« Junk | トップページ | My Sweet Lord »

2009年6月23日 (火)

Another Day

71年の2月に発売されたポールの初シングルです。アルバム「ラム」のセッションでレコーディングされましたが、アルバム未収録です。この頃からジョンとポールによる自身のソロアルバム収録曲を使っての中傷合戦が始まりますが、ジョンの"How Do You Sleep?" でこの曲が引用されています。独り暮らしの孤独なOLの日常を描いている、ポール得意の流れるようなメロディラインを持った秀作です。

note毎朝、彼女はお風呂に入って髪を洗い、身体にタオルを巻きつけて寝室の椅子へと向かう。いつもの一日さ。ストッキングに脚を滑り込ませ、靴を履いて、レインコートのポケットに手を突っ込む。いつもの一日さ。

書類が山積みになっている職場で、彼女はちょっと一休み。コーヒーのおかわりを飲む。目を開けているのがやっとという感じ。いつもの一日さ。

Du du du du du du, いつもの一日さ。Du du du du du du, いつもと同じ一日が始まる。

とても悲しく、寂しい・・・彼女は時々とても寂しく思う。理想の男が現れて、この呪縛を解いてくれるまで、彼女はたった独りこのアパートで暮らす。

あぁ、彼女のそばにいてあげて、彼女に待ちぼうけをくわせないで・・・。男がやって来て、一晩いても次の日には男は去って行く。寂しい・・・彼女は時々とても寂しく思う。

5時の時報と共に彼女は最後の手紙をポストに入れ、人ごみに紛れる。生きていくのさえ大変に思える。いつもの一日さ。

Du du du du du du, いつもの一日さ。Du du du du du du, いつもと同じ一日が始まる。

とても悲しく、寂しい・・・彼女は時々とても寂しく思う。理想の男が現れて、この呪縛を解いてくれるまで、彼女はたった独りこのアパートで暮らす。

あぁ、彼女のそばにいてあげて、彼女に待ちぼうけをくわせないで・・・。男がやって来て、一晩いても次の日には男は去って行く。寂しい・・・彼女は時々とても寂しく思う。

毎朝、彼女はお風呂に入って髪を洗い、身体にタオルを巻きつけて寝室の椅子へと向かう。いつもの一日さ。ストッキングに脚を滑り込ませ、靴を履いて、レインコートのポケットに手を突っ込む。いつもの一日さ。

Du du du du du du, いつもの一日さ。Du du du du du du, いつもと同じ一日が始まるnote

Paul McCartney Live in Charlotte, 1993

|

« Junk | トップページ | My Sweet Lord »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

この歌詞、こんな内容だったんですか。全く知りませんでした。少し寂しげだけど、もう少しロマンチックな内容かと思ってました。
でもすごく心に残ってる曲です。

投稿: my beatles | 2009年6月23日 (火) 00時07分

my beatles さん、こんばんは。ポールの得意の短編小説のような世界の歌詞です。テーマ的にはエレノア・リグビーに近いかもですね。でもアナザー・デイの彼女は健気にも朝になると元気に出勤していきます。my beatles さんも毎日のお仕事頑張って下さい。

投稿: ryuju | 2009年6月23日 (火) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/30223544

この記事へのトラックバック一覧です: Another Day:

« Junk | トップページ | My Sweet Lord »