« Freedom | トップページ | 222 »

2009年11月 1日 (日)

Fine Line

2005年発売のアルバム「ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード」のオープニング曲であり、シングルカット曲ですが、ポールのキャリアの中で3度目の全楽器を独りで担当するというアルバム製作方法を取っています。このVCでもその様子が分かります。

note素晴らしい境界線がある。無謀さと勇気の間にもね。時間に関してはどうだろう。お前はどちらの道を選ぶべきか分かっているね。素晴らしい境界線さ。お前の決断ひとつで違いが生じる。間違った判断をすれば、大きな過ちへとつながる。

弟よ、戻って来いよ。すべて水に流そう。お前が出て行ったとき、みんな泣いたんだ。なぁ弟よ、帰って来いよ。すべては良くなっている。帰ってきてまた一緒に暮らせば、すべては上手くいくんだ。

お前にとってもっと大切なことは何でもそうだけど、やりたい事を変えることだってありさ。もっと大切になることなら何でもそうだけど、それが物の見方ってやつさ。

大きな隔たりがある。混沌と創造の間にはね。この二つのうち、どちらを選択するか言わないのなら、すべての矛盾には大きな隔たりがあるのさ。お前が解放されるかどうかの境目になるゲームだって言えるかもね。

弟よ、戻って来いよ。すべて水に流そう。お前が出て行ったとき、みんな泣いたんだ。なぁ弟よ、帰って来いよ。すべては良くなっている。帰ってきてまた一緒に暮らせば、すべては上手くいくんだ。

戻って来いよ、戻って来いよ、僕のところへ戻って来いよ。

素晴らしい境界線さ。素敵な分かれ目。

お前にとってもっと大切なことは何でもそうだけど、やりたい事を変えることだってありさ。もっと大切になることなら何でもそうだけど、それが物の見方ってやつさ。

素晴らしい境界線さ。素敵な分かれ目。

お前にとってもっと大切なことは何でもそうだけど、やりたい事を変えることだってありさ。もっと大切になることなら何でもそうだけど、それが物の見方ってやつさ。

素晴らしい境界線note

|

« Freedom | トップページ | 222 »

Paul McCartney」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/32023767

この記事へのトラックバック一覧です: Fine Line:

« Freedom | トップページ | 222 »