« Hope Of Deliverance | トップページ | C'mon People »

2009年10月 7日 (水)

Biker Like An Icon

この作品もアルバム「オフ・ザ・グラウンド」に収録されている曲ですが、言葉の響きを音楽的に捉えるポールならではのタイトルですね。おそらく深い意味はないと思われます。ここまでスーパースターになると、回りの人間はもう誰も彼の作品に注意を与えることが出来なかったのでしょうね。歌詞はジョン風に言えばゴミ箱行きのクズですが、ポールの凄いところは曲とアレンジが最高に良いということですね。VCも当時の流行りのVCでポールらしくはないのですが、アメリカのチャートを意識し過ぎていますね。ヒットが欲しかったのでしょうか…ジョージ・マーチンと組んでいる時のポールの方がいいと思うのですが、ポールは色んな可能性を試したくなるのでしょうね。いいことではあります。

noteバイク野郎に夢中な女の子がいたんだ。彼を追いかけてアメリカ中を回ったものだけど、彼は彼女が好きじゃなかった。

それでも彼女は気にかけなかったし、しつこく追い回した。弟からはイカれちゃってるって言われ、家族からもどのみち見放されていた。

彼女は聖なるイコンを見つめるように、彼の写真をうっとりと眺めていた。貴重な時間を無駄にするように彼の写真をずっと見つめていた。

ついにある晩、ハリウッドで彼女は彼に会うチャンスを引き寄せた。彼女に会った彼もチャンスを逃さなかった。彼女の返事も待たずにモノにしてしまった。選ぶ権利は彼に会ったってわけさ。どのみちそれは彼女も望んだことさ。

彼女は聖なるイコンを見つめるように、彼の写真をうっとりと眺めていた。貴重な時間を無駄にするように彼の写真をずっと見つめていた。

家族はアメリカ中で彼女の写真を見せて行方を必死に探したが、可愛い娘の顔は二度と見れなかった。

彼女は聖なるイコンを見つめるように、彼の写真をうっとりと眺めていた。貴重な時間を無駄にするように彼の写真をずっと見つめていたnote

|

« Hope Of Deliverance | トップページ | C'mon People »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/31682193

この記事へのトラックバック一覧です: Biker Like An Icon:

« Hope Of Deliverance | トップページ | C'mon People »