« It Never Rains in Southern California | トップページ | Your Song »

2009年11月11日 (水)

You're So Vain

70年代も数々の素敵な女性シンガーが活躍していましたが、このカーリー・サイモンもカッコ良かったですね。やっぱりミュージシャンは女優と違って色気云々よりカッコ良さが大事です。レコードジャケットの彼女のノーブラ写真が当時ちょっとした話題になり、中坊小僧はそれだけでカッコ良さを感じたものでした。邦題は「うつろな愛」となっていますが、歌詞の内容は独りよがりの勘違い男を皮肉った内容です。うつろな、というより薄っぺらな男の虚しい様を皮肉っています。

noteあなたってまるでヨットにでも乗り込むような感じで、パーティ会場に入って行くのね。帽子を片目だけ隠すように目深にかぶり、思わせぶりね。杏色のスカーフなんかしちゃって。鏡に映る自分の姿を片目で眺め、フランス貴族気どり。すべての女の子たちがあなたのパートナーになることを夢見ている。そう、彼女たちはあなたの女になることを望んでいるの。

あなたって虚しいわ。たぶんあなたは思うわね、この歌は自分のことを歌ったものだと。あなたって虚栄心に満ちたうぬぼれ屋。かけてもいいわ、あなたはきっとこの歌を自分の歌だと思う。でしょ? そうに決まってるわ。

何年か前、まだわたしがうぶだった頃、わたしはあなたのものだった。わたしたちは素敵なカップルだとあなたは言った。それに決してわたしを離しはしないと…。でもあなたは愛したものを平気で捨てる。わたしもその中のひとつに過ぎなかった。わたしには夢があった。それは日常の中の幻想、淡い幻~。

あなたって虚しいわ。たぶんあなたは思うわね、この歌は自分のことを歌ったものだと。あなたって虚栄心に満ちたうぬぼれ屋。かけてもいいわ、あなたはきっとこの歌を自分の歌だと思う。でしょ? そうに決まってるわ。

わたしには夢があった。それは日常の中の幻想、淡い幻~。

あなたって虚しいわ。たぶんあなたは思うわね、この歌は自分のことを歌ったものだと。あなたって虚栄心に満ちたうぬぼれ屋。かけてもいいわ、あなたはきっとこの歌を自分の歌だと思う。でしょ? そうに決まってるわ。

あなたがサラトガの競馬場に行ったって聞いたわ。あなたの馬は当然のように勝ったって。それから皆既日食を見に自家用ジェットでカナダのノバスコシアに飛んだと。あなたはいつだっているべき所にいるし、地下組織のスパイか親友の奥さんといる時は別だけど、親友の奥さんとかね…。

あなたって虚しいわ。たぶんあなたは思うわね、この歌は自分のことを歌ったものだと。あなたって虚栄心に満ちたうぬぼれ屋。かけてもいいわ、あなたはきっとこの歌を自分の歌だと思う。でしょ? そうに決まってるわ~note

|

« It Never Rains in Southern California | トップページ | Your Song »

70's」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456623/32160634

この記事へのトラックバック一覧です: You're So Vain:

» 【クローズアップ】カーリー・サイモン [テレビドラマ・CMで気になる音楽]
前回予告しましたとおり、70年代洋楽個性派女性歌手の第2弾いってみましょう。 う [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 22時26分

« It Never Rains in Southern California | トップページ | Your Song »