« All Those Years Ago | トップページ | Take It Away »

2009年9月 3日 (木)

Tug Of War

ポールの82年発表のアルバム「タッグ・オブ・ウォー」からのタイトル・ソングです。当初80年には同アルバムのレコーディングを行っていたポールですが、ジョンの死というショックから活動を休止していたため、発表が82年にずれ込んだという経緯があります。アルバム自体は素晴らしく、久しぶりに各国で№1に輝いています。プロデューサーにジョージ・マーチン、そしてスティービー・ワンダー始め豪華アーティストとの共演も話題になりました。88年にロンドンに行った際、ソーホーにあるポールの事務所を覗いたら、このアルバムのジャケットの大きなパネルが飾ってありました。ポールに会えないかなと思って2時間程、事務所の前で張ってたんですけど、空振りでした。暇でしたねhappy01

note人生は綱引きみたいなもの。あれやこれや付けくわえたとしても、概ね綱引きみたいなものさ。僕らはそれ以上のものを期待していたけど、なんだかんだ言っても僕らは互いにしのぎを削ろうとしていたのさ。人生の綱引きの中でね。

別の世界でなら、違う世界でなら僕らは山の頂に立ち、自らの旗を翻すことが出来たかもしれない。来るべき時代には、やがてやってくる時代には、僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。

人生は綱引きみたいなもの。ぶつぶつ文句を言っちゃいけないのは分かっているけど、人生は綱引きみたいなものさ。でも手を放すわけにはいかない。そんなことしたら相手が転んでしまう。そして全てがボロボロになっちゃうよ。だって人生は綱引きみたいなものだから。

押して押して、引いて引いて、押して引いて…

時が経てば、みんな分かるかもしれない。僕らが呼吸している空気と僕らが歩く人生の真の意味の何たるかを…。でもそれでは遅すぎるんだ。僕には遅すぎるんだ。それでは遅すぎるよ。僕にはそれでは遅すぎるんだ。

違う世界でなら僕らは山の頂に立ち、自らの旗を翻すことが出来たかもしれない。やがてやってくる時代には、僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。

僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。僕らは異なるドラムが叩き出すビートに合わせて踊っているだろう。

人生は綱引きみたいなもの~Tug of War  A Tug Of War

あれやこれや付けくわえたとしても、概ね綱引きみたいなものさ。僕らはそれ以上のものを期待していたけど、なんだかんだ言っても僕らは互いにしのぎを削ろうとしていたのさ。人生の綱引きの中でね。

押して押して、引いて引いて、押して引いて…note

|

« All Those Years Ago | トップページ | Take It Away »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/31217679

この記事へのトラックバック一覧です: Tug Of War:

« All Those Years Ago | トップページ | Take It Away »