? 君はそんなやつらに売り買いされていたのに・・・。

世界に目を向けてみると、世界は回っているのに気づく。僕のギターがそっと泣いているときも・・・。失敗をやらかす度に何かを学んでいるはずなのに。それでも僕のギターは穏やかに泣いている。

どうして君は人の道から外れてしまったのだろう? 君も堕落したもんだ。どうして君は倒錯してしまったのだろう? 誰も君に忠告しなかった。

どんな人の顔を見ても、愛がそこに眠っているのがわかる。僕のギターがそっと泣いているときも・・・。どんな人の顔を見ても・・・。それでも僕のギターは穏やかに泣いているnote

Live at the Queen Golden Jubilee, 2002

Acoustic Version from album "LOVE"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

The continuing story of Bungalow Bill

人種差別や偏見といった問題や、正義の名のもとに戦争を繰り返す大国アメリカをバーナード・ショウばりの痛烈な風刺でぶった切ったジョンの曲です。ジョンは芸術や文化の自由な雰囲気とアメリカの持つ懐の深さに惹かれアメリカに移住して行きましたが、政治的には批判的で軍事大国アメリカと対立してきました。アメリカで平和活動や政治批判をしなかったら、今でもジョンは元気に人生を楽しんでいるはずです。ヨーコもこの曲に参加していますが、アメリカを痛烈に揶揄したこの曲がジョンの悲劇の序曲とすれば、極めてこれも皮肉な話です。ホワイト・アルバムは大パロディ大会ですが、バンガロウ・ビルというのはアメリカ西部開拓史の英雄バッファロー・ビルのパロディで、ジャングル・ジムとくっつけて作ったとジョン自身が語っています。

noteねえ、バンガロウ・ビル、何を殺したの、バンガロウ・ビル?ねえ、バンガロウ・ビル、何を仕留めたの、バンガロウ・ビル?

彼は銃を持って象に乗り虎狩りに出かけた。何かあった時に備えていつも母親を同伴していた。彼は生粋のアメリカ人、長い顔に短い髪の弾丸のような顔をした、サクソン人の母親の息子。さあ子供たち、歌おう!

ねえ、バンガロウ・ビル、何を殺したの、バンガロウ・ビル?ねえ、バンガロウ・ビル、何を仕留めたの、バンガロウ・ビル?

無敵の虎が生息するジャングルの奥深くで、ビルと象たちは不意をつかれた。それでキャプテン・マーヴェルが虎の眉間のど真中をビシッと一発で撃ち抜いた。さあ子供たち、歌おう!

ねえ、バンガロウ・ビル、何を殺したの、バンガロウ・ビル?ねえ、バンガロウ・ビル、何を仕留めたの、バンガロウ・ビル?

子供たちが彼に訊いた。「殺生は罪じゃないの?」

「あんなに獰猛そうに見える場合は、罪じゃないのよ」と母親が口をはさんだ。

「もし外見で殺せるんだとしたら、虎の代わりに私たちが殺されていたでしょうに」

さあ子供たち、歌おう!

ねえ、バンガロウ・ビル、何を殺したの、バンガロウ・ビル?ねえ、バンガロウ・ビル、何を仕留めたの、バンガロウ・ビル?note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

Wild honey pie

すべてポール独りでレコーディングした作品です。ホワイト・アルバムだからこそ収録された曲です。でもちょっとしたアクセントとしてはなかなか良いのではないでしょうか・・・1分弱だし退屈することはありません。

noteハニー・パイ  Honey pie  Honey pie  Honey pie

Honey pie  Honey pie  Honey pie  Honey pie

愛してるよ、ハニー・パイ !note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

Ob-La-Di, Ob-La-Da

ポールならではの曲です。NHKのみんなの歌で誰かが日本語の歌詞で歌っていた記憶があります。何度も繰り返しレコーディングをやり直されたせいか、ジョンはこの曲を嫌っていました。歌詞の最後がちょっと面白くて、デズモンドとモリーが入れ替わっています。エンディングで演奏後みんな笑っていますが、これも何かのパロディなのでしょうね。

noteデズモンドは市場に屋台を出して、モリーはバンドのシンガー。デズモンドがモリーに「君の顔が好きだよ」って言うと、モリーは彼の手を取りながらこう言うのさ。

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。

デズモンドはトロリー・バスで宝石店に行き、20カラットの金の指輪を買う。玄関先で待っているモリーの処に持ち帰り、指輪を渡すと彼女は歌い出す。

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。

数年の内に二人は新居を構え、裏庭では子供がふたり駆けまわっている。デズモンドとモリー・ジョーンズの子供たちさ。

その後もずっと幸せに市場で暮らし、デズモンドは子供たちに仕事を手伝わせている。モリーは家にいて、可愛い顔に化粧をし、夜になると今でもバンドで歌っている。

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。

数年の内に二人は新居を構え、裏庭では子供がふたり駆けまわっている。デズモンドとモリー・ジョーンズの子供たちさ。

その後もずっと幸せに市場で暮らし、モリーは子供たちに仕事を手伝わせている。デズモンドは家にいて、可愛い顔に化粧をし、夜になると"彼女"はバンドで歌っている。

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、人生は続いて行くわ。ラ・ラ、人生は続いて行くものなのよ。

楽しみが欲しいなら、オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダをどうぞnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

Glass onion

"I am the walrus" や"Lucy in the sky~" といった解釈が難解な歌詞の真の意味を探る熱心なファンやマスコミをさらに混乱させてやろう、というジョンのイタズラ心から作られた曲で、ビートルズの曲名や歌詞の一部などを多く引用して自らをパロディ化しています。「ウォルラスはポールだった」、という一節が後のポール死亡説でも取りざたされるなど、ジョンのもくろみは成功したと言えます。

noteストロベリー・フィールズについては話したよね。現実など何もないところの話さ。それで、もうひとつ別に行ける場所があるんだ。そこではすべてが流れているんだ。背中の曲がったチューリップ越しにもう半分の暮らしぶりを見てるのさ。ガラスのタマネギ越しに見てるんだよ。

ウォルラスと僕については話したよね。そう、僕らは可能なかぎり親密にさせてもらっているよ。さてここで君たちみんなのために、もうひとつ別の手がかりをあげよう。ウォルラスはポールだったんだよ。鋳鉄の海岸に立ち、レディ・マドンナは何とかやり繰りをしてる真っ最中。ガラスのタマネギ越しに見てるんだ。

Oh, Yeah, oh yeah, oh yeah

ガラスのタマネギ越しに見てるんだ。

丘の上の愚か者については話したよね。あいつはまだあそこにいることをお教えしとこう。さてここで、もうひとつ君がいられる場所を教えよう。よく聞いて。大洋に空いた穴を修理しながら、事実にピタリと符合させようとしているのさ。ガラスのタマネギ越しに見てるんだnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

Dear Prudence

ビートルズ一行と一緒にインドに滞在していたミア・ファーロウの妹、プルーデンス・ファーロウが宿泊しているバンガローに引き籠ってしまい、心を閉ざしてしまったため、ジョンが彼女を連れ出す役目になり、その時のことを歌にしたものです。

note親愛なるプルーデンス、外に出てきて遊ばないか? ねえ、可愛いプルーデンス、真新しい一日に挨拶しようじゃないか。陽は昇り、空は青い、素晴らしい天気だよ。君も素敵だけどさ。親愛なるプルーデンス、外に出てきて遊ばないか? 

ねえ、可愛いプルーデンス、目を開けてごらん。親愛なるプルーデンス、晴れ渡った空を見てごらん。風はそよぎ、鳥たちは君も万物の一部なんだと歌うよ。可愛いプルーデンス、目を開けてくれないか?

まわりを見てごらん、ぐるっとさ。まわりを見てごらん、まわりをさ、ぐるっとさ。まわりを見てごらん。

親愛なるプルーデンス、笑顔を見せてくれないか? ねえ、可愛いプルーデンス、ちっちゃな子供のようにさ・・・。雲はひな菊の輪になるよ。だからもう一度笑顔を見せてくれないか?親愛なるプルーデンス、笑顔を見せてくれないか?

親愛なるプルーデンス、外に出てきて遊ばないか? ねえ、可愛いプルーデンス、真新しい一日に挨拶しようじゃないか。陽は昇り、空は青い、素晴らしい天気だよ。君も素敵だけどさ。

親愛なるプルーデンス、外に出てきて遊ばないか?note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

Back in the U.S.S.R.

さて今回からアルバム「THE BEATLES」、通称"ホワイト・アルバム"の収録曲です。この2枚組のアルバムはあらゆると言っていいほどに、様々なジャンルの音楽を取り入れた楽曲のすべてを、いとも簡単にビートルズ・サウンドに仕上げた素晴らしいアルバムで、個人的に一番好きなアルバムです。当時のバンドが抱えていた問題等で様々な論評がありますが、ビートルズの魅力、才能、そして遊び心たっぷりのパロディ精神を最も感じることの出来るアルバムではないでしょうか。さてこの曲でのお遊びは、コーラスがビーチ・ボーイズ風であることと、歌詞の中で名曲「Georgia on my mind(わが心のジョージア)」が登場しますが、グルジアも英語表記でGeorgia となるところが洒落になっています。歌詞は散文調気味で、あまり意味はありません。サウンド重視のポールらしい曲です。

noteマイアミビーチからBOAC機でひとっ飛び。昨日の夜は眠れなかった。機内では紙袋を膝にのせたまま。いやはやまったく、ひどいフライトだったよ。

ソ連に帰ってきたぜ。自分がどれだけ幸運なのかわからないだろう?ソ連に戻ってきたぜ。

ずいぶんご無沙汰してしまったんで、場所もわからなくなってしまった。ああ、でもやっぱり故郷はいいな。荷物を開けるのは明日にしよう。ハニー、電話を切ってくれ。

ソ連に帰ってきたぜ。自分がどれだけ幸運なのかわからないだろう?ソ連に戻ってきたぜ。

うん、本当にウクライナ娘にはまいっちゃう、最高だね。西側の女の子なんてめじゃない。モスクワ娘は僕を大声で歌わせたい気持ちにさせる。わが心のグルジアをね・・・。

雪を山頂にいただく南の方の山々を見せてくれないか?君のパパの農場に連れてって欲しいな。君がかき鳴らすバラライカが聴きたいな。さあ、君の同志を温めてあげてくれ。

ソ連に帰ってきたぜ。自分がどれだけ幸運なのかわからないだろう?ソ連に戻ってきたぜnote

Paul McCartney Live in Kiev, 2008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

Revolution

シングル"Hey Jude" のB面カップリング曲です。ジョンはもっとゆっくりとしたテンポでシングル発売を目論んでいたみたいですが、実現はしませんでした。ディストーションを効かせた荒々しいギターで政治的なメッセージ・ソングとなっています。エレクトリック・ピアノは有能なセッションマンのニッキー・ホプキンスが弾いています。

note革命を起こしたいってかい?うーん、そうだな・・・みんな世界を変えたがっているさ。それが進化だって君は言うけど、確かにみんな世界を変えたがっているよ。でももし話が破壊になるのなら、僕は数に入れないでくれ。分からないかな?うまくいくさ。大丈夫だよ。うまくいくって。

現実味のある解決策があるってかい?いいね、さっそく計画を見せてもらおうか。僕に寄付を頼みたいのかい?そうだね、みんな出来ることはやってるよ。でも憎しみの感情を持った人々のためのおカネなら、僕に言えることは、「同志よ、待つべきだ」の一言だけだね。分からないかな?うまくいくさ。大丈夫だよ。うまくいくって。

憲法を変えるって君は言ってるけど、僕らとしては君の頭を変えたいね。制度を変えたいって言うけど、どうだろう?代わりに心を開放してやってはどうだい?でも毛首席の写真を持ち歩いているようなら、誰にもどうやっても理解してもらえないさ。分からないかな?うまくいくさ。大丈夫だよ。うまくいくってnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

Hey Jude

シンシアと離婚することになったジョンの息子ジュリアンのためにポールが書いたとされるこの曲は当初、ジュリアンのニックネームで「ヘイ・ジュール」と呼ばれていたらしいのですが、後に「ヘイ・ジュード」に変更されています。ジョン自身がこの曲に関するコメントの中で、『あれは僕が思うに「ヘイ・ジョン」だね、ヨーコが僕らの中に入ってきて快く思っていなかったポールは、潜在意識では祝福しても、意識の上では反対していたんだ』というような趣旨の発言をしていますが、ポールはジョンという最高のパートナーをヨーコに奪われることで嫉妬し、ジョンを裏切り者扱いする気持ちがあったのでは、と推察できます。すごく穿った見方ですが、Jude は直接裏切り者のイスカリオテのユダを指す言葉ではありませんが、裏切り者を連想させるには充分でしょうし、歌詞の内容が励ましの歌となれば、ポールの二面性(それぞれが本当の気持ち)がよく出ています。また当時ジョンが肌で感じていたポールの心境とも一致します。しかし、精神的に打撃を受けたり、大きな変化があれば創造力がインスパイアされて歴史的名曲を書くポールの天才ぶりは本物です。凄いとしか言いようがありません。曲の半分近くを占める最後のコーラス部分でポールが聴かせるエモーショナルなボーカルテクニックもまた素晴らしいです。曲を段々と盛り上げ大団円と導くのは相当な歌唱力がないと出来ません。このポールのテクニックがなければ単調なコーラスの繰り返しで退屈するはずです。改めてジョンとポールの歌唱力が突出していることを認識しました。東京ドームでのライブでポール指揮のもと、コーラスの大合唱に参加した時は、長年ファンをやっている者としては感無量の思いでした。

noteねえ、ジュード、悪く取るんじゃないよ。悲しい歌だって状況を良くすることは出来る。いいかい、あの娘を自分の心の中に受け入れるんだ。そうすりゃ、いい方向に動き始めるさ。

なあ、ジュード、怖がらないで。お前は自ら求めてあの娘をモノにする運命なんだよ。あの娘をしっかりとその手に抱いた瞬間、すべては上手く行きだすのさ。

痛みを感じる時は、なあジュード、我慢するんだ。世界を背負いこもうなんてしちゃダメさ。だってお前だって分かるだろ? クールなふりしてるやつはバカさ。そんなことするから自分の世界が少し冷たくなるのさ。

ねえ、ジュード、がっかりさせないでくれよ。あの娘を見つけたんだったら、さっさとモノにしなよ。いいかい、あの娘を自分の心の中に受け入れるんだ。そうすりゃ、いい方向に動き始めるさ。

だから表も裏もさらして、なあジュード、始めるんだ。お前は一緒に演ってくれる相手を待ってたんだろ?分からないのかい?お前のことだよ。なあジュード、お前がやるんだ。お前のやるべきことは、お前の肩にかかっているんだよ。

ねえ、ジュード、悪く取るんじゃないよ。悲しい歌だって状況を良くすることは出来る。あの娘をしっかり抱きしめることを忘れないで。そうすりゃすべては上手く行きだすのさnote

Hey Jude Rehearsal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

The inner light

シングル"Lady Madonna" のB面として収録されたジョージのインド音楽風の曲です。"Within you Without you" 同様に歌詞が哲学的で素晴らしいです。メロディも美しく、東洋哲学、インド音楽の影響下の作品もジョージ自身極めた感があったのでしょうか? これを最後に明らかな・・・という感じの作品は発表していません。すべてを昇華させてレノン・マッカートニーの作品に匹敵するレベルの作品を今後発表していきます。

note僕はドアの外に出かけなくても、地球上のあらゆる出来事を知ることはできる。

僕は窓の外を見なくても、神の思し召しは分かる。人は遠くに旅すれば旅するほど、知ることは少なくなる。本当に知っていることは少なくなる。

君もドアの外に出かけなくても、地球上のあらゆる出来事を知ることはできる。

君もは窓の外を見なくても、神の思し召しは分かる。人は遠くに旅すれば旅するほど、知ることは少なくなる。本当に知っていることは少なくなる。

旅することなく到着せよ。目を向けることなく見よ。為さずしてすべてを為せnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

Lady Madonna

68年最初のシングル・レコードですが、プロモーション・ビデオを見ると、"Hey Bulldog" のプロモのレコーディング風景とかなりの部分でダブっています。元々"Hey Bulldog" はレディ・マドンナのプロモーション・ビデオの撮影に集まった際に作られた曲なので当然かもしれません。ギターのリフも何となく似ているな、と思っていたらアルバム「LOVE」ではこの2曲が編集でミックスされていました。

noteレディ・マドンナ、子供たちが足元にまとわりついている。どうやって毎日家計をやり繰りしてるのだろう? 家賃の支払いの時は誰がおカネを工面するのだろう?おカネが天から降ってくるとでも思っていたのかな?

金曜日の夜がスーツケースもなしに到着し、日曜日の朝が尼さんみたいに忍び寄る。月曜日の子供は靴紐の結び方を覚えた。

見よ、あの走りっぷり・・・

レディ・マドンナ、乳飲み子を抱いて、何とかして他の子供たちも食べさせなきゃって考えている。

見よ、あの走りっぷり・・・

レディ・マドンナ、ベッドに横になり、頭の中で鳴る音楽を聴いている。

火曜日の午後はいつまでも続き、水曜日の朝刊は来なかった。木曜日の夜にはストッキングのほつれを直さなきゃならなかった。

見よ、あの走りっぷり・・・

レディ・マドンナ、子供たちが足元にまとわりついている。どうやって毎日家計をやり繰りしてるのだろう?note

Live at Jools Holland, 2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

It's all too much

ジョージの傑作アシッド・ソングです。"I Feel Fine"のイントロのギターのフィードバックより遥かにちゃんとしたフィードバック奏法で始まります。"Tomorrow Never Knows" を彷彿とさせますが、ブラスを使用することでさらに華やかさが加わっています。

noteあまりにも多過ぎるよ。多過ぎて手にあまるよ。

君の瞳を覗きこむと、そこには僕への愛がある。中へ中へと入り込むと、見るべきものがさらに増えていく。多過ぎて手にあまるよ。君の周り一面で光輝く愛。どこに行っても、それは君が作りだすもの。僕らが手に入れるには、あまりにも多過ぎるよ。

僕と一緒に人生から人生へと時の流れを下っていく。君が居る所も、君が居たいと思っている所もまったく違いはない。多過ぎて僕の手にはあまるよ。この辺り一面で光輝く愛。世界中がバースデイ・ケーキ。だから一切れどうぞ。でも食べ過ぎないで。

銀色の太陽に向け船出をさせて。そこで僕は自由なのは分かっているから。僕は何処にでも行けることを示して。そしてお茶の時間には家に帰らせて。あまりに多過ぎて見れないよ。この辺り一面で光輝く愛。

学べば学ぶほど、知ることは少なくなる。そして僕がやることは、あまりにも多過ぎる。多過ぎて手にあまるよ。君の周り一面で光輝く愛。どこに行っても、それは君が作りだすもの。僕らが手に入れるには、あまりにも多過ぎるよ。

あまりにも多過ぎるよ。多過ぎて手にあまるよ。

君のブロンドの長い髪、そしてブルーの瞳・・・。君のブロンドの長い髪、そしてブルーの瞳・・・。君は素敵過ぎて手にあまる・・・僕らは死んだ。

凄すぎる、凄すぎる、凄すぎる~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

Hey bulldog

ヨーコが初めてビートルズのレコーディングを見学した時に演奏していたのがこの曲で、『なんでいつもあのビートなの? もっと複雑なことしたら?』と言ったというエピソードがありますが、ジョン以外のメンバーはさぞかしムッと来ただろうなと思います。しかし、ベースとユニゾンで弾くギターのリフが荒々しくてカッコよく、すごく好きな曲です。歌詞は感覚的で何を謂わんとするのかよく分かりません。これもナンセンス・ソングでしょうが、韻のふみ方は相変わらずジョンは上手いというか、センスが良いです。

note雨の中にたたずむ牧羊犬。ウシガエルがまた同じことをやっている。ある種の幸福感はマイル数に換算される。君は微笑んだ時の自分がどうして特別な存在だと思えるんだい?

子供っぽくて誰も理解できない。ジャックナイフが君の汗ばんだ手の中にある。ある種の無邪気さは年数に換算される。自分の恐怖に耳を傾けるのがどんなものか君は知らない。

僕に話しかけなよ。僕に話しかければいい。僕にさ、話しなよ。淋しければ僕に話しかければいい。

大男が公園を歩いている。丸いテント小屋は闇夜を怖がる。ある種の孤独感は君に換算される。君は僕を知っていると思っているけど、手掛かりすら持っていない。

僕に話しかけなよ。僕に話しかければいい。僕にさ、話しなよ。淋しければ僕に話しかければいい。

Hey, bulldog, Hey, bulldog, Hey, bulldog, Hey, bulldognote

from Yellow Submarine Movie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

All together now

ポールが書いた子供向けの曲です。NHKのみんなの歌で歌われるような感じの曲です。

note1,2,3,4,もうちょっといいかな?5,6,7,8,9,10,愛してるよ。

A,B,C,D,友だちをお茶に誘ってもいいかな?E,F,G,H,I,J,愛してるよ。

船を出そう! 木を切ろう! 縄跳びしよう! 僕を見て!

それでは皆さん、ご一緒に! All together now, All together now, All together now

黒、白、緑、赤、友だちをベッドに連れてってもいいかな?ピンク、茶色、黄色、オレンジ、そして青、愛してるよ。

それでは皆さん、ご一緒に! All together now, All together now, All together now

それでは皆さん、ご一緒に! All together now, All together now, All together now

船を出そう! 木を切ろう! 縄跳びしよう! 僕を見て!

それでは皆さん、ご一緒に! All together now, All together now, All together now

それでは皆さん、ご一緒に! All together now, All together now, All together now~note

Short Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

Only a northern song

今日からアルバム「イエロー・サブマリン」の収録曲ですが、タイトル・ソングはアルバム「リボルバー」に収録されているため今回割愛して、2曲目のこの曲からです。アニメーション映画「イエロー・サブマリン」のサウンドトラックは後に「Song Track」として映画で使用されたオリジナル曲集がリリースされましたが、今回は68年当時のサウンド・トラック・アルバムを基にし、再登場曲とジョージ・マーチン作編曲のサウンド・トラックは割愛します。さてこの曲はジョージらしいシニカルな内容の不思議な雰囲気の曲です。Northern Song というのはジョンとポールが当時設立した彼らの音楽出版会社ですが、ジョージはそこの契約アーティストという立場でした。なんか微妙な人間関係ですね。そういう背景を鑑みて歌詞の内容をみると興味深いです。

noteもし君がこの曲を聴くと、コード進行が間違っていると思うかもしれないけど、そうじゃないんだ。僕らがそういう風に書いたんだ。

もし君が夜中に聴いていたら、そのバンドはおかしいんじゃないかって思うかもしれないけど、彼らはそんなもんなんだ。彼らはただそんな感じで演奏しているだけなんだ。

どうでもいいことさ。僕がどんなコードを弾こうと、どんな言葉を言おうと、今何時だろうとさ。だってたかがノーザン・ソングなんだから。

どうでもいいことさ。僕がどんな服を着ようと、どんな暮らしむきだろうと、僕の髪が茶色だろうとさ。たかがノーザン・ソングを演奏している時にはさ・・・。

もし君がハーモニーが少し暗くて、調子っぱずれだって思ったなら、君は正しい。そこには誰もいないんだ。言ったよ、そこには誰もいないんだよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

Hello goodbye

シングル曲ですがB面がジョンの"I am the walrus" という事でジョンは不服だったみたいです。何種類かあるプロモーション・ビデオを見ると、ジョンのはしゃぎっぷりからすると満更でもないように思えますが、ヤケクソでやっているようにも見えます。

note君がイエスと言えば、僕はノー。君がストップって言うなら、僕はゴー、ゴー、ゴー。Oh No 君がグッバイと言うなら、僕はハロー。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。

僕がハイと言えば、君はロー。君がなぜと言えば、僕は分からないって言う。Oh No 君がグッバイと言うなら、僕はハロー。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。

どうして君はグッバイなんて言うのかな?

Oh No 君がグッバイと言うなら、僕はハロー。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。

君がイエスと言えば、僕はノー。(僕がイエスと言うのはノーという意味かも・・・)。君がストップって言うなら、僕はゴー、ゴー、ゴー。(行く時間になるまで居ることはできるよ)。Oh No 君がグッバイと言うなら、僕はハロー。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・。

ハロー、ハロー。どうして君はグッバイなんて言うのかな、僕はハローなのに・・・note

Another Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »