« My Brave Face | トップページ | Put It There »

2009年9月29日 (火)

This One

アルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」からの第2弾シングル曲です。ポールが珍しくジョージのようにインドっぽいモチーフを使っています。特にVCではそうですね。瞼に目玉を描いて遊んでいますが、楽しいですね、こういうノリのVCは好きです。しかし、This One とswan で韻を踏んでいるあたりがポールらしいというか、さすがの大先生も無茶しよるな、という感じです。韻というよりも何だかダジャレっぽいです。そのスワンに乗っているのは歌詞によると神さまですが、明らかにインドの神さまっぽいですね。すごくいい曲だと思うのですが、シングルチャート的には今一つでした。残念というか、この辺りがよく分かりません。もっとヒットしても良かった作品です。

note今までに、君を抱きよせて、瞳を見つめながら、愛してるって言ったことあったかな?僕は自分の心を開いて、君に心の裡を見せたことがあったかな?

もしなかったとしたら、もっといいタイミングを待っていただけなんだよ。結局来なかったけどね。今までこれ以上の絶好のタイミングなんてなかったはずだよ。これ以上のね…。

白鳥が海の上を滑るように飛んでいく。神さまが白鳥の背に乗っているんだ。海面は穏やかで、虹が輝いている。白鳥は逆光の中で段々黒くなっていく。

今までに、君の頬にそっと触れて、君は僕のものだと言って、君の微笑みに感謝したことあったかな?君の心のドアをノックして中に入ろうとしたことあったかな?

もしなかったとしたら、もっといいタイミングを待っていただけなんだよ。結局来なかったけどね。今までこれ以上の絶好のタイミングなんてなかったはずだよ。これ以上のね…。

白鳥が海の上を滑るように飛んでいく。神さまが白鳥の背に乗っているんだ。海面は穏やかで、虹が輝いている。白鳥は逆光の中で段々黒くなっていく。

タイミングが合わないなって感じているのに、どんなチャンスを引き寄せられるっていうの?大人しく静観していたなら、何かしらの奇跡でも起こったというの?君にもっといい暮らしをさせてあげられたのかな?

今までに、君を抱きよせて、瞳を見つめながら、愛してるって言ったことあったかな?僕は自分の心を開いて、君に心の裡を見せたことがあったかな?

もしなかったとしたら、もっといいタイミングを待っていただけなんだよ。結局来なかったけどね。今までこれ以上の絶好のタイミングなんてなかったはずだよ。これ以上のね…。

白鳥が海の上を滑るように飛んでいく。神さまが白鳥の背に乗っているんだ。海面は穏やかで、虹が輝いている。白鳥は逆光の中で段々黒くなっていくnote

from the film "Flowers in The Dirt Special"

|

« My Brave Face | トップページ | Put It There »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/31566380

この記事へのトラックバック一覧です: This One:

« My Brave Face | トップページ | Put It There »