« Venus And Mars/Rock Show | トップページ | Letting go »

2009年7月26日 (日)

Love In Song

アルバム「Venus And Mars」の3曲目に収録されている作品で、このブログでもお馴染みのmy beatles さんのお気に入りの一曲らしいですが、ポールらしいメローなメロディを持った佳曲です。ポールは曲調を考えてアルバム収録の順番に気をくばりますが、ビートルズ時代からすごくその辺りのセンスがいいです。今回も"Rock Show"と"幸せのアンサー"の間に入れてあり、これら3曲の個性が際立つような配慮がされているようです。ちなみにこの曲の邦題は「歌に愛をこめて」となっています。

note僕の心は愛を求めて泣き叫んでいるよ。この世のすべては愛することとは切り離せない。だから僕は愛を歌う・・・歌に愛をこめる。

僕の・・・そう大好きな君はとても素敵だから・・・愛が僕のものになったら・・・失敗するわけにはいかないから・・・僕は愛を歌う・・・歌に愛をこめる。

僕らが昔よく出かけた場所に今たたずみ・・・生まれ故郷にいる幸せを感じている。生まれ故郷にいる幸せ・・・。

僕の瞳は何を求めて泣き叫ぶ?涙がまだこぼれる。誤解?僕は愛を歌う・・・歌に愛をこめる。

僕らが昔よく出かけた場所に今たたずみ・・・生まれ故郷にいる幸せを感じている。生まれ故郷にいる幸せ・・・。

僕の・・・そう大好きな君はとても素敵だから・・・愛が僕のものになったら・・・失敗するわけにはいかないから・・・僕は愛を歌う・・・歌に愛をこめるnote

|

« Venus And Mars/Rock Show | トップページ | Letting go »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

確かに、この歌大好きです。ありがとうございます。
このアルバム自体、かなり好きで、何度聴いたかわかりません。その頃の最先端の音楽みたいな気がしていました。

明日は、「レッティング・ゴー」かな?

投稿: my beatles | 2009年7月26日 (日) 15時27分

するどいですね、letting go です。もうすぐ記事公開できます。34年も前のアルバムなんですよね。そんなに古い音楽とは思えないですよね。

投稿: ryuju | 2009年7月26日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/30689010

この記事へのトラックバック一覧です: Love In Song:

« Venus And Mars/Rock Show | トップページ | Letting go »