« Be-Bop-A-Lula | トップページ | London Town »

2009年8月 6日 (木)

With A Little Luck

アルバム「ロンドン・タウン」からのシングルカット曲で邦題は"幸せの予感" となっています。ヴァージン諸島の洋上で船に録音機材を運び込んでアルバムのレコーディングをした後、ジミーとジョーが脱退し、再び3人になったウイングスですが、このアルバムも高校生の頃買って毎日聴いていたので今でも親しみがあります。アルバムとしてはチャートの1位に輝けなかったし、地味な印象ですが佳曲も結構あり、好きなアルバムです。さてこの曲ですがシンセサイザーがいい感じです。ポールの歌詞は相変わらずよく分かりません(苦笑い)。天才の感覚って凡人の理解を超えています。ジョンの天才ぶりとは全く違うポール独特の感性がありますね。

noteちょっとした運があれば、それを利用してうまくやれるさ。どんなことだってうまくやりとげられるさ。ちょっとした愛があれば、修復は可能さ。街が爆発寸前だって感じないかい?

僕らが一緒になってできることなら、いくらでもあるよ。そうさ無限にね。柳は厳しい気候には背を向ける…柳にできることならみんなできるさ。僕と君もね。

ちょっとした運があれば、はっきりさせることができる。目的に向かって始められるのさ。ちょっとした運があれば、魅力あるものに変えることができる。思い違いなんてありえないよ。

僕らが一緒になってできることなら、いくらでもあるよ。そうさ無限にね。柳は厳しい気候には背を向ける…柳にできることならみんなできるさ。僕と君もね。

もうひと押しあれば、取りかかれたはずさ。空高く打ち上げることだってできるよ。ちょっとした愛があれば、心を揺さぶることだってできたはずさ。彗星が爆発寸前だって感じないかい?

ちょっとした運があれば…ちょっとした運があれば…ちょっとした運があればね…

ちょっとした運があれば修復は可能さ…彗星が爆発寸前だって感じないかい?

もうひと押しあれば、取りかかれたはずさ。空高く打ち上げることだってできるよ。ちょっとした愛があれば、心を揺さぶることだってできたはずさ。彗星が爆発寸前だって感じないかい?note

|

« Be-Bop-A-Lula | トップページ | London Town »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/30843239

この記事へのトラックバック一覧です: With A Little Luck:

« Be-Bop-A-Lula | トップページ | London Town »