Ringo Starr

2009年7月21日 (火)

Only You (and You Alone)

74年のアルバム「グッドナイト・ウイーン」からの第一弾シングルで、オリジナルはプラターズの55年のヒット曲です。リンゴのプロモーション・フィルムが面白いですね。この頃は“失われた週末”でロサンジェルスにいたジョン・レノンやPVにも一緒に出ているハリー・ニルソン等と毎日のように大酒飲んで、楽しく暮らしていた頃です。このアルバムにはジョンも参加していて、リンゴのためにガイド・ボーカル・テープをレコーディングしています。そのテイクも凄くいいです。

note君だけが、この世だって正しいと思えるようにできるんだね。君だけさ、暗闇に光を照らすことができるのは・・・。君だけが、君独りだけが、君が感じているように、僕をドキドキさせることができる。君だけだよ、僕の心を君への愛でいっぱいにできるのは・・・。

君だけだよ、僕の心を変えることができるのは・・・。だって本当なんだ。君は運命の人だから。君が僕の手を取ったとき、分かったんだ、君が見せてくれる魔法がね・・・。君が僕の夢を叶えてくれた。君は僕の世界でひとりの人。

“君だけが、この世が正しいと思えるようにできるんだね。君だけさ、暗闇に光を照らすことができるのは・・・”

君だけが、君独りだけが、君が感じているように、僕をドキドキさせることができる。君だけだよ、僕の心を君への愛でいっぱいにできるのは・・・。

君だけだよ、僕の心を変えることができるのは・・・。だって本当なんだ。君は運命の人だから。君が僕の手を取ったとき、分かったんだ、君が見せてくれる魔法がね・・・。君が僕の夢を叶えてくれた。君は僕の世界でひとりの人。

君だけさ、君だけなんだ、君だけだよ~note

John Lennon Vocal Version

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

You're Sixteen

昨日に引き続き、アルバム「リンゴ」からのシングルカット曲で、再び全米1位に輝いた曲です。カバー曲ですけど、リンゴの快進撃は凄いです。思わずジルバかジャイブを踊りたくなる50’sサウンドです。ピアノがいいなぁ、と思って調べたら、やはりニッキー・ホプキンスが弾いていました。それと間奏で聴けるマウス・サックスはポールが担当しているそうです。

note君は夢のように現れた。ピーチ・クリームのような女の子。ストロベリー・ワインのような唇。君は16才のきれいな女の子、僕のものさ(僕のもの、ぜんぶ僕のもの)。

君はいつもリボンとカールだらけ。すごい女の子。瞳がキラキラ輝いてる。君は16才のきれいな女の子、僕のものさ(僕のもの、ぜんぶ僕のもの)。

君は僕の恋人、僕の可愛い娘、僕らは初めて会った夜に恋に落ちたのさ。君が僕の手に触れたとき、僕のハートはドキドキ。キスしたら、もう止まらないよ。

君は僕の夢の中の存在から歩み出て、僕の腕の中にいる。今君は僕の素晴らしい天使。君は16才のきれいな女の子、僕のものさ。

君は僕の恋人、僕の可愛い娘、僕らは初めて会った夜に恋に落ちたのさ。君が僕の手に触れたとき、僕のハートはドキドキ。キスしたら、もう止まらないよ。

君は僕の夢の中の存在から歩み出て、僕の車の中にいる。今君は僕の素晴らしい天使。君は16才のきれいな女の子、僕のものさ。

君は16才のきれいな女の子、僕のものさ。君は16才のきれいな女の子、僕のものさ。

全部僕のものさ、僕のものさ、僕のものなんだ。

全部僕のものさ、僕のものさ、僕のものなんだ。全部僕のものさ、僕のものさ、僕のものなんだ。

君は僕のものさ。

ドランクン・セイラーでも踊ろうか? ドランクン・セイラーでも踊ろうか?note

flair訳注: ドランクン・セイラーとはジャイブのルーティンのひとつで、酔っ払ったセイラーのような動きをすることから、そう呼ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

Photograph

1973年発売の大ヒットアルバム「リンゴ」の先行発売シングルです。邦題は「想い出のフォトグラフ」で全米チャート(ビルボード誌)で見事1位を獲得しています。ジョージとの共作でリンゴのソロの代表曲になっています。70年代前半、ウエスト・コースト・サウンドがもてはやされた時代に、リンゴのほのぼのとしたボーカルが見事にマッチしたのでしょうね、リンゴは早くも全盛期を迎えました。

note君の顔を見るたび、昔よく行った場所を思い出すよ。今じゃ君のこと写真でしか見れないし、もう二度と君が戻って来ないことも分かっちゃいるけど・・・。

君が出て行った日のことは僕のせいだと分かっているけど、君が一緒に暮らすためにもう一度帰ってきてくれるまで、僕は気持の整理がつかないんだ。

ここでこうやって暮らす日々に慣れることができないよ。心が壊れたままじゃね・・・。君のために泣くばかりさ・・・。何年か経って僕らも年を取り、髪が白くなっても君にここに戻ってきて欲しいし抱きしめて欲しいよ。

君は僕が君なしで独りで生きて行くことを期待しているだろうけど、何の楽しみさえ見いだせないよ。

ここでこうやって暮らす日々に慣れることができないよ。心が壊れたままじゃね・・・。君のために泣くばかりさ・・・。何年か経って僕らも年を取り、髪が白くなっても君にここに戻ってきて欲しいし抱きしめて欲しいよ。

君の顔を見るたび、昔よく行った場所を思い出すよ。今じゃ君のこと写真でしか見れないし、もう二度と君が戻って来ないことも分かっちゃいるけど・・・。

君の顔を見るたび、昔よく行った場所を思い出すよ。今じゃ君のこと写真でしか見れないし、もう二度と君が戻って来ないことも分かっちゃいるけど・・・。

君の顔を見るたび、昔よく行った場所を思い出すよ。今じゃ君のこと写真でしか見れないし、もう二度と君が戻って来ないことも分かっちゃいるけど・・・note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

It Don't Come Easy

リンゴのビートルズ解散後の第二弾シングルですが、自作曲としては初のソロシングルで、71年4月ジョンやポールに先駆けてアメリカ・キャッシュボックスのチャートで1位に輝いています。ちなみにポールの全米1位はビルボード誌のチャートですが、リンゴの1位より半年ほど後ですし、ジョンにいたっては74年の"真夜中を突っ走れ"までシングルの1位はありません。これは、もう立派というか凄いです。その後もヒットを連発していましたし、70年代前半はリンゴの絶頂期でした。ちなみにこの曲の邦題は"明日への願い"です。

note簡単じゃないよ。何でも簡単にはいかないよ。

簡単じゃないよ。何でも簡単にはいかないよ。ブルースを歌いたいなら、それなりの苦労を重ねなきゃいけないし、そう簡単にはいかないよ。楽に演奏さえできれば、シャウトしたり跳びはねまわったりする必要なんてないさ。

過去なんて忘れちまってさ、悲しみも何もかも一緒にさ・・・。未来なんて永遠に続くわけじゃないし、明日にだって終わるかもしれないんだよ。

多くを望んでなんかいないけど、ただ君の信頼だけが欲しいんだ。でもそれも簡単じゃない。僕のこの君への愛はいつだって成長し続けているし、苦しくさえあるから楽じゃないんだ。

心を開いて、一緒に行こう。ほんの少しの愛があれば、一緒にさらにいいものを作り上げるのも可能だよ。

ah- ah- ooh-ooh ah-ooh-ooh

ブルースを歌いたいなら、それなりの苦労を重ねなきゃいけないし、そう簡単にはいかないよ。楽に演奏さえできれば、シャウトしたり跳びはねまわったりする必要なんてないさ。

安らぎ、安らぎを思い出すことが、僕らが目指すやり方。それを手に入れるだけ十分に分別のある人になったのなら、もうそれは君の手の届く所にあるんだよ。

多くを望んでなんかいないけど、ただ君の信頼だけが欲しいんだ。でもそれも簡単じゃない。僕のこの君への愛はいつだって成長し続けているし、苦しくさえあるから楽じゃないんだnote

From The film "Concert for Bangladesh"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

Snookeroo

リンゴのソロ作品は"明日への願い"辺りから取り上げようかなと思っていましたが、my beatles さんのリクエストでスヌーカルーです。74年発表のアルバム「Good night Vienna」からシングルカットされた曲でエルトン・ジョンが作曲しています。このアルバムにはタイトルソングを提供したジョン・レノンの参加や、曲のみ提供の形で参加したポールなどリンゴらしく豪華な顔ぶれが揃ったアルバムでした。僕はビートルズ解散後の70年代からがリアルタイムで聴いていた世代なので、ビートルズの元メンバー4人の動向は当時毎日のように聴いていた洋楽チャートのラジオ番組などでチェックしていました。彼らのシングル曲を聴くと、どうしてもラジオからの音を思い出します。あの独特の音質が妙にノスタルジックでさえあります。ラジオを聴かなくなって随分になりますが、ここ数日彼らの初期のソロ作品を取り上げていると、ラジオを聴きたくなりました。

noteOne, two, three, four !

オイラはイギリス北部で生まれ、工業地帯で育ったのさ。学校に行っても校則なんて守らなかったけど、先公たちはオイラを手なずけることなんて出来やしなかった。

両親の自慢の息子になろうとして、立身出世を目論んではみたものの、奇跡でも起きなきゃ無理、太陽が西から昇る、と相手にされず、両親はオイラに真っ当に働くように仕向ける。

スヌーカルー、スヌーカルー、親父はいつも大酒かっくらっている。オフクロがいつもオイラの髪を刈ってくれ、ネーちゃんはいつも新聞沙汰を起こしてた。二階に二部屋、一階に二部屋住まいだったけど、一家は破産宣告されたのさ。オイラはハロウィーンのイヴに生まれた男。スヌーカルー、スヌーカルー、スヌーカルーがオイラの名前さ。

オイラには食事の世話をしてくれて、夜遊びさせてくれる人が必要さ。女工員とだったら人生を共に生きていけるはずさ。だって女工員がオイラのタイプの女だからさ。

あいつらが通りで噂話をしているのを聞いたけど、話していることのほとんどは本当のこと。オイラが聞いたあいつらの話を知ってるかい?「あんなにだらしないなんて、ダメなスヌーカルー・・・」だってさ。

スヌーカルー、スヌーカルー、親父はいつも大酒かっくらっている。オフクロがいつもオイラの髪を刈ってくれ、ネーちゃんはいつも新聞沙汰を起こしてた。二階に二部屋、一階に二部屋住まいだったけど、一家は破産宣告されたのさ。オイラはハロウィーンのイヴに生まれた男。スヌーカルー、スヌーカルー、スヌーカルーがオイラの名前さ。

スヌーカルー、スヌーカルー、親父はいつも大酒かっくらっている。オフクロがいつもオイラの髪を刈ってくれ、ネーちゃんはいつも新聞沙汰を起こしてた。二階に二部屋、一階に二部屋住まいだったけど、一家は破産宣告されたのさ。オイラはハロウィーンのイヴに生まれた男。スヌーカルー、スヌーカルー、スヌーカルーがオイラの名前さnote

Elton John Original Demo Version

| | コメント (2) | トラックバック (1)