« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

This One

アルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」からの第2弾シングル曲です。ポールが珍しくジョージのようにインドっぽいモチーフを使っています。特にVCではそうですね。瞼に目玉を描いて遊んでいますが、楽しいですね、こういうノリのVCは好きです。しかし、This One とswan で韻を踏んでいるあたりがポールらしいというか、さすがの大先生も無茶しよるな、という感じです。韻というよりも何だかダジャレっぽいです。そのスワンに乗っているのは歌詞によると神さまですが、明らかにインドの神さまっぽいですね。すごくいい曲だと思うのですが、シングルチャート的には今一つでした。残念というか、この辺りがよく分かりません。もっとヒットしても良かった作品です。

note今までに、君を抱きよせて、瞳を見つめながら、愛してるって言ったことあったかな?僕は自分の心を開いて、君に心の裡を見せたことがあったかな?

もしなかったとしたら、もっといいタイミングを待っていただけなんだよ。結局来なかったけどね。今までこれ以上の絶好のタイミングなんてなかったはずだよ。これ以上のね…。

白鳥が海の上を滑るように飛んでいく。神さまが白鳥の背に乗っているんだ。海面は穏やかで、虹が輝いている。白鳥は逆光の中で段々黒くなっていく。

今までに、君の頬にそっと触れて、君は僕のものだと言って、君の微笑みに感謝したことあったかな?君の心のドアをノックして中に入ろうとしたことあったかな?

もしなかったとしたら、もっといいタイミングを待っていただけなんだよ。結局来なかったけどね。今までこれ以上の絶好のタイミングなんてなかったはずだよ。これ以上のね…。

白鳥が海の上を滑るように飛んでいく。神さまが白鳥の背に乗っているんだ。海面は穏やかで、虹が輝いている。白鳥は逆光の中で段々黒くなっていく。

タイミングが合わないなって感じているのに、どんなチャンスを引き寄せられるっていうの?大人しく静観していたなら、何かしらの奇跡でも起こったというの?君にもっといい暮らしをさせてあげられたのかな?

今までに、君を抱きよせて、瞳を見つめながら、愛してるって言ったことあったかな?僕は自分の心を開いて、君に心の裡を見せたことがあったかな?

もしなかったとしたら、もっといいタイミングを待っていただけなんだよ。結局来なかったけどね。今までこれ以上の絶好のタイミングなんてなかったはずだよ。これ以上のね…。

白鳥が海の上を滑るように飛んでいく。神さまが白鳥の背に乗っているんだ。海面は穏やかで、虹が輝いている。白鳥は逆光の中で段々黒くなっていくnote

from the film "Flowers in The Dirt Special"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

My Brave Face

1989年発売のアルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」の先行シングル曲で、エルビス・コステロとの共作です。このアルバムの発売と共に10年ぶりのワールドツアーに出たポールですが、90年3月東京ドームのステージに立ってくれました。オープニングのヒストリー・フィルムの後、せりに乗って登場した本物のポールを間近で見た時は、何だか不思議な気がしました。しかし、演奏が始まるとそんな事はすっかり忘れ最高の夢のひとときに酔いしれました。やはりポールはライブが最高です。

note僕のやる気に満ちた、本気の、何かに立ち向かう時の顔。

これまで流行りの贅沢な暮しをしてきたけど、僕の性格には馴染めなかったよ。都会の暮らしに溶け込もうとしてきたけど、街はそれに答えてはくれなかった。

時間ばかりあってブラブラしてる生活なんて僕には馴染めなかったけど、今はもう誰にも何時に帰るなんて言わなくてよくなった。

君が去ってからというもの、なにひとつ変えようとせず、感傷的な気分になりがちだった。ベッドシーツを直しながら、君の枕の下に頭を埋めたくなるのさ。

また独りぼっちになっちゃって、気分が沈むのを止められないけど、そんな簡単なことが僕をまたやる気のない男に戻してしまう。

僕のやる気に満ちた、本気の、何かに立ち向かう時の顔はどこにもないよ。

これまで偽りの生活を送ってきたけど、主婦業なんて馴染めなかったよ。汚れた皿を壊しては捨てるだけの日々さ。

君が去ってからというもの、君のことを想って"ベイビー、帰ってきておくれ" という曲を書こうとしているよ。君の分も用意した手つかずの夕食を片づけながらね…。

また独りぼっちになっちゃって、気分が沈むのを止められないけど、そんな簡単なことが僕をまたやる気のない男に戻してしまう。

僕のやる気に満ちた、本気の、何かに立ち向かう時の顔はどこにもないよnote

UK TV Show, 1990

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

Got My Mind Set On You

87年発売のジョージ5年ぶりのアルバム「クラウド・ナイン」からのシングル曲で、彼自身3枚目の全米№1ヒットです。ジョージ自身これが最後の全米1位の曲であり、元ビートルズのメンバーにとっても最後の全米1位曲です。ポールに至っては昨日記事に取り上げた"Once Upon A Long Ago" が最後のトップテンヒットです。これ以降彼らはトップヒットチャートに返り咲くことはありません。ポールのライブでも殆どがビートルズの曲になっていきます。ファンとしては嬉しいような淋しいような心境ですね。この曲はジョージのオリジナルではなく、カバー曲で、原曲はジェームス・レイという人らしいです。プロモが2種類作られています。バク転しているのは替え玉でしょうね。楽しいです。

note僕の心は君に首ったけ。心は君のもの。僕の心は君に夢中。僕の心は君から離れない。

でもおカネを稼がなきゃ。出て行くばっかりだからね。君をモノにするには大金を稼がなきゃ。これって正解だろ?

時間をかけなきゃね。貴重な時間ばかりだけどさ。ぐっと我慢して時間をかけなきゃ。君をモノにするためにはね…これしかないよね。

僕の心は君に首ったけ。心は君のもの。僕の心は君に夢中。僕の心は君から離れない。

今度は分かってるんだ、自分でも本気だってこと…。今感じているこの気持ち…。心に思い描いた通りに出来る気がするよ。

僕の心は君に首ったけ。心は君のもの。僕の心は君に夢中。僕の心は君から離れない。

でもおカネを稼がなきゃ。出て行くばっかりだからね。君をモノにするには大金を稼がなきゃ。これって正解だろ?

時間をかけなきゃね。貴重な時間ばかりだけどさ。ぐっと我慢して時間をかけなきゃ。君をモノにするためにはね…これしかないよね。

僕の心は君に首ったけ。心は君のもの。僕の心は君に夢中。僕の心は君から離れない。

今度は分かってるんだ、自分でも本気だってこと…。今感じているこの気持ち…。心に思い描いた通りに出来る気がするよ。

でもおカネを稼がなきゃ。出て行くばっかりだからね。君をモノにするには大金を稼がなきゃ。これって正解だろ?

時間をかけなきゃね。貴重な時間ばかりだけどさ。ぐっと我慢して時間をかけなきゃ。君をモノにするためにはね…これしかないよね。

僕の心は君に首ったけ。心は君のもの。僕の心は君に夢中。僕の心は君から離れない~note

Another Version of MVC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

Once Upon A Long Ago

1987年のポールのベスト盤「オール・ザ・ベスト」に収録され、後にシングルカットされた曲です。当時フジテレビの"夜のヒットスタジオ"という番組にポールがロンドンから生出演するということで話題になりましたが、その時演奏したのがこの曲でした。僕はその頃、ロンドンへの語学留学の準備その他で高揚感いっぱいで毎日を過ごしていて、ポールのロンドンからの衛星中継を見ながら、もうすぐここに行くんだという気持ちで昂ぶっていたのを覚えています。タイトル通り、遥か昔のことです。

note旋律やバラバラのコードを拾い集める。上院の中の子犬の尻尾。ダーリン、教えてよ、どんな意味に取れるのかな?

マイナー・キーで月を作り上げる。これらの曲が僕とどんな関係があるの?ダーリン、教えてよ、何処に行ってたんだ?

遥か昔、子供たちは宝探しをしていた。自然の法則も喜びと共存していた。そう、大いなる喜びさ。

風のある日にシャボン玉を飛ばす。荒廃した砂丘も言いたいことがたくさんありそう。ダーリン、教えてよ、いったい何を見たの?

遥か昔、子供たちは宝探しをしていた。自然の法則も喜びと共存していた。そう、大いなる喜びさ。

誰もいないステージでギターを弾いてみる。鉄製の鳥かごの格子の数を数える。ダーリン、教えてよ、どんな意味に取れるのかな?

旋律やバラバラのコードを拾い集める。上院の中の子犬の尻尾。ダーリン、助けてよ、どんな意味に取れるのかな?

昔…遥か昔…note

Another Rare Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

Press

1986年発売のアルバム「プレス・トゥ・プレイ」の収録曲で先行発売シングル曲です。プロモではポールがロンドンの地下鉄に乗っていますが、乗客がエキストラでないとすれば、ポールに会えた人たちはラッキーですよね。ロンドンの地下鉄はtube と呼ばれたりするくらいなので、東京の地下鉄と比べて丸っぽく小さいので天井に手が届きます。吊革も輪っかではなく、ボール状なのが特徴ですね。また通常の会話では地下鉄のことをunderground と言いますが、確かにどの駅も地下深くにあるため、エスカレーターが長いです。世界最古の地下鉄でもあるため、現在はどうか分かりませんが、20年程前は木製のエスカレーターもありました。地下鉄で大火災が発生したため禁煙になりましたが、それまで喫煙OKだったというのが驚きですね。

noteダーリン、愛しているよ、とっても、とってもね。それに君の感触には本当にいつも安心感があるよ。でもこんなにたくさんの人が聞き耳を立ててるとなると、どこから始めていいか分からないよ。僕ら二人にしか分からない言葉を見つけてもいいね。、他には誰も聞いたことがないこととかさ。君が僕に愛して欲しい時は、ただpress(抱きしめて)って言ってくれればいい。

そう、それでいいのさ。そのとおりだよ。ストレスが溜まったら、そこに突っ立ってないでpress(抱きしめて)って言えばいいんだよ。

告白しちゃうけど、君なら僕が求めているものを与えてくれるよ。僕の身体は気遣って欲しがっているし、心はめちゃめちゃ乱れている。オクラホマでは決してこんなことはなかったけどね。こんなんじゃなかったよ。絶対こんなことはなかった。今までそうだったろ?ねぇ、今までこんなことあった?オクラホマでは決してこんなことはなかったけどね。こんなんじゃなかったよ。

ダーリン、分かっているさ、もし僕が四六時中君を愛していたいって言ったって、それは悪いことであるはずがないじゃないか。でもこんなにたくさんの人が聞き耳を立ててるとなると、どこから始めていいか分からないよ。僕らの思いがほとばしる前に、二人にしか分からない秘密の暗号でも作ろうか。君が僕に愛して欲しい時は、ただpress(抱きしめて)って言ってくれればいい。pressってね…。

そう、それでいいのさ。そのとおりだよ。ストレスが溜まったら、そこに突っ立ってないでpress(抱きしめて)って言えばいいんだよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

Spies Like Us

1985年発売のシングルで同名映画の主題曲です。映画HELP!を思わせるドタバタの内容です。ミュージック・ビデオは面白いです。ポールの変装やアビーロードスタジオ周辺の様子、最後はその横断歩道のシーンで終わりますが、ちゃんとフォルクス・ワーゲンが駐車されていますね。

noteooh ooh 君は何をしているの?誰も君みたいには踊れないよ。いったい何をそんなに大騒ぎしているの?僕らみたいなスパイは他にいないよ。

Hey hey 君は何をしているの?誰かが君の計画を持ち去った。いったい何をそんなに大騒ぎしているの?僕らみたいなスパイは他にいないよ。

なーに、どうせ秘密の手伝いなんだから心配いらないさ。いったい何をそんなに大騒ぎしているの?僕らみたいなスパイは他にいないよ。

僕らみたいなスパイはね…

なんとしてもそこに行かなきゃだよ。でも教科書通りには行かないね。特別な服も要りはしないよ。誰も分からないことをどうやってやるのさ?たぶんなるようにやればいいんだよ。

ooh ooh, ooh

困難にぶち当ったら(困難にぶち当ったら)、僕らみたいに適当にやればいいんだよ(僕らみたいに適当にやればいいさ)。

Hey hey 君は何をしているの?誰かが君の計画を持ち去った。いったい何をそんなに大騒ぎしているの?僕らみたいなスパイは他にいないよ。

僕らみたいなスパイはね… × several timesnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

No More Lonely Nights

1984年発売の「ヤァ!ブロード・ストリート」収録の曲で、同名映画の主題歌でもあるこの曲は、"ひとりぼっちのロンリーナイト" という邦題がついていますが、今回取り上げたバラード編以外にも複数のヴァージョンがあります。サウンドトラック盤のアルバムが出る以前にシングルとして発売されていましたが、当時洋楽の有線でよく流れていました。デイブ・ギルモアのギターソロが印象深いですね。コンビニの店内有線で初めて聴いたとき、すぐにギターはギルモアが弾いているって分かりました。ギルモアの音していますよね。また最初に聴いたとき、亡きジョンに向かって歌っているのかな、とふと思いました。

note後日また君に電話するよ。僕の心を震わせるのは君だけなんだ。すべてがドキドキするよ。

でもまた孤独な夜が永遠に続くのなら、それはお互いのせいだよね。僕にとってはどのみち同じだけど…。だって僕は自分の気持ちがちゃんと分かっているから。

もう孤独な夜はいやだよ。もう淋しい夜はいらない。君は僕の希望の光。昼も夜も僕はいつでもその光のもとにいるよ。

君のそばにいる震えるような喜びを失いたくないよ。君の涙が笑顔に変わるのに数年かかるのなら、僕は待つよ、自分の気持ちに正直に生きるよ。

もう孤独な夜はいやだよ(もう二度とね)。もう淋しい夜はいらない。君は僕の希望の光。昼も夜も僕はいつでもその光のもとにいるよ。君がそう言うまで僕は君のそばを離れないよ。決してどこにも行かないよ。

だって僕は自分の気持ちがちゃんと分かっているから。

もう孤独な夜はいやだよ(もう二度とね)。もう淋しい夜はいらない。君は僕の希望の光。昼も夜も僕はいつでもその光のもとにいるよ。君がそう言うまで僕は君のそばを離れないよ。決してどこにも行かないよ。

君がそう言うまで僕は君のそばを離れないよ。決してどこにも行かないよ。

もう孤独な夜はいやだよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

Say Say Say

6月30日付の記事で、マイケルの急逝を悼んでこの曲のビデオクリップを哀悼のコメントと共に記事の最後に載せましたが、アルバム「パイプス・オブ・ピース」からのファースト・シングルで、マイケル・ジャクソンとの共演という事で当時話題になり、全米で6週間№1に輝いています。確かに才能豊かなマイケルとの共作でポールも刺激を受けたのか、非常に質の高い作品になっています。マイケルが亡くなってから彼のHISTORY ビデオを何回か見ましたが、彼の歌唱力やダンスは今更コメントするまでもなく素晴らしいものですが、作曲能力もずば抜けた才能を持っていたんだな、と改めて思いましたし、その早すぎる死がとても残念ですね。

noteねぇ、ねぇ、何が欲しいか言ってごらん。でも僕の愛情をもてあそばないでね。さぁ、いいんだよ、必要なものを持っていきなよ。でも僕を右往左往させないでね。

ずっと独りだよ。自宅の電話のそばに座って、君からの電話を待ってるんだよ、ベイビー。何年もどうやったら、僕の君への切なる願いを聞かずにいられるの?僕は泣いてるんだよ、ooh ooh ooh ooh.

なぁ、行けよ、好きなところに行けばいい。でも僕をここに永遠に置き去りにはしないでね。なぁ、君が、君が遠くに行っちゃっても平気さ。あばよ、もう会わないさ。

どうしたら君の心を奪えるの?だって愛してるんだよ、ベイビー。ここでずっと待ってるんだよ。自分の涙で洗礼を受けたよ。何年もずっと泣いてるんだよ、ooh ooh ooh ooh.

君は気にもかけない。涙をこぼすこともない。僕の愛は本物じゃないって君は言うけど、僕の顔をちゃんとよく見てよ。この涙は乾きゃしないよ。

いいかい、君はね、君は絶対に言えないんだ、僕が君を本気で愛している男じゃないなんてさ…。僕はね、僕は毎日祈っているんだよ。いつか君が僕と同じような物の見方をすることをね…。

どうしたら君の心を奪えるの?だって愛してるんだよ、ベイビー。ここでずっと待ってるんだよ。自分の涙で洗礼を受けたよ。何年もずっと泣いてるんだよ、ooh ooh ooh ooh.note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

Pipes Of Peace

1983年発売のアルバム「パイプス・オブ・ピース」のタイトル曲です。シングル曲として全英で1位に輝いています。個人的にはポールのソロ作品の中では大好きな曲に入ります。メロディラインと曲構成が素晴らしいです。

note僕らの愛にローソクの灯りをともすよ。恋に落ちれば二人の悩みは消え去る。でも概ね僕らがすぐに見出すことと言えば、簡単な質問の答えを僕らはみんな聞きたがっているっていうこと。

世界中で幼い子供たちがこの世に生を受けている。戦争に勝って、すべてが上手くいくようになるまで、子供たちに出来る限りのことをしてあげなきゃ。

子供たちを戦火にさらすよりは、喜びの歌を習う手助けをしてあげなきゃ。子供たちに平和の笛の吹き方を教えてあげようよ。そうさ、平和の笛の演奏の仕方をね。

子供たちを戦火にさらすよりも、喜びの歌を習う手助けを僕にもお願い。僕にも教えてくれないか? 平和の笛の吹き方を、平和の笛の演奏の仕方をね。

君はどう言うかな?人類は一日で追いやられてしまうのかな? それとも誰かが今僕らが戯れているこの星を救ってくれるのかな?この星は唯一無二のものじゃないの?(僕らはどうすればいいのかな?)

子供たちに教えてあげなきゃ。ここにいる人たちは僕や君と同じようなものだと。彼らに平和の笛の吹き方を教えてあげようよ。平和の笛の演奏の仕方ををね。

僕らの愛にローソクの灯りをともすよ。恋に落ちれば二人の悩みは消え去る。でも概ね僕らがすぐに見出すことと言えば、簡単な質問の答えを僕らはみんな聞きたがっているっていうことnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

Ebony And Ivory

ピアノの黒鍵と白鍵がひとつのハーモニーを奏でるように、白人と有色人種の調和が世界平和への祈りを込めて歌われています。世界各国でチャートの1位に輝いていますが、当時も今も世界から紛争、戦争がなくなることはありません。ジョンとはアプローチの仕方が違いますが、ジョン亡き後、ポールなりにジョンの遺志を継いで世界平和へのメッセージを発したかったのかもしれませんね。

noteエボニーとアイボリーは完璧なハーモニーを共に奏で、僕のピアノの鍵盤の上に仲良く並んでいる。あぁ神よ、なぜ僕らにそれができないのか?

僕らはみんな知っている…どこに行こうと人間はみんな同じだし、誰にでも良いとこも悪いとこもあるってね。生きるということを学べば、それはお互いに与え合うということを学ぶことだよ。生き残るために、共に生きていくために必要なものをね…。

エボニーとアイボリーは完璧なハーモニーを共に奏で、僕のピアノの鍵盤の上に仲良く並んでいる。あぁ神よ、なぜ僕らにそれができないのか?

エボニー、アイボリー、完璧なハーモニーを奏でる。エボニー、アイボリー。

僕らはみんな知っている…どこに行こうと人間はみんな同じだし、誰にでも良いとこも悪いとこもあるってね。生きるということを学べば、それはお互いに与え合うということを学ぶことだよ。生き残るために、共に生きていくために必要なものをね…。

エボニーとアイボリーは完璧なハーモニーを共に奏で、僕のピアノの鍵盤の上に仲良く並んでいる。あぁ神よ、なぜ僕らにそれができないのか?

僕のピアノの鍵盤の上に仲良く並んでいる。あぁ神よ、なぜ僕らにそれができないのか?

エボニー、アイボリー、完璧なハーモニーを奏でる。エボニー、アイボリーnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

Wanderlust

ポールらしい曲作りの典型みたいな作品です。ポールって簡単に対位法をマスターしちゃっている感じですね。天才メロディ―メーカーにしてみれば、感覚でやれちゃうんでしょうね、凄いです。

note放浪癖に火がつくと、もう我慢できない。僕らは海の向こうに目を向けている。船長はどんちゃん騒ぎを予定しているって言うけど、今回は遠慮しておくよ。

僕らを暗闇から救い出しておくれ。再び光が届くところに連れていっておくれ。船長のもくろみは成功することだけど、今回は無理だね。

放浪癖に火をつけておくれ。自由になる手助けが欲しいよ。放浪癖を刺激して欲しいんだ。僕のためだと思ってやってくれ。旅立つ意欲が必要なんだ。

愛する人よ、僕はどこで間違ったのかな? どんなに些細な罪でも、僕が背負うから教えて欲しい。新たに生まれ変わる日はいつがいいだろうね…。

放浪癖に火をつけておくれ。自由になる手助けが欲しいよ。放浪癖を刺激して欲しいんだ。僕のためだと思ってやってくれ。旅立つ意欲が必要なんだ。

船長のもくろみは成功することだけど、今回は無理だね。

放浪癖に火がつくと、もう我慢できない(愛する人よ、僕はどこで間違ったのかな?)。僕らは海の向こうに目を向けている(どんなに些細な罪でも、僕が背負うから教えて欲しい)。船長はどんちゃん騒ぎを予定しているって言うけど、今回は遠慮しておくよ(新たに生まれ変わる日はいつがいいだろうね…)。

一言添えておくよ。たぶん今回は…この旅立ちへの熱い思いは…僕のものnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

Ballroom Dancing

Ballroom Dancing とは社交ダンスのことですね。社交ダンスの本場、イギリスには聖地ブラックプールがありますが、僕も社交ダンスを少しだけやっていますので、今度はロンドン、リバプールだけじゃなくてブラックプールにも行ってみたいですね。「ヤァ!ブロード・ストリート」からのVCを見ると、50年代風のダンスパーティの様子が覗えますね。ポールの10代の頃のダンスパーティはジルバやチークダンスだったのでしょうね。ポールもテディ・ボーイ風に決めています。

noteまだ僕が小僧っ子だった頃は、チャイナカップに乗ってナイル川を下って得意満面だったものさ。後ろのポケットに素晴らしき日のためのレシピを突っ込んでね…。

でもいつもそんないい思いばかりしていたわけじゃなかった。ハチャメチャなケンカもよくしたし、そう、社交ダンスに心を奪われるまではね…。

社交ダンスが僕を男にしたんだ。ワン・ツゥー・スリー・フォー、君が踊るダンスをテレビで見て、素直に尊敬したね。社交ダンスで僕は今の僕になったんだ。偉大なB・D(ボールルーム・ダンシング)

ガキの頃は空を飛んだものさ。ちょっとくらいケガしても泣いたりしなかったさ。魔法のじゅうたんに乗って外国に行ったんだ。デイビー・クロケットの時代にね…。

でもいつもそんないい思いばかりしていたわけじゃなかった。ハチャメチャなケンカもよくしたし、そう、社交ダンスに心を奪われるまではね…。

社交ダンスが僕を男にしたんだ。ワン・ツゥー・スリー・フォー、君が踊るダンスをテレビで見て、素直に尊敬したね。社交ダンスで僕は今の僕になったんだ。偉大なB・D(ボールルーム・ダンシング)

でも時はあっと言う間に流れて、僕らは大人になった。チャイナカップの日々も今じゃ昔のこと。あの頃はもう思い出さ。そっと心に留めておきたいね。

でもいつもそんないい思いばかりしていたわけじゃなかった。ハチャメチャなケンカもよくしたし、そう、社交ダンスに心を奪われるまではね…。

社交ダンスが僕を男にしたんだ。ワン・ツゥー・スリー・フォー、君が踊るダンスをテレビで見て、素直に尊敬したね。社交ダンスで僕は今の僕になったんだ。偉大なB・D(ボールルーム・ダンシング)

Oh !・・・・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

Here Today

ポールのジョンへの追悼曲です。様々な思いが交錯し、混乱し、そしてようやく落ち着いてジョンへの思いを素直に詞に込めた感じが見てとれます。ビートルズっぽいサウンドをこのアルバムではbeatley という造語で表現していたポールですが、まさにこの曲は"Yesterday"を彷彿とさせるサウンドです。

noteもし僕が君の事をよく知っていると言ったら、君はなんと答えるかな? もし今、君がここにいたなら…今、ここに…

わかってるさ、君のことだから、たぶん笑ってこう言うさ…僕らは別々の世界にいるんだよ…もし今、君がここにいたなら…今、ここに…

でも僕にとっては、以前はどうだったか今でも覚えているよ。これ以上溢れる涙を止めることなんて出来ないよ。大好きだよ…

始めて出会った頃はどうだったかな? たぶん君ならこう言うだろうね…二人とも気のないふりをしていたさ…ってね。僕らは何にもわかっちゃいなかったけど、いつだって歌うことは出来たね。

二人で泣いた夜はどうだったかな? すべてを心にしまっておく理由なんてなかったからね。たった一言だって理解できなかったけど、君はいつだって微笑みを浮かべてそこにいたね。

今、君がここにいるのなら、こう言うよ…僕は本当に君のことを愛していた。君と出会えて本当に嬉しかった。君はいつだって僕の歌の中にいるよ…あの頃も、そして今でもね…note

Live From Back In The U.S Tour

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

Take It Away

アルバム「タッグ・オブ・ウォー」からのシングルカット曲で、キャッチーなメロディラインがポールらしいです。ジョージ・マーチンをプロデューサーに迎えた時のポールはいい作品を作りますね。何かしらのマジックが生まれるんでしょうね。

noteそれを取り去ってくれないかな?君の演奏を聴きたいんだ。灯りが消えるまでね。それを取り去ってくれないか?君はここに居たくないの?他に誰もいなくなるまでさ…。

それを取り去ってくれないかな?君の演奏を聴きたいんだ。灯りが消えるまでね。それを取り去ってくれないか?君はここに居たくないの?他に誰もいなくなるまでさ…。

孤独なドライバー、旅の途中…まだ残り100マイルも走らなきゃ。たった一人の生存者、重荷を背負わなきゃいけない彼。ラジオのスイッチを入れる。

それを取り去ってくれないかな?君の演奏を聴きたいんだ。灯りが消えるまでね。それを取り去ってくれないか?君はここに居たくないの?他に誰もいなくなるまでさ…。

それを取り去ってくれないかな?君の演奏を聴きたいんだ。灯りが消えるまでね。それを取り去ってくれないか?君はここに居たくないの?他に誰もいなくなるまでさ…。

ショーを見ている観客の中に、紙切れを手にした男がいる(手の中に、手の中に…)。ある重要な興行主がバンドにメッセージを持っている。

それを取り去ってくれないかな?君の演奏を聴きたいんだ。灯りが消えるまでね。それを取り去ってくれないか?君はここに居たくないの?他に誰もいなくなるまでさ…。

君は自分の演奏が誰かに聴かれているかもしれないなんて思いもしない。

君は自分の演奏が誰かに聴かれているかもしれないなんて思いもしない。

それを取り去ってくれないかな? それを取り去ってくれよ。

数時間後、深夜のバーの隅っこの薄暗い席で、花瓶の中の色褪せた花が、夜が明けるのを待っているnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

Tug Of War

ポールの82年発表のアルバム「タッグ・オブ・ウォー」からのタイトル・ソングです。当初80年には同アルバムのレコーディングを行っていたポールですが、ジョンの死というショックから活動を休止していたため、発表が82年にずれ込んだという経緯があります。アルバム自体は素晴らしく、久しぶりに各国で№1に輝いています。プロデューサーにジョージ・マーチン、そしてスティービー・ワンダー始め豪華アーティストとの共演も話題になりました。88年にロンドンに行った際、ソーホーにあるポールの事務所を覗いたら、このアルバムのジャケットの大きなパネルが飾ってありました。ポールに会えないかなと思って2時間程、事務所の前で張ってたんですけど、空振りでした。暇でしたねhappy01

note人生は綱引きみたいなもの。あれやこれや付けくわえたとしても、概ね綱引きみたいなものさ。僕らはそれ以上のものを期待していたけど、なんだかんだ言っても僕らは互いにしのぎを削ろうとしていたのさ。人生の綱引きの中でね。

別の世界でなら、違う世界でなら僕らは山の頂に立ち、自らの旗を翻すことが出来たかもしれない。来るべき時代には、やがてやってくる時代には、僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。

人生は綱引きみたいなもの。ぶつぶつ文句を言っちゃいけないのは分かっているけど、人生は綱引きみたいなものさ。でも手を放すわけにはいかない。そんなことしたら相手が転んでしまう。そして全てがボロボロになっちゃうよ。だって人生は綱引きみたいなものだから。

押して押して、引いて引いて、押して引いて…

時が経てば、みんな分かるかもしれない。僕らが呼吸している空気と僕らが歩く人生の真の意味の何たるかを…。でもそれでは遅すぎるんだ。僕には遅すぎるんだ。それでは遅すぎるよ。僕にはそれでは遅すぎるんだ。

違う世界でなら僕らは山の頂に立ち、自らの旗を翻すことが出来たかもしれない。やがてやってくる時代には、僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。

僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。

人生は綱引きみたいなもの~Tug of War  A Tug Of War

あれやこれや付けくわえたとしても、概ね綱引きみたいなものさ。僕らはそれ以上のものを期待していたけど、なんだかんだ言っても僕らは互いにしのぎを削ろうとしていたのさ。人生の綱引きの中でね。

押して押して、引いて引いて、押して引いて…note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »