« You're Sixteen | トップページ | Whatever Gets You Thru The Night »

2009年7月17日 (金)

Junior's Farm

1974年のウイングスのシングルで、この曲のレコーディングからギターのジミー・マッカロクとドラムのジェフ・ブリトンが加入しましたが、ジェフはこの1曲ですぐに脱退しました。ジミーはいいギタリストでしたが若くして急逝したのは残念でした。サウンドはノリノリでカッコいいのですが、歌詞はつまらないです。歌詞の意味は分かるのですが、相変わらずポールの書く詞は内容がよく分かりません。何を言いたいのでしょうね?普通にラブソングでも書いていればいい歌詞を書くんですけどね。

noteポーカー野郎と一緒にいる僕に会うべきだったね。素敵な彼女が一緒だったから強気で賭けたのさ。いいタイミングで彼の手を見た。

エスキモーと話していたら、彼は雪が降るとぴょんぴょん飛び跳ねると言った。その時アザラシもピョコンと顔を出した。出かける準備はできたよ。

さあ行こう!出かけよう! 出発だ!ジュニアズ・ファームへ行こう。そこで一発人生を賭けるのさ。命を落とすか、上流社会の生活のどっちかさ。さあ行こう!ジュニアズ・ファームに連れてってくれ。ジュニアズ・ファームにさ・・・。

袋を持って食料品ストアに出かけた。価格が前より高くなっている。お年寄りが僕に訊ねた。“何でだ? 戦争でも起こったか?”

それで言ったのさ、ポーカー野郎と一緒にいる僕に会うべきだったね。素敵な彼女が一緒だったから強気で賭けたのさ。いいタイミングで彼の手を見た。

さあ行こう!出かけよう! 出発だ!ジュニアズ・ファームへ行こう。そこで一発人生を賭けるのさ。命を落とすか、上流社会の生活のどっちかさ。さあ行こう!ジュニアズ・ファームに連れてってくれ。ジュニアズ・ファームにさ・・・。

さあ行こう!出かけよう! 出発だ!ジュニアズ・ファームへ行こう。そこで一発人生を賭けるのさ。命を落とすか、上流社会の生活のどっちかさ。さあ行こう!ジュニアズ・ファームに連れてってくれ。ジュニアズ・ファームにさ・・・。

みんな僕の後についておいで。

帰りたいんだよ・・・Yeah Yeah・・・・note

|

« You're Sixteen | トップページ | Whatever Gets You Thru The Night »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

ほんとに翻訳家泣かせの詩ですね~。でも曲が大好きで何回も聴いてました。

投稿: my beatles | 2009年7月17日 (金) 00時06分

そうなんです。たぶん僕がポールの天才についていけてないせいでしょうが、ポールの書く歌詞は変に難しいです。

投稿: ryuju | 2009年7月17日 (金) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/30566198

この記事へのトラックバック一覧です: Junior's Farm:

« You're Sixteen | トップページ | Whatever Gets You Thru The Night »